るりまサーチ (Ruby 2.2.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
5件ヒット [1-5件を表示] (0.023秒)
トップページ > バージョン:2.2.0[x] > クラス:Encoding::Converter[x] > クエリ:convert[x] > クエリ:insert_output[x]

別のキーワード

  1. _builtin insert
  2. tk/menu insert
  3. converter insert_output
  4. _builtin insert_output
  5. parent insert_after

ライブラリ

検索結果

Encoding::Converter#insert_output(string) -> nil (21139.0)

変換器内のバッファに文字列を挿入します。 バッファに保持された文字列は、次の変換時の変換結果と一緒に返されます。

...ッドは変換に際してエラーが発生した際にのみ利用されるべきです。

@param string 挿入する文字列

ec = Encoding::Converter.new("utf-8", "iso-8859-1")
src = "HIRAGANA LETTER A is \u{3042}."
dst = ""
p ec.primitive_convert(src, dst) #=> :undefined_conversio...
...p ec.primitive_convert(src, dst) #=> :finished
puts "[#{dst.dump}, #{src.dump}]" #=> ["HIRAGANA LETTER A is <err>.", ""]

ec = Encoding::Converter.new("utf-8", "iso-2022-jp")
src = "\u{306F 3041 3068 2661 3002}" # U+2661 is not representable in iso-2022-jp
dst = ""
p ec.primitive...

Encoding::Converter#primitive_convert(source_buffer, destination_buffer) -> Symbol (9136.0)

エンコーディング変換のためのメソッドの中で、もっとも細かな扱いが可能なメソッドです。

...です。

可搬性を確保しつつ、不正なバイトや変換先で未定義な文字の扱いを細かに指定したいときは、Encoding::Converter#primitive_convert が唯一の方法になります。

@param source_buffer 変換元文字列のバッファ
@param destination_buffer 変...
...ay be part of larger source
:after_output => true # stop conversion after output before input
: integer form
Encoding::Converter
::PARTIAL_INPUT
Encoding::Converter
::AFTER_OUTPUT

戻り値は以下のうちのどれかです。

* :invalid_byte_sequence
* :incomplete_input
* :...
...end
break
end while nil

不正なバイトや変換先で未定義なバイトをエスケープしつつ変換する例です。以上のように、戻り値で分岐させつつ、Encoding::Converter#primitive_errinfo の情報を参照して処理していくことになります。...

Encoding::Converter#primitive_convert(source_buffer, destination_buffer, destination_byteoffset) -> Symbol (9136.0)

エンコーディング変換のためのメソッドの中で、もっとも細かな扱いが可能なメソッドです。

...です。

可搬性を確保しつつ、不正なバイトや変換先で未定義な文字の扱いを細かに指定したいときは、Encoding::Converter#primitive_convert が唯一の方法になります。

@param source_buffer 変換元文字列のバッファ
@param destination_buffer 変...
...ay be part of larger source
:after_output => true # stop conversion after output before input
: integer form
Encoding::Converter
::PARTIAL_INPUT
Encoding::Converter
::AFTER_OUTPUT

戻り値は以下のうちのどれかです。

* :invalid_byte_sequence
* :incomplete_input
* :...
...end
break
end while nil

不正なバイトや変換先で未定義なバイトをエスケープしつつ変換する例です。以上のように、戻り値で分岐させつつ、Encoding::Converter#primitive_errinfo の情報を参照して処理していくことになります。...

Encoding::Converter#primitive_convert(source_buffer, destination_buffer, destination_byteoffset, destination_bytesize) -> Symbol (9136.0)

エンコーディング変換のためのメソッドの中で、もっとも細かな扱いが可能なメソッドです。

...です。

可搬性を確保しつつ、不正なバイトや変換先で未定義な文字の扱いを細かに指定したいときは、Encoding::Converter#primitive_convert が唯一の方法になります。

@param source_buffer 変換元文字列のバッファ
@param destination_buffer 変...
...ay be part of larger source
:after_output => true # stop conversion after output before input
: integer form
Encoding::Converter
::PARTIAL_INPUT
Encoding::Converter
::AFTER_OUTPUT

戻り値は以下のうちのどれかです。

* :invalid_byte_sequence
* :incomplete_input
* :...
...end
break
end while nil

不正なバイトや変換先で未定義なバイトをエスケープしつつ変換する例です。以上のように、戻り値で分岐させつつ、Encoding::Converter#primitive_errinfo の情報を参照して処理していくことになります。...

Encoding::Converter#primitive_convert(source_buffer, destination_buffer, destination_byteoffset, destination_bytesize, options) -> Symbol (9136.0)

エンコーディング変換のためのメソッドの中で、もっとも細かな扱いが可能なメソッドです。

...です。

可搬性を確保しつつ、不正なバイトや変換先で未定義な文字の扱いを細かに指定したいときは、Encoding::Converter#primitive_convert が唯一の方法になります。

@param source_buffer 変換元文字列のバッファ
@param destination_buffer 変...
...ay be part of larger source
:after_output => true # stop conversion after output before input
: integer form
Encoding::Converter
::PARTIAL_INPUT
Encoding::Converter
::AFTER_OUTPUT

戻り値は以下のうちのどれかです。

* :invalid_byte_sequence
* :incomplete_input
* :...
...end
break
end while nil

不正なバイトや変換先で未定義なバイトをエスケープしつつ変換する例です。以上のように、戻り値で分岐させつつ、Encoding::Converter#primitive_errinfo の情報を参照して処理していくことになります。...

絞り込み条件を変える