るりまサーチ (Ruby 2.0.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
42件ヒット [1-42件を表示] (0.008秒)
トップページ > バージョン:2.0.0[x] > クラス:File::Stat[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

File::Stat#<=>(o) -> Integer | nil (2.0)

ファイルの最終更新時刻を比較します。self が other よりも 新しければ正の数を、等しければ 0 を古ければ負の数を返します。 比較できない場合は nil を返します。

...す。

@param o File::Stat のインスタンスを指定します。

require 'tempfile' # for Tempfile

fp1 = Tempfile.open("first")
fp1.print "古い方\n"
sleep(1)
fp2 = Tempfile.open("second")
fp2.print "新しい方\n"

p File::Stat.new(fp1.path) <=> File::Stat.new(fp2.path) #=>...
...-1
p File::Stat.new(fp2.path) <=> File::Stat.new(fp1.path) #=> 1
p File::Stat.new(fp1.path) <=> fp2.path #=> nil...

File::Stat#atime -> Time (2.0)

最終アクセス時刻を返します。

...最終アクセス時刻を返します。

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.atime.to_a #=> [45, 5, 21, 5, 9, 2007, 3, 248, false, "\223\214\213\236 (\225W\217\200\216\236) "]

@see Time...

File::Stat#blksize -> Integer (2.0)

望ましいI/Oのブロックサイズを返します。

...望ましいI/Oのブロックサイズを返します。

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.blksize #=> nil...

File::Stat#blockdev? -> bool (2.0)

ブロックスペシャルファイルの時に真を返します。

...ブロックスペシャルファイルの時に真を返します。

Dir.glob("/dev/*") {|bd|
if File::Stat.new(bd).blockdev?
puts bd
end
}
#例
#...
#=> /dev/hda1
#=> /dev/hda3
#......

File::Stat#blocks -> Integer (2.0)

割り当てられているブロック数を返します。

...割り当てられているブロック数を返します。

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.blocks #=> nil...

絞り込み条件を変える

File::Stat#chardev? -> bool (2.0)

キャラクタスペシャルファイルの時に真を返します。

...キャラクタスペシャルファイルの時に真を返します。

Dir.glob("/dev/*") {|bd|
if File::Stat.new(bd).chardev?
puts bd
end
}
#例
#...
#=> /dev/tty1
#=> /dev/stderr
#......

File::Stat#ctime -> Time (2.0)

最終状態変更時刻を返します。 (状態の変更とは chmod などによるもので、Unix では i-node の変更を意味します)

...態変更時刻を返します。
(状態の変更とは chmod などによるもので、Unix では i-node の変更を意味します)

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.ctime.to_f #=> 1188719843.0


@see Time...

File::Stat#dev -> String (2.0)

デバイス番号(ファイルシステム)を返します。

...デバイス番号(ファイルシステム)を返します。

fs = File::Stat.new($0)
p fs.dev
#例
#=> 2...

File::Stat#dev_major -> Integer (2.0)

dev の major 番号部を返します。

...dev の major 番号部を返します。

fs = File::Stat.new($0)
p fs.dev_major
#例
#=> nil #この場合ではシステムでサポートされていないため...

File::Stat#dev_minor -> Integer (2.0)

dev の minor 番号部を返します。

...dev の minor 番号部を返します。

fs = File::Stat.new($0)
p fs.dev_minor
#例
#=> nil...

絞り込み条件を変える

File::Stat#directory? -> bool (2.0)

ディレクトリの時に真を返します。

...ディレクトリの時に真を返します。

p File::Stat.new($0).directory? #=> false

@see FileTest.#directory?...

File::Stat#executable? -> bool (2.0)

実効ユーザ/グループIDで実行できる時に真を返します。

...実効ユーザ/グループIDで実行できる時に真を返します。

p File::Stat.new($0).executable?
# 例
#=> true...

File::Stat#executable_real? -> bool (2.0)

実ユーザ/グループIDで実行できる時に真を返します。

...実ユーザ/グループIDで実行できる時に真を返します。

p File::Stat.new($0).executable_real?
#例
#=> true...

File::Stat#file? -> bool (2.0)

通常ファイルの時に真を返します。

...通常ファイルの時に真を返します。

p File::Stat.new($0).file? #=> true...

File::Stat#ftype -> String (2.0)

ファイルのタイプを表す文字列を返します。

...列を返します。

文字列は以下のうちのいずれかです。

"file"
"directory"
"characterSpecial"
"blockSpecial"
"fifo"
"link"
"socket"

"unknown"


サンプル

fs = File::Stat.new($0)
p fs.ftype #=> "file"
p File::Stat.new($:[0]).ftype #=> "directory"...

絞り込み条件を変える

File::Stat#gid -> Integer (2.0)

オーナーのグループIDを返します。

...オーナーのグループIDを返します。

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.gid #=> 0...

File::Stat#grpowned? -> bool (2.0)

グループIDが実効グループIDと等しい時に真を返します。

...効グループIDと等しい時に真を返します。

補助グループIDは考慮されません。

printf "%s %s\n", $:[0], File::Stat.new($:[0]).grpowned?
#例
#=> /usr/local/lib/site_ruby/1.8 false
printf "%s %s\n", $0, File::Stat.new($0).grpowned?
#例
#=> filestat.rb true...

File::Stat#ino -> Integer (2.0)

i-node 番号を返します。

...i-node 番号を返します。

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.ino #=> 0...

File::Stat#mode -> Integer (2.0)

ファイルモードを返します。

...ファイルモードを返します。

fs = File::Stat.new($0)
printf "%o\n", fs.mode
#例
#=> 100644...

File::Stat#mtime -> Time (2.0)

最終更新時刻を返します。

...最終更新時刻を返します。

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.mtime #=> Wed Sep 05 20:42:18 +0900 2007

@see Time...

絞り込み条件を変える

File::Stat#nlink -> Integer (2.0)

ハードリンクの数を返します。

...ハードリンクの数を返します。

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.nlink #=> 1...

File::Stat#owned? -> bool (2.0)

自分のものである時に真を返します。

...自分のものである時に真を返します。

printf "%s %s\n", $:[0], File::Stat.new($:[0]).owned?
#例
#=> /usr/local/lib/site_ruby/1.8 false...

File::Stat#pipe? -> bool (2.0)

無名パイプおよび名前つきパイプ(FIFO)の時に真を返します。

...無名パイプおよび名前つきパイプ(FIFO)の時に真を返します。

system("mkfifo /tmp/pipetest")
p File::Stat.new("/tmp/pipetest").pipe? #=> true...

File::Stat#rdev -> Integer (2.0)

デバイスタイプ(スペシャルファイルのみ)を返します。

...デバイスタイプ(スペシャルファイルのみ)を返します。

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.rdev #=> 2...

File::Stat#rdev_major -> Integer (2.0)

rdev の major 番号部を返します。

...rdev の major 番号部を返します。

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.rdev_major #=> nil...

絞り込み条件を変える

File::Stat#rdev_minor -> Integer (2.0)

rdev の minor 番号部を返します。

...rdev の minor 番号部を返します。

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.rdev_minor #=> nil...

File::Stat#readable? -> bool (2.0)

読み込み可能な時に真を返します。

...読み込み可能な時に真を返します。

p File::Stat.new($0).readable? #=> true...

File::Stat#readable_real? -> bool (2.0)

実ユーザ/実グループによって読み込み可能な時に真を返します。

...実ユーザ/実グループによって読み込み可能な時に真を返します。

p File::Stat.new($0).readable_real? #=> true...

File::Stat#setgid? -> bool (2.0)

setgidされている時に真を返します。

...setgidされている時に真を返します。

Dir.glob("/usr/sbin/*") {|bd|
if File::Stat.new(bd).setgid?
puts bd
end
}
#例
#...
#=> /usr/sbin/postqueue
#......

File::Stat#setuid? -> bool (2.0)

setuidされている時に真を返します。

...setuidされている時に真を返します。

Dir.glob("/bin/*") {|bd|
if File::Stat.new(bd).setuid?
puts bd
end
}
#例
#...
#=> /bin/ping
#=> /bin/su
#......

絞り込み条件を変える

File::Stat#size -> Integer (2.0)

ファイルサイズ(バイト単位)を返します。

...ファイルサイズ(バイト単位)を返します。

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.size #=> 1548...

File::Stat#size? -> Integer | nil (2.0)

サイズが0の時にはnil、それ以外の場合はファイルサイズを返します。

...時にはnil、それ以外の場合はファイルサイズを返します。

require 'tempfile'

fp = Tempfile.new("temp")
p fp.size #=> 0
p File::Stat.new(fp.path).size? #=> nil
fp.print "not 0 "
fp.close
p FileTest.exist?(fp.path) #=> true
p File::Stat.new(fp.path).size? #=> 6...

File::Stat#socket? -> bool (2.0)

ソケットの時に真を返します。

...ソケットの時に真を返します。

Dir.glob("/tmp/*"){|file|
if File::Stat.new(file).socket?
printf "%s\n", file
end
}
#例
#=> /tmp/uimhelper-hogehoge
#......

File::Stat#sticky? -> bool (2.0)

stickyビットが立っている時に真を返します。

...stickyビットが立っている時に真を返します。

Dir.glob("/usr/bin/*") {|bd|
begin
if File::Stat.new(bd).sticky?
puts bd
end
rescue
end
}
#例
#...
#=> /usr/bin/emacs-21.4
#......

File::Stat#symlink? -> false (2.0)

シンボリックリンクである時に真を返します。 ただし、File::Statは自動的にシンボリックリンクをたどっていくので 常にfalseを返します。

...である時に真を返します。
ただし、File::Statは自動的にシンボリックリンクをたどっていくので
常にfalseを返します。


require 'fileutils'
outfile = $0 + ".ln"
FileUtils.ln_s($0, outfile)
p File::Stat.new(outfile).symlink? #=> false
p File.lstat(ou...

絞り込み条件を変える

File::Stat#uid -> Integer (2.0)

オーナーのユーザIDを返します。

...オーナーのユーザIDを返します。

fs = File::Stat.new($0)
#例
p fs.uid #=> 0...

File::Stat#world_readable? -> Integer | nil (2.0)

If stat is readable by others, returns an integer representing the file permission bits of stat. Returns nil otherwise. The meaning of the bits is platform dependent; on Unix systems, see stat(2).

If stat is readable by others, returns an integer representing
the file permission bits of stat. Returns nil otherwise. The
meaning of the bits is platform dependent; on Unix systems, see
stat(2).

m = File.stat("/etc/passwd").world_readable? # => 420
sprintf("%o", m) ...

File::Stat#world_writable? -> Integer | nil (2.0)

If stat is writable by others, returns an integer representing the file permission bits of stat. Returns nil otherwise. The meaning of the bits is platform dependent; on Unix systems, see stat(2).

If stat is writable by others, returns an integer representing
the file permission bits of stat. Returns nil otherwise. The
meaning of the bits is platform dependent; on Unix systems, see
stat(2).

m = File.stat("/tmp").world_writable? # => 511
sprintf("%o", m) ...

File::Stat#writable? -> bool (2.0)

書き込み可能な時に真を返します。

...書き込み可能な時に真を返します。

p File::Stat.new($0).writable? #=> true...

File::Stat#writable_real? -> bool (2.0)

実ユーザ/実グループによって書き込み可能な時に真を返します。

...実ユーザ/実グループによって書き込み可能な時に真を返します。

p File::Stat.new($0).writable_real? #=> true...

絞り込み条件を変える

File::Stat#zero? -> bool (2.0)

サイズが0である時に真を返します。

...サイズが0である時に真を返します。

p File::Stat.new($0).zero? #=> false...

File::Stat.new(path) -> File::Stat (2.0)

path に関する File::Stat オブジェクトを生成して返します。 File.stat と同じです。

...path に関する File::Stat オブジェクトを生成して返します。
File.stat と同じです。

@param path ファイルのパスを指定します。

@raise Errno::ENOENT pathに該当するファイルが存在しない場合発生します。

p $:[0]
#=> 例
# "C:/Program Fi...
...les/ruby-1.8/lib/ruby/site_ruby/1.8"
p File::Stat.new($:[0])
#=> 例
#<File::Stat dev=0x2, ino=0, mode=040755, nlink=1, uid=0, gid=0, rdev=0x2, size=0, blksize=nil, blocks=nil, atime=Sun Sep 02 14:15:20 +0900 2007, mtime=Tue Apr 24 23:03:44 +0900 2007, ctime=Tue Apr 24 23:03:37 +0900 2007>...