るりまサーチ (Ruby 1.9.3)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
17件ヒット [1-17件を表示] (0.004秒)
トップページ > バージョン:1.9.3[x] > クラス:Exception[x]

ライブラリ

キーワード

検索結果

Exception#==(other) -> bool (2.0)

message と backtrace が == メソッドで比較して 等しい場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

message と backtrace が == メソッドで比較して
等しい場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

@param other 自身と比較したいオブジェクトを指定します。

Exception#backtrace -> [String] (2.0)

バックトレース情報を返します。

バックトレース情報を返します。

デフォルトでは

* "#{sourcefile}:#{sourceline}:in `#{method}'"
(メソッド内の場合)
* "#{sourcefile}:#{sourceline}"
(トップレベルの場合)

という形式の String の配列です。

def methd
raise
end

begin
methd
rescue => e
p e.backtrace
end

#=> ["filename.rb:2:in `methd'", "filename.rb:6"]

Exception#exception -> self (2.0)

引数を指定しない場合は self を返します。引数を指定した場合 自身のコピー を生成し Exception#message 属性を error_message にして返します。

...lf を返します。引数を指定した場合 自身のコピー
を生成し Exception#message 属性を error_message にして返します。

Kernel.#raise は、実質的に、例外オブジェクトの exception
メソッドの呼び出しです。

@param error_message エラーメッセ...
...ージを表す文字列を指定します。

begin
... # 何か処理
rescue => e
raise e.exception("an error occurs during hogehoge process") # 詳しいエラーメッセージ
end...

Exception#exception(error_message) -> Exception (2.0)

引数を指定しない場合は self を返します。引数を指定した場合 自身のコピー を生成し Exception#message 属性を error_message にして返します。

...lf を返します。引数を指定した場合 自身のコピー
を生成し Exception#message 属性を error_message にして返します。

Kernel.#raise は、実質的に、例外オブジェクトの exception
メソッドの呼び出しです。

@param error_message エラーメッセ...
...ージを表す文字列を指定します。

begin
... # 何か処理
rescue => e
raise e.exception("an error occurs during hogehoge process") # 詳しいエラーメッセージ
end...

Exception#inspect -> String (2.0)

self のクラス名と message を文字列にして返します。

self のクラス名と message を文字列にして返します。

絞り込み条件を変える

Exception#message -> String (2.0)

エラーメッセージをあらわす文字列を返します。

エラーメッセージをあらわす文字列を返します。

begin
1 + nil
rescue => e
p e.message #=> "nil can't be coerced into Fixnum"
end

Exception#set_backtrace(errinfo) -> nil | String | [String] (2.0)

バックトレース情報に errinfo を設定し、設定されたバックトレース 情報を返します。

バックトレース情報に errinfo を設定し、設定されたバックトレース
情報を返します。

@param errinfo nil、String あるいは String の配列のいずれかを指定します。

Exception#taguri -> String (2.0)

自身のタグ URI を返します。

自身のタグ URI を返します。

Exception#taguri=(val) (2.0)

自身のタグ URI を val に設定します。

自身のタグ URI を val に設定します。

@param val タグ URI を文字列で指定します。

Exception#to_json(*args) -> String (2.0)

自身を JSON 形式の文字列に変換して返します。

自身を JSON 形式の文字列に変換して返します。

内部的にはハッシュにデータをセットしてから Hash#to_json を呼び出しています。

@param args 引数はそのまま Hash#to_json に渡されます。

@see Hash#to_json

絞り込み条件を変える

Exception#to_s -> String (2.0)

エラーメッセージをあらわす文字列を返します。

エラーメッセージをあらわす文字列を返します。

begin
1 + nil
rescue => e
p e.message #=> "nil can't be coerced into Fixnum"
end

Exception#to_yaml(opts = {}) -> String (2.0)

自身を YAML ドキュメントに変換します。

自身を YAML ドキュメントに変換します。

@param opts YAML ドキュメント出力の際のオプションを指定します。
オプションの詳細は Syck::Emitter#reset を参照し
てください。

Exception.exception(error_message = nil) -> Exception (2.0)

例外オブジェクトを生成して返します。

...す。

@param error_message エラーメッセージを表す文字列を指定します。このメッセージは
属性 Exception#message の値になり、デフォルトの例外ハンドラで表示されます。...

Exception.json_create(hash) -> Exception (2.0)

JSON のオブジェクトから Ruby のオブジェクトを生成して返します。

JSON のオブジェクトから Ruby のオブジェクトを生成して返します。

@param hash 適切なキーを持つハッシュを指定します。

Exception.new(error_message = nil) -> Exception (2.0)

例外オブジェクトを生成して返します。

...す。

@param error_message エラーメッセージを表す文字列を指定します。このメッセージは
属性 Exception#message の値になり、デフォルトの例外ハンドラで表示されます。...

絞り込み条件を変える

Exception.yaml_new(klass, tag, val) (2.0)

ライブラリ内部で使用します。

ライブラリ内部で使用します。

Exception.yaml_tag_subclasses? -> true (2.0)

常に true を返します。

常に true を返します。

ライブラリ内部で使用します。