るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1802件ヒット [1-100件を表示] (0.316秒)

別のキーワード

  1. _builtin to_s
  2. _builtin []
  3. _builtin inspect
  4. _builtin each

ライブラリ

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Class#new(*args, &block) -> object (26120.0)

自身のインスタンスを生成して返します。 このメソッドの引数はブロック引数も含め Object#initialize に渡されます。

...インスタンスを生成して返します。
このメソッドの引数はブロック引数も含め Object#initialize に渡されます。

new
は Class#allocate でインスタンスを生成し、
Object#initialize で初期化を行います。

@param args Object#initialize に渡され...
...ock Object#initialize に渡されるブロックを指定します。

例:
# Class クラスのインスタンス、C クラスを生成
C = Class.new # => C

# Class クラスのインスタンス、C クラスのインスタンスを生成
C.new # => #<C:0x00005623f8b4e458>...

Thread#report_on_exception=(newstate) (8113.0)

真の場合、そのスレッドが例外によって終了した時に、その内容を $stderr に報告します。

...ド作成時の Thread.report_on_exception です。

@param newstate スレッド実行中に例外発生した場合、その内容を報告するかどうかを true か false で指定します。

//emlist[例][ruby]{
a = Thread.new{ Thread.stop; raise }
a.report_on_exception = true
a.report_on...
...aceback (most recent call last):
# (irb):1:in `block in irb_binding': unhandled exception
# #<Thread:0x00007fc3f48c7908@(irb):1 dead>
b = Thread.new{ Thread.stop; raise }
b.report_on_exception = false
b.run # => #<Thread:0x00007fc3f48aefc0@(irb):4 dead>
//}

@see Thread.report_on_exception...

Module#alias_method(new, original) -> self (8108.0)

メソッドの別名を定義します。

...バル変数の別名をつけることはできません

また、クラスメソッドに対して使用することはできません。

@param new 新しいメソッド名。String または Symbol で指定します。

@param original 元のメソッド名。String または Symbol で指定...

Array#pack(template, buffer: String.new) -> String (8102.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、
バイナリとしてパックした文字列を返します。

テンプレートは
型指定文字列とその長さ(省略時は1)を並べたものです。長さと
して * が指定された時は「残りのデータ全て」の長さを
表します。型指定文字は以下で述べる pack テンプレート文字列の通りです。

buffer が指定されていれば、バッファとして使って返値として返します。
もし template の最初にオフセット (@) が指定されていれば、
結果はオフセットの後ろから詰められます。
buffer の元の内容がオフセットより長ければ、
オフセットより後ろの部分は上...

IO#sync=(newstate) (8101.0)

自身を同期モードに設定すると、出力関数の呼出毎にバッファがフラッシュされます。

...自身を同期モードに設定すると、出力関数の呼出毎にバッファがフラッシュされます。

@param newstate 自身を同期モードに設定するかを boolean で指定します。

@raise IOError 既に close されていた場合に発生します。

@see IO#sync...

絞り込み条件を変える

Thread#abort_on_exception=(newstate) (8101.0)

真の場合、そのスレッドが例外によって終了した時に、インタプリタ 全体を中断させます。false の場合、あるスレッドで起こった例 外は、Thread#join などで検出されない限りそのスレッ ドだけをなにも警告を出さずに終了させます。

...だけをなにも警告を出さずに終了させます。

デフォルトは偽です。c:Thread#exceptionを参照してください。

@param newstate 自身を実行中に例外発生した場合、インタプリタ全体を終了させるかどうかを true か false で指定します。...

Range#===(obj) -> bool (8073.0)

obj が範囲内に含まれている時に真を返します。

....new(2014,1,3)..Date.new(2014,1,5)).include?(Date.new(2014,1,5)) # => true
(Time.new(2014,1,3)..Time.new(2014,1,5)).include?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true
(Date.new(2014,1,3)..Date.new(2014,1,5)).cover?(Date.new(2014,1,5)) # => true
(Time.new(2014,1,3)..Time.new...
...(2014,1,5)).cover?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true

@see d:spec/control#case
@see Range#include?...

Range#cover?(obj) -> bool (8073.0)

obj が範囲内に含まれている時に真を返します。

....new(2014,1,3)..Date.new(2014,1,5)).include?(Date.new(2014,1,5)) # => true
(Time.new(2014,1,3)..Time.new(2014,1,5)).include?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true
(Date.new(2014,1,3)..Date.new(2014,1,5)).cover?(Date.new(2014,1,5)) # => true
(Time.new(2014,1,3)..Time.new...
...(2014,1,5)).cover?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true

@see Range#include?...
...(2014,1,5)).cover?(Time.new(2014,1,4,10,10,10)) # => true

@see d:spec/control#case
@see Range#include?...

Enumerable#max {|a, b| ... } -> object | nil (8055.0)

ブロックの評価結果で各要素の大小判定を行い、最大の要素、もしくは最小の n 要素を返します。 引数を指定しない形式では要素が存在しなければ nil を返します。 引数を指定する形式では、空の配列を返します。

...end

people = [
Person.new("sato", 55),
Person.new("sato", 33),
Person.new("sato", 11),
Person.new("suzuki", 55),
Person.new("suzuki", 33),
Person.new("suzuki", 11),
Person.new("tanaka", 55),
Person.new("tanaka", 33),
Person.new("tanaka", 11)
]

# 年齢...

Enumerable#max(n) {|a, b| ... } -> Array (8055.0)

ブロックの評価結果で各要素の大小判定を行い、最大の要素、もしくは最小の n 要素を返します。 引数を指定しない形式では要素が存在しなければ nil を返します。 引数を指定する形式では、空の配列を返します。

...end

people = [
Person.new("sato", 55),
Person.new("sato", 33),
Person.new("sato", 11),
Person.new("suzuki", 55),
Person.new("suzuki", 33),
Person.new("suzuki", 11),
Person.new("tanaka", 55),
Person.new("tanaka", 33),
Person.new("tanaka", 11)
]

# 年齢...

絞り込み条件を変える

Enumerable#min {|a, b| ... } -> object | nil (8055.0)

ブロックの評価結果で各要素の大小判定を行い、最小の要素、もしくは最小の n 要素を返します。 引数を指定しない形式では要素が存在しなければ nil を返します。 引数を指定する形式では、空の配列を返します。

...end

people = [
Person.new("sato", 55),
Person.new("sato", 33),
Person.new("sato", 11),
Person.new("suzuki", 55),
Person.new("suzuki", 33),
Person.new("suzuki", 11),
Person.new("tanaka", 55),
Person.new("tanaka", 33),
Person.new("tanaka", 11)
]

# 年齢...

Enumerable#min(n) {|a, b| ... } -> Array (8055.0)

ブロックの評価結果で各要素の大小判定を行い、最小の要素、もしくは最小の n 要素を返します。 引数を指定しない形式では要素が存在しなければ nil を返します。 引数を指定する形式では、空の配列を返します。

...end

people = [
Person.new("sato", 55),
Person.new("sato", 33),
Person.new("sato", 11),
Person.new("suzuki", 55),
Person.new("suzuki", 33),
Person.new("suzuki", 11),
Person.new("tanaka", 55),
Person.new("tanaka", 33),
Person.new("tanaka", 11)
]

# 年齢...

Proc#lambda? -> bool (8055.0)

手続きオブジェクトの引数の取扱が厳密であるならば true を返します。

...ambda? # => true
# proc で生成した Proc オブジェクトでは false
proc{}.lambda? # => false
# Proc.new で生成した Proc オブジェクトでは false
Proc.new{}.lambda? # => false

# 以下、lambda?が偽である場合
# 余分な引数を無視する
proc{|a,b| [a...
...? #=> true
Proc.new(&lambda {}).lambda? #=> true

lambda(&proc {}).lambda? #=> false
proc(&proc {}).lambda? #=> false
Proc.new(&proc {}).lambda? #=> false

n(&lambda {}) #=> true
n(&proc {}) #=> false
n(&Proc.new {}) #=>...
...は常に厳密に取り扱われる
class C
define_method(:d) {}
end
C.new.d(1,2) #=> ArgumentError
C.new.method(:d).to_proc.lambda? #=> true

class C
define_method(:e, &proc {})
end
C.new.e(1,2) #=> ArgumentError
C.new.method(:e).to_proc.lambda? #=> true...

Random#rand -> Float (8055.0)

一様な疑似乱数を発生させます。

...たは1では無い時、引数に負の数値を与えた時に発生します。

# Kernel.#rand とほぼ同様の使い勝手
prng = Random.new(1234)
prng.rand # => 0.1915194503788923
srand(1234)
rand # => 0.1915194503788923

# max に実数も指定出...
...prng.rand(Time.new(2012, 1, 1) ... Time.new(2013,1,1)) # => 2012-02-25 03:11:42 +0900
require 'date'
prng.rand(Date.new(2012, 1, 1) ... Date.new(2013,1,1)) # => #<Date: 2012-01-31 ((2455958j,0s,0n),+0s,2299161j)>
# Kernel.#rand とほぼ同様の使い勝手
prng = Random.new(1234)
prng.r...
...130397862865
# 2012年のすべての時刻から一つ選ばれる
# Time#- は秒数を float で返すため。
prng.rand(Time.new(2012, 1, 1) ... Time.new(2013,1,1)) # => 2012-02-25 03:11:42 +0900
# DateTime ではうまくいかない。というのは DateTime#- は
# Rational を返...

Random#rand(max) -> Integer | Float (8055.0)

一様な疑似乱数を発生させます。

...たは1では無い時、引数に負の数値を与えた時に発生します。

# Kernel.#rand とほぼ同様の使い勝手
prng = Random.new(1234)
prng.rand # => 0.1915194503788923
srand(1234)
rand # => 0.1915194503788923

# max に実数も指定出...
...prng.rand(Time.new(2012, 1, 1) ... Time.new(2013,1,1)) # => 2012-02-25 03:11:42 +0900
require 'date'
prng.rand(Date.new(2012, 1, 1) ... Date.new(2013,1,1)) # => #<Date: 2012-01-31 ((2455958j,0s,0n),+0s,2299161j)>
# Kernel.#rand とほぼ同様の使い勝手
prng = Random.new(1234)
prng.r...
...130397862865
# 2012年のすべての時刻から一つ選ばれる
# Time#- は秒数を float で返すため。
prng.rand(Time.new(2012, 1, 1) ... Time.new(2013,1,1)) # => 2012-02-25 03:11:42 +0900
# DateTime ではうまくいかない。というのは DateTime#- は
# Rational を返...

絞り込み条件を変える

Random#rand(range) -> Integer | Float | nil (8055.0)

一様な疑似乱数を発生させます。

...たは1では無い時、引数に負の数値を与えた時に発生します。

# Kernel.#rand とほぼ同様の使い勝手
prng = Random.new(1234)
prng.rand # => 0.1915194503788923
srand(1234)
rand # => 0.1915194503788923

# max に実数も指定出...
...prng.rand(Time.new(2012, 1, 1) ... Time.new(2013,1,1)) # => 2012-02-25 03:11:42 +0900
require 'date'
prng.rand(Date.new(2012, 1, 1) ... Date.new(2013,1,1)) # => #<Date: 2012-01-31 ((2455958j,0s,0n),+0s,2299161j)>
# Kernel.#rand とほぼ同様の使い勝手
prng = Random.new(1234)
prng.r...
...130397862865
# 2012年のすべての時刻から一つ選ばれる
# Time#- は秒数を float で返すため。
prng.rand(Time.new(2012, 1, 1) ... Time.new(2013,1,1)) # => 2012-02-25 03:11:42 +0900
# DateTime ではうまくいかない。というのは DateTime#- は
# Rational を返...

Regexp#options -> Integer (8049.0)

正規表現の生成時に指定されたオプションを返します。戻り値は、 Regexp::EXTENDED, Regexp::IGNORECASE, Regexp::MULTILINE, Regexp::FIXEDENCODING, Regexp::NOENCODING, の論理和です。

...いるもので、Regexp.new にこれらを
渡しても無視されます。

p Regexp::IGNORECASE # => 1
p //i.options # => 1

p Regexp.new("foo", Regexp::IGNORECASE ).options # => 1
p Regexp.new("foo", Regexp::EXTENDED).options # => 2
p Regexp.new("foo", Regexp::IGNORECASE |...
...Regexp::EXTENDED).options # => 3
p Regexp.new("foo", Regexp::MULTILINE).options # => 4
p Regexp.new("foo", Regexp::IGNORECASE | Regexp::MULTILINE ).options # => 5
p Regexp.new("foo", Regexp::MULTILINE | Regexp::EXTENDED).options # =>6
p Regexp.new("foo", Regexp::IGNORECASE | Regexp::MULTILIN...

Time#wday -> Integer (8043.0)

曜日を0(日曜日)から6(土曜日)の整数で返します。

...n = Time.new(2017, 9, 17, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-17 10:34:15 +0900
sun.wday #=> 0
mon = Time.new(2017, 9, 18, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-18 10:34:15 +0900
mon.wday #=> 1
tue = Time.new(2017, 9...
...d = Time.new(2017, 9, 20, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-20 10:34:15 +0900
wed.wday #=> 3
thu = Time.new(2017, 9, 21, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-21 10:34:15 +0900
thu.wday #=> 4
fri = Time.new(2017, 9...
..., 22, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-22 10:34:15 +0900
fri.wday #=> 5
sat = Time.new(2017, 9, 23, 10, 34, 15, '+09:00') #=> 2017-09-23 10:34:15 +0900
sat.wday #=> 6...

Encoding::Converter#primitive_errinfo -> Array (8037.0)

直前の Encoding::Converter#primitive_convert による変換の結果を保持する五要素の配列を返します。

...ることはできますが、有用な使い方は難しいでしょう。

//emlist[][ruby]{
# \xff is invalid as EUC-JP.
ec = Encoding::Converter.new("EUC-JP", "Shift_JIS")
ec.primitive_convert(src="\xff", dst="", nil, 10)
p ec.primitive_errinfo
#=> [:invalid_byte_sequence, "EUC-JP", "UTF-8", "\x...
...\x82).
ec = Encoding::Converter.new("EUC-JP", "ISO-8859-1")
ec.primitive_convert(src="\xa4\xa2", dst="", nil, 10)
p ec.primitive_errinfo
#=> [:undefined_conversion, "UTF-8", "ISO-8859-1", "\xE3\x81\x82", ""]

# partial character is invalid
ec = Encoding::Converter.new("EUC-JP", "ISO-8859-1")
ec.prim...
...nput, "EUC-JP", "UTF-8", "\xA4", ""]

# Encoding::Converter::PARTIAL_INPUT prevents invalid errors by
# partial characters.
ec = Encoding::Converter.new("EUC-JP", "ISO-8859-1")
ec.primitive_convert(src="\xa4", dst="", nil, 10, Encoding::Converter::PARTIAL_INPUT)
p ec.primitive_errinfo
#=> [:source_b...
<< 1 2 3 ... > >>