るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
2114件ヒット [1-100件を表示] (0.074秒)

別のキーワード

  1. _builtin hash
  2. tkutil hash_kv
  3. hash []
  4. dbm to_hash
  5. matrix hash

クラス

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Hash#to_hash -> self (27150.0)

self を返します。

...self を返します。


例:
hash
= {}
p hash.to_hash # => {}
p hash.to_hash == hash # => true

@see Object#to_hash, Hash#to_h...

Hash#hash -> Integer (27114.0)

自身が保持するキーと値のハッシュ値を元にして算出した整数を返します。 自身が保持するキーや値が変化すればこのメソッドが返す値も変化します。

...します。
自身が保持するキーや値が変化すればこのメソッドが返す値も変化します。

a = {}
p a.hash #=> 0
a[1] = :x
p a.hash #=> 329543...

Hash#rehash -> self (27113.0)

キーのハッシュ値を再計算します。

...@raise RuntimeError Hash#eachなどのイテレータの評価途中でrehashすると発生します。
@return selfを返します。

a = [ "a", "b" ]
h = { a => 100 }

p h[a] #=> 100

a[0] = "z"
p h[a] #=> nil

h.rehash
p h[a] #=> 100

@see Object#hash...

Hash#to_hash -> self (27108.0)

self を返します。

...self を返します。

@see Object#to_hash...

Hash#to_h -> self | Hash (21194.0)

self を返します。Hash クラスのサブクラスから呼び出した場合は self を Hash オブジェクトに変換します。

...す。Hash クラスのサブクラスから呼び出した場合は
self を Hash オブジェクトに変換します。

例:
hash
= {}
p hash.to_h # => {}
p hash.to_h == hash # => true

class MyHash < Hash;end
my_hash = MyHash.new
p my_hash.to_h # => {}
p my_hash.class...
...# => MyHash
p my_hash.to_h.class # => Hash...

絞り込み条件を変える

Hash#compact -> Hash (21154.0)

compact は自身から value が nil のもの取り除いた Hash を生成して返します。 compact! は自身から破壊的に value が nil のものを取り除き、変更が行われた場合は self を、そうでなければ nil を返します。

...除いた Hash を生成して返します。 compact! は自身から破壊的に value が nil のものを取り除き、変更が行われた場合は self を、そうでなければ nil を返します。


hash
= {a: 1, b: nil, c: 3}
p hash.compact #=> {:a=>1, :c=>3}
p hash #=...
...> {:a=>1, :b=>nil, :c=>3}
hash
.compact!
hash
#=> {:a=>1, :c=>3}
p hash.compact! #=> nil

@see Array#compact...

Hash#merge(other) -> Hash (21145.0)

selfとotherのハッシュの内容をマージ(統合)した結果を返します。デフォルト値はselfの設定のままです。

...でない
場合は常に other の値を使います。

Hash
#merge! は、マージの結果でselfを変更する破壊的メソッドで、Hash#update の別名です。

otherがハッシュではない場合、otherのメソッドto_hashを使って暗黙の変換を試みます。

@param oth...
..._val, bar_val| foo_val + bar_val } #=> {1=>"a", 2=>"bB", 3=>"cC", 4=>"D"}
p foo #=> {1=>"a", 2=>"bB", 3=>"cC", 4=>"D"}

class Foo
def to_hash
{:Australia => 'Sydney',
:France => 'Paris'
}
end
end

h = {:Germany => 'Berlin',
:Australia => 'Canberra',...
...:France => 'Paris'
}
h.merge!(Foo.new) #暗黙の変換
p h #=> {:Germany=>"Berlin", :Australia=>"Sydney", :France=>"Paris"}

@see Hash#update,Hash#replace...

Hash#merge(other) {|key, self_val, other_val| ... } -> Hash (21145.0)

selfとotherのハッシュの内容をマージ(統合)した結果を返します。デフォルト値はselfの設定のままです。

...でない
場合は常に other の値を使います。

Hash
#merge! は、マージの結果でselfを変更する破壊的メソッドで、Hash#update の別名です。

otherがハッシュではない場合、otherのメソッドto_hashを使って暗黙の変換を試みます。

@param oth...
..._val, bar_val| foo_val + bar_val } #=> {1=>"a", 2=>"bB", 3=>"cC", 4=>"D"}
p foo #=> {1=>"a", 2=>"bB", 3=>"cC", 4=>"D"}

class Foo
def to_hash
{:Australia => 'Sydney',
:France => 'Paris'
}
end
end

h = {:Germany => 'Berlin',
:Australia => 'Canberra',...
...:France => 'Paris'
}
h.merge!(Foo.new) #暗黙の変換
p h #=> {:Germany=>"Berlin", :Australia=>"Sydney", :France=>"Paris"}

@see Hash#update,Hash#replace...

Hash#invert -> Hash (21126.0)

値からキーへのハッシュを作成して返します。

...

def safe_invert(orig_hash)
result = Hash.new{|h,key| h[key] = [] }
orig_hash.each{|key, value|
result[value] << key
}
result
end
p safe_invert({"a"=>1, "b"=>1, "c"=>3})
#=> {1=>["a", "b"], 3=>["c"]}

#転載:Rubyレシピブック No.120

@see Hash#key...

Hash#reject {|key, value| ... } -> Hash (21126.0)

self を複製して、ブロックを評価した値が真になる要 素を削除したハッシュを返します。

...とほぼ同じです。
selfを破壊的に変更したい場合はかわりにHash#delete_ifかHash#reject!を使います。

h = { 2 =>"8" ,4 =>"6" ,6 =>"4" ,8 =>"2" }

p h.reject{|key, value| key.to_i < value.to_i} #=> {6=>"4", 8=>"2"}

@see Hash#delete_if,Hash#delete,Enumerable#reject...

絞り込み条件を変える

Hash#transform_keys {|key| ... } -> Hash (21120.0)

すべてのキーに対してブロックを呼び出した結果で置き換えたハッシュを返します。 値は変化しません。

..."c" => 3 }
h.transform_keys(&:to_s) # => { "a" => 1, "b" => 2, "c" => 3 }
h.transform_keys.with_index {|k, i| "#{k}.#{i}" }
# => { "a.0" => 1, "b.1" => 2, "c.2" => 3 }
//}

@see Hash#transform_keys!
@see Hash#transform_values
@see Hash#transform_values!...

Hash#transform_values {|value| ... } -> Hash (21120.0)

すべての値に対してブロックを呼び出した結果で置き換えたハッシュを返します。 キーは変化しません。

...a: 2, b: 5, c: 10 }
h.transform_values(&:to_s) #=> { a: "1", b: "2", c: "3" }
h.transform_values.with_index {|v, i| "#{v}.#{i}" }
#=> { a: "1.0", b: "2.1", c: "3.2" }

@see Hash#transform_values!
@see Hash#transform_keys
@see Hash#transform_keys!...

Hash#slice(*keys) -> Hash (21118.0)

引数で指定されたキーとその値だけを含む Hash を返します。

...引数で指定されたキーとその値だけを含む Hash を返します。

//emlist[例][ruby]{
h = { a: 100, b: 200, c: 300 }
h.slice(:a) # => {:a=>100}
h.slice(:b, :c, :d) # => {:b=>200, :c=>300}
//}...

Hash#transform_values {|value| ... } -> Hash (21108.0)

すべての値に対してブロックを呼び出した結果で置き換えたハッシュを返します。 キーは変化しません。

...: 3 }
h.transform_values {|v| v * v + 1 } #=> { a: 2, b: 5, c: 10 }
h.transform_values(&:to_s) #=> { a: "1", b: "2", c: "3" }
h.transform_values.with_index {|v, i| "#{v}.#{i}" }
#=> { a: "1.0", b: "2.1", c: "3.2" }

@see Hash#transform_values!...

Hash#clone -> Hash (21103.0)

selfと同じ内容を持つ新しいハッシュを返します。

selfと同じ内容を持つ新しいハッシュを返します。

clone は frozen tainted singleton-class の情報も含めてコピーしますが、 dup は内容だけをコピーします。
またどちらのメソッドも要素それ自体のコピーはしません。つまり参照しているオブジェクトが
変わらない「浅い(shallow)」コピーを行います。

h1 = {"have" => "have a","as" => "as a" }
h2 = h1.dup

h2["have"] = "has"
p h2 #=> {"have"=>"has", "as"=>"as a"}
p...

絞り込み条件を変える

Hash#dup -> Hash (21103.0)

selfと同じ内容を持つ新しいハッシュを返します。

selfと同じ内容を持つ新しいハッシュを返します。

clone は frozen tainted singleton-class の情報も含めてコピーしますが、 dup は内容だけをコピーします。
またどちらのメソッドも要素それ自体のコピーはしません。つまり参照しているオブジェクトが
変わらない「浅い(shallow)」コピーを行います。

h1 = {"have" => "have a","as" => "as a" }
h2 = h1.dup

h2["have"] = "has"
p h2 #=> {"have"=>"has", "as"=>"as a"}
p...

Hash#select {|key, value| ... } -> Hash (21102.0)

key, value のペアについてブロックを評価し,真となるペアだけを含む ハッシュを生成して返します。

key, value のペアについてブロックを評価し,真となるペアだけを含む
ハッシュを生成して返します。

h = { "a" => 100, "b" => 200, "c" => 300 }
h.select {|k,v| k > "a"} #=> {"b" => 200, "c" => 300}
h.select {|k,v| v < 200} #=> {"a" => 100}

Hash#[](key) -> object | nil (21061.0)

key に関連づけられた値を返します。

...別する必要が
ある場合は Hash#fetch または Hash#has_key? を使ってください。

@param key 探索するキーを指定します。

h = {:ab => "some" , :cd => "all"}
p h[:ab] #=> "some"
p h[:ef] #=> nil

h1 = Hash.new("default value")
p h1[:non...
...] #=> "default value"

h2 = Hash.new {|*arg| arg}
p h2[:non] #=> [{}, :non]

@see Hash.new, Hash#fetch,Hash#values_at,Hash#has_key?, Hash#default, Hash#default_proc...

Hash#compact! -> self | nil (21054.0)

compact は自身から value が nil のもの取り除いた Hash を生成して返します。 compact! は自身から破壊的に value が nil のものを取り除き、変更が行われた場合は self を、そうでなければ nil を返します。

...除いた Hash を生成して返します。 compact! は自身から破壊的に value が nil のものを取り除き、変更が行われた場合は self を、そうでなければ nil を返します。


hash
= {a: 1, b: nil, c: 3}
p hash.compact #=> {:a=>1, :c=>3}
p hash #=...
...> {:a=>1, :b=>nil, :c=>3}
hash
.compact!
hash
#=> {:a=>1, :c=>3}
p hash.compact! #=> nil

@see Array#compact...

Hash#default -> object | nil (21049.0)

ハッシュのデフォルト値を返します。

...nil になることに注意してください。この場合、ハッシュのデフォルト値に
ついて調べるには 2 番目の形式か Hash#default_proc を使ってください。

2 番目の形式はハッシュがデフォルト値としてブロックを持つ場合に、
self と...
...

h = Hash.new("default")
p h.default #=> "default"
p h.default(:some) #=> "default"
p h #=>{}

h = Hash.new{|hash, key| hash[key] ="default" }
p h.default #=> nil
p h.default(:some) #=> "default"
p h #=> {:some=>"default"}

h = Hash.new
p h.de...
...fault #=> nil
p h.default(:some) #=> nil
p h #=> {}

@see Hash#default=, Hash#default_proc...

絞り込み条件を変える

Hash#default(key) -> object | nil (21049.0)

ハッシュのデフォルト値を返します。

...nil になることに注意してください。この場合、ハッシュのデフォルト値に
ついて調べるには 2 番目の形式か Hash#default_proc を使ってください。

2 番目の形式はハッシュがデフォルト値としてブロックを持つ場合に、
self と...
...

h = Hash.new("default")
p h.default #=> "default"
p h.default(:some) #=> "default"
p h #=>{}

h = Hash.new{|hash, key| hash[key] ="default" }
p h.default #=> nil
p h.default(:some) #=> "default"
p h #=> {:some=>"default"}

h = Hash.new
p h.de...
...fault #=> nil
p h.default(:some) #=> nil
p h #=> {}

@see Hash#default=, Hash#default_proc...
<< 1 2 3 ... > >>