るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
948件ヒット [201-300件を表示] (0.019秒)

別のキーワード

  1. _builtin sub
  2. pathname sub
  3. string sub
  4. string sub!
  5. _builtin sub!

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< < 1 2 3 4 5 ... > >>

Array.yaml_tag_subclasses? -> true (6100.0)

常に true を返します。

常に true を返します。

ライブラリ内部で使用します。

CGI::HtmlExtension#submit(attributes) -> String (6100.0)

タイプが submit である input 要素を生成します。

...タイプが submit である input 要素を生成します。

@param attributes 属性をハッシュで指定します。

例:
sub
mit({ "VALUE" => "ok", "NAME" => "button1", "ID" => "foo" })
# <INPUT TYPE="submit" VALUE="ok" NAME="button1" ID="foo">...

CGI::HtmlExtension#submit(value = nil, name = nil) -> String (6100.0)

タイプが submit である input 要素を生成します。

...タイプが submit である input 要素を生成します。

@param value value 属性の値を指定します。

@param name name 属性の値を指定します。

例:
sub
mit
# <INPUT TYPE="submit">

sub
mit("ok")
# <INPUT TYPE="submit" VALUE="ok">

sub
mit("ok", "button1")...
...# <INPUT TYPE="submit" VALUE="ok" NAME="button1">...

Curses::Window#subwin(height, width, y, x) -> Curses::Window (6100.0)

画面の座標 (x,y) を左上端とし、幅 width 高さ height とするサブウィンドウを作成し、 それを表現する Curses::Window オブジェクトを返します。

画面の座標 (x,y) を左上端とし、幅 width
高さ height とするサブウィンドウを作成し、
それを表現する Curses::Window オブジェクトを返します。

@param height ウィンドウの高さを指定します。
@param width ウィンドウの幅を指定します。
@param y ウィンドウの左上端の y 座標を指定します。
@param x ウィンドウの左上端の x 座標を指定します。

Date.yaml_tag_subclasses? -> true (6100.0)

常に true を返します。

常に true を返します。

ライブラリ内部で使用します。

絞り込み条件を変える

DublinCoreModel#dc_subject (6100.0)

@todo

@todo

DublinCoreModel#dc_subject= (6100.0)

@todo

@todo

DublinCoreModel#dc_subjects (6100.0)

@todo

@todo

Exception.yaml_tag_subclasses? -> true (6100.0)

常に true を返します。

常に true を返します。

ライブラリ内部で使用します。

FalseClass.yaml_tag_subclasses? -> true (6100.0)

常に true を返します。

常に true を返します。

ライブラリ内部で使用します。

絞り込み条件を変える

Float.yaml_tag_subclasses? -> true (6100.0)

常に true を返します。

常に true を返します。

ライブラリ内部で使用します。

Gem.#ensure_gem_subdirectories (6100.0)

Gem をインストールするために必要なサブディレクトリを適切に作成します。

Gem をインストールするために必要なサブディレクトリを適切に作成します。

ディレクトリを作成する権限が無い場合もこのメソッドからは例外は発生しません。

@see Gem::DIRECTORIES

Hash.yaml_tag_subclasses? -> true (6100.0)

常に true を返します。

常に true を返します。

ライブラリ内部で使用します。

Integer.yaml_tag_subclasses? -> true (6100.0)

常に true を返します。

常に true を返します。

ライブラリ内部で使用します。

Kernel.#gsub(pattern) -> Enumerator (6100.0)

$_.gsub とほぼ同じですが、置換が発生したときは、$_の内容を置き換える点が異なります。 コマンドラインオプションで -p または -n を指定した時のみ定義されます。

...$_.gsub とほぼ同じですが、置換が発生したときは、$_の内容を置き換える点が異なります。
コマンドラインオプションで -p または -n を指定した時のみ定義されます。

暗号的になりすぎるきらいがあるため、このメソッド...
...の使用は推奨されていません。
今後はより明示的な $_.gsub を使ってください。

$_.gsub とこのメソッド gsub は以下の点で違いがあります。

* gsub は $_ の値をコピーして、コピーの方を更新し、
$_ に再代入します。


@param...
...pattern 置き換える文字列のパターンを表す文字列か正規表現。
文字列を指定した場合は全く同じ文字列にだけマッチする
@param replace pattern で指定した文字列と置き換える文字列

@see String#gsub,$_...

絞り込み条件を変える

Kernel.#gsub(pattern) {|matched| ... } -> String (6100.0)

$_.gsub とほぼ同じですが、置換が発生したときは、$_の内容を置き換える点が異なります。 コマンドラインオプションで -p または -n を指定した時のみ定義されます。

...$_.gsub とほぼ同じですが、置換が発生したときは、$_の内容を置き換える点が異なります。
コマンドラインオプションで -p または -n を指定した時のみ定義されます。

暗号的になりすぎるきらいがあるため、このメソッド...
...の使用は推奨されていません。
今後はより明示的な $_.gsub を使ってください。

$_.gsub とこのメソッド gsub は以下の点で違いがあります。

* gsub は $_ の値をコピーして、コピーの方を更新し、
$_ に再代入します。


@param...
...pattern 置き換える文字列のパターンを表す文字列か正規表現。
文字列を指定した場合は全く同じ文字列にだけマッチする
@param replace pattern で指定した文字列と置き換える文字列

@see String#gsub,$_...

Kernel.#gsub(pattern, replace) -> String (6100.0)

$_.gsub とほぼ同じですが、置換が発生したときは、$_の内容を置き換える点が異なります。 コマンドラインオプションで -p または -n を指定した時のみ定義されます。

...$_.gsub とほぼ同じですが、置換が発生したときは、$_の内容を置き換える点が異なります。
コマンドラインオプションで -p または -n を指定した時のみ定義されます。

暗号的になりすぎるきらいがあるため、このメソッド...
...の使用は推奨されていません。
今後はより明示的な $_.gsub を使ってください。

$_.gsub とこのメソッド gsub は以下の点で違いがあります。

* gsub は $_ の値をコピーして、コピーの方を更新し、
$_ に再代入します。


@param...
...pattern 置き換える文字列のパターンを表す文字列か正規表現。
文字列を指定した場合は全く同じ文字列にだけマッチする
@param replace pattern で指定した文字列と置き換える文字列

@see String#gsub,$_...

Net::IMAP#lsub(refname, mailbox) -> [Net::IMAP::MailboxList] (6100.0)

LIST コマンドを送り、active/subscribed なメールボックス名の集合から 引数にマッチするものすべてを返します。

...LIST コマンドを送り、active/subscribed なメールボックス名の集合から
引数にマッチするものすべてを返します。

詳しくは 2060 の 6.3.8 を参照してください。

返り値は Net::IMAP::MailboxList の配列で返します。
返り値が空集合で...

Net::IMAP#subscribe(mailbox) -> Net::IMAP::TaggedResponse (6100.0)

SUBSCRIBE コマンドを送り、指定したメールボックスを "active" もしくは "subscribe" なメールボックスの集合に 追加します。

...SUBSCRIBE コマンドを送り、指定したメールボックスを
"active" もしくは "subscribe" なメールボックスの集合に
追加します。

@param mailbox 追加するメールボックスの名前(文字列)
@raise Net::IMAP::NoResponseError 指定した名前のメールボ...

Net::IMAP#unsubscribe(mailbox) -> Net::IMAP::TaggedResponse (6100.0)

UNSUBSCRIBE コマンドを送り、指定したメールボックスを "active" もしくは "subscribe" なメールボックスの集合から 削除します。

...UNSUBSCRIBE コマンドを送り、指定したメールボックスを
"active" もしくは "subscribe" なメールボックスの集合から
削除します。

@param mailbox 削除するするメールボックスの名前(文字列)
@raise Net::IMAP::NoResponseError 指定した名前のメ...
...ールボックスを
削除できなかった場合に発生します。
指定した名前のメールボックスが active/subscribe でなかった
場合などに発生します。...

絞り込み条件を変える

Net::IMAP::BodyTypeBasic#media_subtype -> String (6100.0)

MIME のメディアタイプのサブタイプを返します。 media_subtype は obsolete です。

...MIME のメディアタイプのサブタイプを返します。

media_subtype は obsolete です。

@see Net::IMAP::BodyTypeBasic#media_type...
<< < 1 2 3 4 5 ... > >>