るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
37件ヒット [1-37件を表示] (0.024秒)
トップページ > クエリ:struct[x] > クエリ:select[x]

別のキーワード

  1. struct new
  2. mkmf have_struct_member
  3. struct each
  4. struct members

検索結果

Struct#select -> Enumerator (27138.0)

構造体のメンバの値に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含 む配列を返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返しま す。

...Lots = Struct.new(:a, :b, :c, :d, :e, :f)
l = Lots.new(11, 22, 33, 44, 55, 66)
l.select {|v| (v % 2).zero? } #=> [22, 44, 66]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct...
...下位クラスを作成する点に
注意してください。

@see Enumerable#select...

Struct#select {|i| ... } -> [object] (27138.0)

構造体のメンバの値に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含 む配列を返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返しま す。

...Lots = Struct.new(:a, :b, :c, :d, :e, :f)
l = Lots.new(11, 22, 33, 44, 55, 66)
l.select {|v| (v % 2).zero? } #=> [22, 44, 66]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct...
...下位クラスを作成する点に
注意してください。

@see Enumerable#select...

Struct#select -> Enumerator (24138.0)

構造体のメンバの値に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含 む配列を返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返しま す。

...Lots = Struct.new(:a, :b, :c, :d, :e, :f)
l = Lots.new(11, 22, 33, 44, 55, 66)
l.select {|v| (v % 2).zero? } #=> [22, 44, 66]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct...
...下位クラスを作成する点に
注意してください。

@see Enumerable#select...

Struct#select {|i| ... } -> [object] (24138.0)

構造体のメンバの値に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含 む配列を返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返しま す。

...Lots = Struct.new(:a, :b, :c, :d, :e, :f)
l = Lots.new(11, 22, 33, 44, 55, 66)
l.select {|v| (v % 2).zero? } #=> [22, 44, 66]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct...
...下位クラスを作成する点に
注意してください。

@see Enumerable#select...

Struct#filter -> Enumerator (9038.0)

構造体のメンバの値に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含 む配列を返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返しま す。

...Lots = Struct.new(:a, :b, :c, :d, :e, :f)
l = Lots.new(11, 22, 33, 44, 55, 66)
l.select {|v| (v % 2).zero? } #=> [22, 44, 66]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct...
...下位クラスを作成する点に
注意してください。

@see Enumerable#select...

絞り込み条件を変える

Struct#filter {|i| ... } -> [object] (9038.0)

構造体のメンバの値に対してブロックを評価した値が真であった要素を全て含 む配列を返します。真になる要素がひとつもなかった場合は空の配列を返しま す。

...Lots = Struct.new(:a, :b, :c, :d, :e, :f)
l = Lots.new(11, 22, 33, 44, 55, 66)
l.select {|v| (v % 2).zero? } #=> [22, 44, 66]

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct...
...下位クラスを作成する点に
注意してください。

@see Enumerable#select...

int rb_thread_select(int max, fd_set *read, fd_set *write, fd_set *except, struct timeval *timeout) (6240.0)

この関数は deprecated です。rb_thread_fd_select を使用してください。

...rb_thread_fd_select を使用してください。

Ruby のスレッドは実装のために内部で select(2) を使っているため、
拡張ライブラリ内で独自に select(2) を使った場合の動作は保証されません。
代わりにこの関数 rb_thread_select を使ってく...
...ださい。
引数の意味は select(2) と同じです。...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (96.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...: ((<MatchData#captures|MatchData/captures>)) [new]

追加。((<RCR#139>))

: ((<MatchData#select|MatchData/select>)) [new]

((<MatchData>)) は、Enumerable ではありませんが、Enumerable#select
と同じメソッドが定義されました。

=== Math

: ((<Math/Math.erf>)) [new]
:...
...なりました。

: ((<String#insert|String/insert>)) [new]

追加

(({str[n, 0] = other})) と同じ(ただし self を返す)

=== Struct

: ((<Struct/each_pair>)) [new]

追加。

=== Symbol

: ((<Symbol/Symbol.all_symbols>)) [new]
追加 ((<ruby-dev:12921>))

=== SystemCallError...
...Data#values_at|MatchData/values_at>)) [new]
: ((<aStruct#values_at|Struct/values_at>)) [new]

ruby 1.6 の ((<indexes|Array/indexes>)) は、values_at というメソッド
名になりました(ruby 1.7 では block なし ((<select|Array/select>)) が
indexes の代わりでしたが、こ...

NEWS for Ruby 2.6.0 (72.0)

NEWS for Ruby 2.6.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...と値に変換できるようになりました。 15143
* 別名
* Array#filter が Array#select の別名として追加されました。 13784
* Array#filter! が Array#select! の別名として追加されました。 13784

* Binding
* 新規メソッド
* Binding...
...と値のペアを新しいキーと値に変換できるようになりました。 15143
* 別名
* Enumerable#filter が Enumerable#select の別名として追加されました。 13784

* Enumerator::ArithmeticSequence
* 等差数列(隣接する項が共通の差(公差)を持...
...
Enumerator::ArithmeticSequence クラスのインスタンスを返すようになりました。

* OpenStruct
* 変更されたメソッド
* OpenStruct#to_h はブロックを受け取りキーと値のペアを新しいキーと値に変換できるようになりまし...

NEWS for Ruby 2.2.0 (48.0)

NEWS for Ruby 2.2.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

..._pack -> rb_integer_pack
* rb_quad_unpack -> rb_integer_unpack
* rb_read_check : access struct FILE internal. no replacement.
* rb_struct_iv_get : internal function. no replacement.
* struct rb_blocking_region_buffer : internal type. no replacement.
* rb_thread_blocking_region_be...
...l family
* TRAP_BEG -> rb_thread_call_without_gvl family
* TRAP_END -> rb_thread_call_without_gvl family
* rb_thread_select -> rb_thread_fd_select
* struct rb_exec_arg : internal type. no replacement.
* rb_exec : internal function. no replacement.
* rb_exec_arg_addopt : inter...
...o_mode_flags -> rb_io_modestr_fmode
* rb_io_modenum_flags -> rb_io_oflags_fmode

* struct RBignum は隠されました 6083
かわりに rb_integer_pack と rb_integer_unpack を使います

* struct RRational は隠されました 9513
かわりに rb_rational_num と rb_rational...

絞り込み条件を変える

ruby 1.6 feature (42.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...のソケットの問題が1つ解決されたようです。(どのような問題かは
大本のメールがわかりませんでしたが、selectで読み込み可能になったのに
空配列が返されるという問題なのだそうです) ((<ruby-talk:40015>)),
((<ruby-win32:366>)...
...puts md

puts MD5.hexdigest("123")

: ((<Struct>))

フリーズされた構造体オブジェクトが変更できていました。また、$SAFE =
4 のときの変更を禁止するようにしました。((<ruby-talk:19167>))

cat = Struct.new("Cat", :name, :age, :life)
a = cat....
...p a
=> ruby 1.6.4 (2001-06-04) [i586-linux]
#<Struct::Cat name="dog", age=12, life=7>
=> ruby 1.6.4 (2001-08-06) [i586-linux]
-:4:in `name=': can't modify frozen Struct (TypeError)
from -:4

cat = Struct.new("Cat", :name, :age, :life)
a = cat.new("cat", 12,...

NEWS for Ruby 2.3.0 (30.0)

NEWS for Ruby 2.3.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...eue#close(Thread::Queue#close) を追加
10600

* Regexp/String: Unicode のバージョンを 7.0.0 から 8.0.0 に更新

* RubyVM::InstructionSequence
* 実験的な機能としてiseqローダー用の低レベルな操作をするメソッドをいくつか追加
使用例...
...致命的な問題を起こすことができます。
11788
* RubyVM::InstructionSequence#to_binary(extra_data = nil)
* RubyVM::InstructionSequence.load_from_binary(binary)
* RubyVM::InstructionSequence.load_from_binary_extra_data(binary)

* String
* フリーズされ...
...した
11785

* Struct
* Struct#dig を追加
11688

* Thread
* スレッド名を扱うために Thread#name, Thread#name= を追加
11251

=== 組み込みクラスの互換性 (機能追加とバグ修正を除く)

* Array
* Array#select!, Array#keep_if, Array...