るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
18件ヒット [1-18件を表示] (0.019秒)
トップページ > クエリ:select[x] > クエリ:responses[x]

別のキーワード

  1. _builtin select
  2. _builtin select!
  3. dbm select
  4. struct select
  5. set select!

ライブラリ

クラス

検索結果

Net::IMAP#select(mailbox) -> Net::IMAP::TaggedResponse (18129.0)

SELECT コマンドを送り、指定したメールボックスを処理対象の メールボックスにします。

...SELECT コマンドを送り、指定したメールボックスを処理対象の
メールボックスにします。

このコマンドが成功すると、クライアントの状態が「selected」になります。

このコマンドを実行した直後に Net::IMAP#responses["EXISTS"].las...
...t
を調べると、メールボックス内のメールの数がわかります。
また、Net::IMAP#responses["RECENT"].lastで、
最新のメールの数がわかります。
これらの値はセッション中に変わりうることに注意してください。
Net::IMAP#add_response_handle...

Net::IMAP#responses -> { String => [object] } (18119.0)

サーバから送られてきた untagged な応答の記録を返します。

...なります。
そして各種類ごとに配列が用意され、untagged な応答を受信するたびに
その配列の末尾にその内容が記録されます。


例:
imap.select("inbox")
p imap.responses["EXISTS"].last
#=> 2
p imap.responses["UIDVALIDITY"].last
#=> 968263756...

net/imap (30.0)

このライブラリは Internet Message Access Protocol (IMAP) の クライアントライブラリです。2060 を元に 実装されています。

...セージ(メール)を処理する場合、
まず Net::IMAP#select もしくは
Net::IMAP#examine で処理対象のメールボックスを
指定する必要があります。これらの操作が成功したならば、
selected」状態に移行し、そのメールボックスが「処理...
...対象の」
メールボックスとなります。このようにしてメールボックスを
選択してから、selected状態を終える(別のメールボックスを選択したり、
接続を終了したり)までをセッションと呼びます。

メッセージには2種類の識...
...マンドの送信とは非同期的にサーバから送られるため、
Net::IMAP オブジェクトはユーザのためこれを
Net::IMAP#responses に記録しておきます。

=== References

* [IMAP]
M. Crispin, "INTERNET MESSAGE ACCESS PROTOCOL - VERSION 4rev1",
RFC 2060, Dece...