るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
34件ヒット [1-34件を表示] (0.017秒)

別のキーワード

  1. _builtin select
  2. _builtin select!
  3. dbm select
  4. struct select
  5. hash select

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

Enumerator::Lazy#select {|item| ... } -> Enumerator::Lazy (18272.0)

Enumerable#select と同じですが、配列ではなくEnumerator::Lazy を返します。

...Enumerable#select と同じですが、配列ではなくEnumerator::Lazy を返します。

@raise ArgumentError ブロックを指定しなかった場合に発生します。

例:
1.step.lazy.find_all { |i| i.even? }
# => #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator: 1:step>>:find_...
...all>

1.step.lazy.select { |i| i.even? }.take(10).force
# => [2, 4, 6, 8, 10, 12, 14, 16, 18, 20]

@see Enumerable#select...

Enumerable#lazy -> Enumerator::Lazy (18260.0)

自身を lazy な Enumerator に変換したものを返します。

...自身を lazy な Enumerator に変換したものを返します。

この Enumerator は、以下のメソッドが遅延評価を行う (つまり、配列ではな
くEnumeratorを返す) ように再定義されています。

* map/collect
* flat_map/collect_concat
* select/find_all
*...
...ースのみlazy)
* cycle (※一貫性のため、ブロックを渡さないケースのみlazy)

以下はピタゴラス数 (a**2 + b**2 = c**2 を満たす自然数 a, b, c の組) を
列挙するプログラムです。

def pythagorean_triples
(1..Float::INFINITY).lazy.flat_map {|z|...
...(1..z).flat_map {|x|
(x..z).select {|y|
x**2 + y**2 == z**2
}.map {|y|
[x, y, z]
}
}
}
end
# 最初の10個のピタゴラス数を表示する
p pythagorean_triples.take(10).force # takeはlazyなので、forceが必要です
p pyth...

Enumerator::Lazy (6082.0)

map や select などのメソッドの遅延評価版を提供するためのクラス。

...map や select などのメソッドの遅延評価版を提供するためのクラス。

動作は通常の Enumerator と同じですが、以下のメソッドが遅延評価を行う
(つまり、配列ではなく Enumerator を返す) ように再定義されています。

* map/collect...
... select/find_all
* reject
* grep
* take, take_while
* drop, drop_while
* slice_before, slice_after, slice_when
* chunk
* zip (※互換性のため、ブロックを渡さないケースのみlazy)

Lazy
オブジェクトは、Enumerable#lazyメソッドによって生成されます。

Lazy
...
...:Lazy#force または
Enumerable#first を呼びます。

例:

# 二乗して偶数になるような整数を、小さい方から5個表示する
p 1.step.lazy.select{|n| (n**2).even?}.first(5)
# LTSV (http://ltsv.org/) 形式のログファイルから検索を行う
# Enumerator::Lazy#...
..._map/collect_concat
* select/find_all
* reject
* grep, grep_v
* take, take_while
* drop, drop_while
* slice_before, slice_after, slice_when
* chunk
* zip (※互換性のため、ブロックを渡さないケースのみlazy)

Lazy
オブジェクトは、Enumerable#lazyメソッドによっ...
...て生成されます。

Lazy
から値を取り出すには、Enumerator::Lazy#force または
Enumerable#first を呼びます。

例:

# 二乗して偶数になるような整数を、小さい方から5個表示する
p 1.step.lazy.select{|n| (n**2).even?}.first(5)
# LTSV (http://ltsv.or...
...t_concat
* select/find_all
* reject
* grep, grep_v
* take, take_while
* drop, drop_while
* slice_before, slice_after, slice_when
* chunk, chunk_while
* uniq
* zip (※互換性のため、ブロックを渡さないケースのみlazy)

Lazy
オブジェクトは、Enumerable#lazyメソッ...
...ドによって生成されます。

Lazy
から値を取り出すには、Enumerator::Lazy#force または
Enumerable#first を呼びます。

例:

# 二乗して偶数になるような整数を、小さい方から5個表示する
p 1.step.lazy.select{|n| (n**2).even?}.first(5)
# LTSV (ht...

Enumerator::Lazy#filter {|item| ... } -> Enumerator::Lazy (3172.0)

Enumerable#select と同じですが、配列ではなくEnumerator::Lazy を返します。

...Enumerable#select と同じですが、配列ではなくEnumerator::Lazy を返します。

@raise ArgumentError ブロックを指定しなかった場合に発生します。

例:
1.step.lazy.find_all { |i| i.even? }
# => #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator: 1:step>>:find_...
...all>

1.step.lazy.select { |i| i.even? }.take(10).force
# => [2, 4, 6, 8, 10, 12, 14, 16, 18, 20]

@see Enumerable#select...

Enumerator::Lazy#find_all {|item| ... } -> Enumerator::Lazy (3172.0)

Enumerable#select と同じですが、配列ではなくEnumerator::Lazy を返します。

...Enumerable#select と同じですが、配列ではなくEnumerator::Lazy を返します。

@raise ArgumentError ブロックを指定しなかった場合に発生します。

例:
1.step.lazy.find_all { |i| i.even? }
# => #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator: 1:step>>:find_...
...all>

1.step.lazy.select { |i| i.even? }.take(10).force
# => [2, 4, 6, 8, 10, 12, 14, 16, 18, 20]

@see Enumerable#select...

絞り込み条件を変える

NEWS for Ruby 2.3.0 (24.0)

NEWS for Ruby 2.3.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...dummy) を追加

* Enumerable
* Enumerable#grep_v を追加
11049
* Enumerable#chunk_while
10769

* Enumerator::Lazy
* Enumerator::Lazy#grep_v を追加
11773

* File
* File.mkfifo
11536
* O_TMPFILE に対応する File::TMPFILE(File::Constants::TMP...
...read#name, Thread#name= を追加
11251

=== 組み込みクラスの互換性 (機能追加とバグ修正を除く)

* Array
* Array#select!, Array#keep_if, Array#reject!, Array#delete_if
ブロックが評価される度にレシーバーの配列をすぐに変更しないよ...
...モード時のアウトプットが少なくなりました。
11044
* (Linuxのみ) 標準添付ライブラリ内で、一つのFDをselect(2)で待つ箇所がなくなりました。
大きい番号のFDで遅くなり辛くなりました。
11081
11377

* CGI.esc...

NEWS for Ruby 2.2.0 (18.0)

NEWS for Ruby 2.2.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...hout_gvl family
* TRAP_BEG -> rb_thread_call_without_gvl family
* TRAP_END -> rb_thread_call_without_gvl family
* rb_thread_select -> rb_thread_fd_select
* struct rb_exec_arg : internal type. no replacement.
* rb_exec : internal function. no replacement.
* rb_exec_arg_addopt...
...した。9634
* メジャーGCにインクリメンタルマーキングを導入しました。10137
* malloc によって起きた GC で lazy sweep を有効にしました。

* VM
* Hash#[] と Hash#[]= で変更不可能な文字列リテラルを使用するようにしまし...