るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
59件ヒット [1-59件を表示] (0.016秒)

別のキーワード

  1. _builtin select
  2. _builtin select!
  3. dbm select
  4. struct select
  5. env select!

検索結果

TkSelection#get(keys = nil) (21101.0)

@todo

@todo

TkSelection.get(keys = nil) (21101.0)

@todo

@todo

Tk::Tile::TreeView#selection_get (9201.0)

@todo

@todo

TkSelection#get_owner(sel = nil) (9101.0)

@todo

@todo

TkSelection.get_on_display(win, keys = nil) (9101.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkSelection.get_owner(sel = nil) (9101.0)

@todo

@todo

TkSelection.get_owner_on_display (9101.0)

@todo

@todo

Tk::Tcllib::Widget::Swaplist_Dialog#selected (9100.0)

@todo

@todo

Tk::Tile::TreeView#selection (6101.0)

@todo

@todo

Tk::Tcllib::Widget::Swaplist_Dialog#value (6000.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (54.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...1.6 に $deferr はありません)
((<ruby-dev:20961>))

$stdin にオブジェクトを代入すると標準入力からの入力メソッド(gets 等)
はそのオブジェクトにメソッドを投げます。
(リダイレクトしなくなった点を除けば、1.6 とそれほど違...
...: ((<MatchData#captures|MatchData/captures>)) [new]

追加。((<RCR#139>))

: ((<MatchData#select|MatchData/select>)) [new]

((<MatchData>)) は、Enumerable ではありませんが、Enumerable#select
と同じメソッドが定義されました。

=== Math

: ((<Math/Math.erf>)) [new]
:...
...追加

このメソッドは initialize と同様、自動的に private method になります。

: ((<Object#instance_variable_get|Object/instance_variable_get>)) [new]
: ((<Object#instance_variable_set|Object/instance_variable_set>)) [new]

追加

: ((<Object#object_id|Object/object_id>))...

Enumerator::Lazy (40.0)

map や select などのメソッドの遅延評価版を提供するためのクラス。

...map や select などのメソッドの遅延評価版を提供するためのクラス。

動作は通常の Enumerator と同じですが、以下のメソッドが遅延評価を行う
(つまり、配列ではなく Enumerator を返す) ように再定義されています。

* map/collect...
...* flat_map/collect_concat
* select/find_all
* reject
* grep
* take, take_while
* drop, drop_while
* slice_before, slice_after, slice_when
* chunk
* zip (※互換性のため、ブロックを渡さないケースのみlazy)

Lazyオブジェクトは、Enumerable#lazyメソッドによっ...
...配列を確保しようとしてメモリを使い切ったりはしない
open("log.txt"){|f|
f.each_line.lazy.map{|line|
Hash[line.split(/\t/).map{|s| s.split(/:/, 2)}]
}.select{|hash|
hash["req"] =~ /GET/ && hash["status"] == "200"
}.each{|hash|
p hash
}
}...
...* flat_map/collect_concat
* select/find_all
* reject
* grep, grep_v
* take, take_while
* drop, drop_while
* slice_before, slice_after, slice_when
* chunk
* zip (※互換性のため、ブロックを渡さないケースのみlazy)

Lazyオブジェクトは、Enumerable#lazyメソッドに...
...* flat_map/collect_concat
* select/find_all
* reject
* grep, grep_v
* take, take_while
* drop, drop_while
* slice_before, slice_after, slice_when
* chunk, chunk_while
* uniq
* zip (※互換性のため、ブロックを渡さないケースのみlazy)

Lazyオブジェクトは、Enumerabl...

NEWS for Ruby 2.2.0 (24.0)

NEWS for Ruby 2.2.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...k -> rb_integer_pack
* rb_quad_unpack -> rb_integer_unpack
* rb_read_check : access struct FILE internal. no replacement.
* rb_struct_iv_get : internal function. no replacement.
* struct rb_blocking_region_buffer : internal type. no replacement.
* rb_thread_blocking_region_begin...
...hout_gvl family
* TRAP_BEG -> rb_thread_call_without_gvl family
* TRAP_END -> rb_thread_call_without_gvl family
* rb_thread_select -> rb_thread_fd_select
* struct rb_exec_arg : internal type. no replacement.
* rb_exec : internal function. no replacement.
* rb_exec_arg_addopt...
...BY_INTERNAL_EVENT_GC_EXIT

* rb_hash_delete() は与えられたブロックを評価しなくなりました。

* rb_extract_keywords() と rb_get_kwargs() はエクスポートされました。詳細は README.EXT を参照してください。

=== ビルドシステムの更新

* ./conf...

Socket#connect_nonblock(server_sockaddr) -> 0 (12.0)

ソケットをノンブロッキングモードに設定した後、 connect(2) を呼び出します。

...t_nonblock(sockaddr)
rescue IO::WaitWritable
IO.select(nil, [socket]) # wait 3-way handshake completion
begin
socket.connect_nonblock(sockaddr) # check connection failure
rescue Errno::EISCONN
end
end
socket.write("GET / HTTP/1.0\r\n\r\n")
results = socket.read



@para...

ruby 1.6 feature (12.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...のソケットの問題が1つ解決されたようです。(どのような問題かは
大本のメールがわかりませんでしたが、selectで読み込み可能になったのに
空配列が返されるという問題なのだそうです) ((<ruby-talk:40015>)),
((<ruby-win32:366>)...
...=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586-linux]
true
=> ruby 1.6.7 (2002-08-21) [i586-linux]
false

# : 2002-08-01 IO#read, gets ..., etc.
#
# File::NONBLOCK を指定した IO の読み込みで EWOULDBLOCK が発生すると、
# 途中まで読んだデータが失...
...ant Fcntl (NameError)
from -:2
ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586-linux]

=> ruby 1.6.7 (2002-03-15) [i586-linux]

: 2002-03-13 ((<getopts>))

refine. ((<ruby-dev:16193>)), ((<ruby-dev:16213>))

: 2002-03-11 正規表現中の 8 進コード

正規表現中の \nnn による 8...

絞り込み条件を変える