るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
180件ヒット [1-100件を表示] (0.015秒)
トップページ > クエリ:reverse[x]

別のキーワード

  1. _builtin reverse_each
  2. ipaddr reverse
  3. _builtin reverse
  4. _builtin reverse!
  5. array reverse_each

検索結果

<< 1 2 > >>

Array#reverse -> Array (18162.0)

reverse は自身の要素を逆順に並べた新しい配列を生成して返します。 reverse! は自身を破壊的に並べ替えます。 reverse! は self を返します。

...
reverse
は自身の要素を逆順に並べた新しい配列を生成して返します。
reverse
! は自身を破壊的に並べ替えます。
reverse
! は self を返します。

a = ["a", 2, true]
p a.reverse #=> [true, 2, "a"]
p a #=> ["a", 2, true] (変化なし...
...)

a = ["a", 2, true]
p a.reverse! #=> [true, 2, "a"]
p a #=> [true, 2, "a"]...

String#reverse -> String (18113.0)

文字列を文字単位で左右逆転した文字列を返します。

...文字列を文字単位で左右逆転した文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
p "foobar".reverse # => "raboof"
p "".reverse # => ""
//}...

IPAddr#reverse -> String (18107.0)

DNS 逆引きのための文字列を返します。 IPv6 なら 3172 で定義された形式で返します。

...の文字列を返します。
IPv6 なら 3172 で定義された形式で返します。

例:

require "ipaddr"
p IPAddr.new("192.168.0.1").reverse # => "1.0.168.192.in-addr.arpa"...

Array#reverse! -> self (6162.0)

reverse は自身の要素を逆順に並べた新しい配列を生成して返します。 reverse! は自身を破壊的に並べ替えます。 reverse! は self を返します。

...
reverse
は自身の要素を逆順に並べた新しい配列を生成して返します。
reverse
! は自身を破壊的に並べ替えます。
reverse
! は self を返します。

a = ["a", 2, true]
p a.reverse #=> [true, 2, "a"]
p a #=> ["a", 2, true] (変化なし...
...)

a = ["a", 2, true]
p a.reverse! #=> [true, 2, "a"]
p a #=> [true, 2, "a"]...

BasicSocket#do_not_reverse_lookup -> bool (6137.0)

ソケットごとのアドレスからホスト名への逆引きの設定を返します。

...たときの
BasicSocket.do_not_reverse_lookup の値になります。

require 'socket'

BasicSocket.do_not_reverse_lookup = false
TCPSocket.open("www.ruby-lang.org", 80) {|sock|
p sock.do_not_reverse_lookup # => false
}
BasicSocket.do_not_reverse_lookup = true
TCPSocket.open(...
..."www.ruby-lang.org", 80) {|sock|
p sock.do_not_reverse_lookup # => true
}

@see BasicSocket#do_not_reverse_lookup=...

絞り込み条件を変える

BasicSocket.do_not_reverse_lookup=(bool) (6123.0)

BasicSocket#do_not_reverse_lookup の値を変更します。

...BasicSocket#do_not_reverse_lookup の値を変更します。

@param bool この値が真ならアドレスからホスト名への逆引きを行わなくなります。

例:

require 'socket'

p TCPSocket.new('localhost', 'telnet').addr
TCPSocket.do_not_reverse_lookup = true
p TCPSock...

Enumerable#reverse_each -> Enumerator (6120.0)

逆順に各要素に対してブロックを評価します。

...します。

内部で各要素を保持した配列を作ります。

ブロックを省略した場合は、各要素を逆順に辿る
Enumerator を返します。

例:
(1..3).reverse_each # => #<Enumerator: 1..3:reverse_each>
(1..3).reverse_each { |v| p v }
# => 3
# 2
# 1...

Enumerable#reverse_each {|element| ... } -> self (6120.0)

逆順に各要素に対してブロックを評価します。

...します。

内部で各要素を保持した配列を作ります。

ブロックを省略した場合は、各要素を逆順に辿る
Enumerator を返します。

例:
(1..3).reverse_each # => #<Enumerator: 1..3:reverse_each>
(1..3).reverse_each { |v| p v }
# => 3
# 2
# 1...

BasicSocket.do_not_reverse_lookup -> bool (6117.0)

Socket#do_not_reverse_lookup の Socket オブジェクト生成時の デフォルト値を返します。

...Socket#do_not_reverse_lookup の Socket オブジェクト生成時の
デフォルト値を返します。

この設定は大域的に作用します。

デフォルトは true です。...

Array#reverse_each -> Enumerator (6114.0)

各要素に対して逆順にブロックを評価します。

...素に対して逆順にブロックを評価します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身と reverse_each から生成した
Enumerator オブジェクトを返します。

a = [ "a", "b", "c" ]
a.reverse_each {|x| print x, " " }
# => c b a

@see Array#each...

絞り込み条件を変える

Array#reverse_each {|item| ... } -> self (6114.0)

各要素に対して逆順にブロックを評価します。

...素に対して逆順にブロックを評価します。

ブロックが与えられなかった場合は、自身と reverse_each から生成した
Enumerator オブジェクトを返します。

a = [ "a", "b", "c" ]
a.reverse_each {|x| print x, " " }
# => c b a

@see Array#each...

BasicSocket#do_not_reverse_lookup=(bool) (6107.0)

アドレスからホスト名への逆引きの設定をソケットごとに設定します。

...します。

@param bool この値が真ならアドレスからホスト名への逆引きを行わなくなります。
@see BasicSocket#do_not_reverse_lookup...

OpenSSL::SSL::SocketForwarder#do_not_reverse_lookup=(bool) (6107.0)

真を渡すとアドレスからホスト名への逆引きを行わなくなります。

...真を渡すとアドレスからホスト名への逆引きを行わなくなります。

BasicSocket#do_not_reverse_lookup と同様です。

@param bool 真で逆引きを抑制します...

String#reverse! -> self (6107.0)

文字列を文字単位で左右逆転します。

...文字列を文字単位で左右逆転します。

//emlist[例][ruby]{
str = "foobar"
str.reverse!
p str # => "raboof"
//}...

Gem::Commands::DependencyCommand#find_reverse_dependencies(spec) -> Array (6101.0)

与えられた Gem スペックに依存する Gem のリストを返します。

与えられた Gem スペックに依存する Gem のリストを返します。

@param spec Gem::Specification のインスタンスを指定します。

絞り込み条件を変える

void FL_REVERSE(VALUE x, int f) (6100.0)

x のフラグ f を反転する。

x のフラグ f を反転する。

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (24.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...そうです ((<ruby-dev:12506>))。

: ((<Array#reverse!|Array/reverse!>)) [change]

サイズが 1 以下の配列に対して以前は nil を返していましたが、self を
返すようになりました。((<String#reverse!|String/reverse!>)) の挙動と
同じです。((<ruby-dev:20...
<< 1 2 > >>