るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
151件ヒット [1-100件を表示] (0.020秒)
トップページ > クエリ:printf[x] > ライブラリ:ビルトイン[x]

別のキーワード

  1. _builtin printf
  2. kernel printf
  3. stringio printf
  4. io printf
  5. zlib printf

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

Kernel.#printf(format, *arg) -> nil (18168.0)

C 言語の printf と同じように、format に従い引数を文字列に変 換して port に出力します。

...C 言語の printf と同じように、format に従い引数を文字列に変
換して port に出力します。

port を省略した場合は標準出力 $stdout に出力します。

引数を 1 つも指定しなければ何もしません。

Ruby における format 文字列の拡張...
...については
Kernel.#sprintfの項を参照してください。

@param port 出力先になるIO のサブクラスのインスタンスです。
@param format フォーマット文字列です。
@param arg フォーマットされる引数です。
@raise ArgumentError port を指定したの...
...た場合に発生します。

printf
("calculate%3s%-6s%.15f", 'PI', '...', Math::PI)
#=> calculate PI... 3.141592653589793

printf
("%d %04x", 123, 123) #=> "123 007b"
printf
("%08b '%4s'", 123, 123) #=> "01111011 ' 123'"
printf
("%1$*2$s %2$d %1$s", "hello",...

Kernel.#printf(port, format, *arg) -> nil (18168.0)

C 言語の printf と同じように、format に従い引数を文字列に変 換して port に出力します。

...C 言語の printf と同じように、format に従い引数を文字列に変
換して port に出力します。

port を省略した場合は標準出力 $stdout に出力します。

引数を 1 つも指定しなければ何もしません。

Ruby における format 文字列の拡張...
...については
Kernel.#sprintfの項を参照してください。

@param port 出力先になるIO のサブクラスのインスタンスです。
@param format フォーマット文字列です。
@param arg フォーマットされる引数です。
@raise ArgumentError port を指定したの...
...た場合に発生します。

printf
("calculate%3s%-6s%.15f", 'PI', '...', Math::PI)
#=> calculate PI... 3.141592653589793

printf
("%d %04x", 123, 123) #=> "123 007b"
printf
("%08b '%4s'", 123, 123) #=> "01111011 ' 123'"
printf
("%1$*2$s %2$d %1$s", "hello",...

IO#printf(format, *arg) -> nil (18143.0)

C 言語の printf と同じように、format に従い引数 を文字列に変換して、self に出力します。

...C 言語の printf と同じように、format に従い引数
を文字列に変換して、self に出力します。

第一引数に IO を指定できないこと、引数を省略できないことを除けば Kernel.#printf と同じです。

@param format Kernel.#printf と同じです。p...
...rint_format を参照してください。

@param arg Kernel.#printf と同じです。

@raise IOError 自身が書き込み用にオープンされていなければ発生します。

@raise Errno::EXXX 出力に失敗した場合に発生します。


@see Kernel.#printf...

ARGF.class#printf(format, *arg) -> nil (18125.0)

C 言語の printf と同じように、format に従い引数を 文字列に変換して処理対象のファイルに出力します。

...C 言語の printf と同じように、format に従い引数を
文字列に変換して処理対象のファイルに出力します。

c:ARGF#inplace時にのみ使用できます。
また $stdout への代入の影響を受けません。
それ以外は出力先を指定しない形式の K...

Kernel.#sprintf(format, *arg) -> String (3108.0)

format 文字列を C 言語の sprintf と同じように解釈し、 引数をフォーマットした文字列を返します。

...を C 言語の sprintf と同じように解釈し、
引数をフォーマットした文字列を返します。

@param format フォーマット文字列です。
@param arg フォーマットされる引数です。
@see Kernel.#printf,Time#strftime,Date.strptime

=== sprintf フォーマッ...
...sprintf フォーマットは基本的に C 言語の sprintf(3)
のものと同じです。ただし、short や long などの C 特有の型に対する修飾子が
ないこと、2進数の指示子(%b, %B)が存在すること、sprintf のすべての方言をサ
ポートしていないこ...
...うな表示をします。絶対値に符号を付けた形式
で出力するためには %+x、% x のように指定します。


以下は sprintf フォーマットの書式です。[] で囲まれた部分は省略可
能であることを示しています。

%[nth$][フラグ][幅][.精...

絞り込み条件を変える

String#%(args) -> String (18.0)

printf と同じ規則に従って args をフォーマットします。

...
printf
と同じ規則に従って args をフォーマットします。

args が配列であれば Kernel.#sprintf(self, *args) と同じです。
それ以外の場合は Kernel.#sprintf(self, args) と同じです。

@param args フォーマットする値、もしくはその配列
@retu...
..."
//}

=== sprintf フォーマット

Ruby の sprintf フォーマットは基本的に C 言語の sprintf(3)
のものと同じです。ただし、short や long などの C 特有の型に対する修飾子が
ないこと、2進数の指示子(%b, %B)が存在すること、sprintf のすべ...
...うな表示をします。絶対値に符号を付けた形式
で出力するためには %+x、% x のように指定します。


以下は sprintf フォーマットの書式です。[] で囲まれた部分は省略可
能であることを示しています。

%[nth$][フラグ][幅][.精...

File::Stat#grpowned? -> bool (14.0)

グループIDが実効グループIDと等しい時に真を返します。

...効グループIDと等しい時に真を返します。

補助グループIDは考慮されません。

printf
"%s %s\n", $:[0], File::Stat.new($:[0]).grpowned?
#例
#=> /usr/local/lib/site_ruby/1.8 false
printf
"%s %s\n", $0, File::Stat.new($0).grpowned?
#例
#=> filestat.rb true...

Array#pack(template) -> String (8.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...98, 121].pack("c*") # => "Ruby"

s = ""
[82, 117, 98, 121].each {|c| s << c}
s # => "Ruby"

[82, 117, 98, 121].collect {|c| sprintf "%c", c}.join # => "Ruby"

[82, 117, 98, 121].inject("") {|s, c| s << c} # => "Ruby"
//}

: 文字列を数値(文字コード)の配列...
...アドレ
ス(のバイナリ表現)です。以下のようにすれば見慣れた表記で見ること
が出来ます
//emlist[][ruby]{
printf
"%#010x\n", "8\266\021\010".unpack("L")[0] # => 0x0811b638
//}

アドレスが指す先のオブジェクト(この例で "foo\0") は、pack...

Array#pack(template, buffer: String.new) -> String (8.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...98, 121].pack("c*") # => "Ruby"

s = ""
[82, 117, 98, 121].each {|c| s << c}
s # => "Ruby"

[82, 117, 98, 121].collect {|c| sprintf "%c", c}.join # => "Ruby"

[82, 117, 98, 121].inject("") {|s, c| s << c} # => "Ruby"
//}

: 文字列を数値(文字コード)の配列...
...アドレ
ス(のバイナリ表現)です。以下のようにすれば見慣れた表記で見ること
が出来ます
//emlist[][ruby]{
printf
"%#010x\n", "8\266\021\010".unpack("L")[0] # => 0x0811b638
//}

アドレスが指す先のオブジェクト(この例で "foo\0") は、pack...

Bignum#<<(bits) -> Fixnum | Bignum (8.0)

シフト演算子。bits だけビットを左にシフトします。

...シフト演算子。bits だけビットを左にシフトします。

@param bits シフトさせるビット数

printf
("%#b\n", 0b0101 << 1) #=> 0b1010
p -1 << 1 #=> -2...

絞り込み条件を変える

Bignum#>>(bits) -> Fixnum | Bignum (8.0)

シフト演算子。bits だけビットを右にシフトします。

...フトします。

右シフトは、符号ビット(最上位ビット(MSB))が保持されます。
bitsが実数の場合、小数点以下を切り捨てた値でシフトします。

@param bits シフトさせるビット数

printf
("%#b\n", 0b0101 >> 1) #=> 0b10
p -1 >> 1 #=> -1...

File::Stat#mode -> Integer (8.0)

ファイルモードを返します。

...ファイルモードを返します。

fs = File::Stat.new($0)
printf
"%o\n", fs.mode
#例
#=> 100644...

File::Stat#owned? -> bool (8.0)

自分のものである時に真を返します。

...自分のものである時に真を返します。

printf
"%s %s\n", $:[0], File::Stat.new($:[0]).owned?
#例
#=> /usr/local/lib/site_ruby/1.8 false...

File::Stat#socket? -> bool (8.0)

ソケットの時に真を返します。

...ソケットの時に真を返します。

Dir.glob("/tmp/*"){|file|
if File::Stat.new(file).socket?
printf
"%s\n", file
end
}
#例
#=> /tmp/uimhelper-hogehoge
#......

Fixnum#<<(bits) -> Fixnum | Bignum (8.0)

シフト演算子。bits だけビットを左にシフトします。

...シフト演算子。bits だけビットを左にシフトします。

@param bits シフトさせるビット数

printf
("%#b\n", 0b0101 << 1) #=> 0b1010
p -1 << 1 #=> -2...

絞り込み条件を変える

Fixnum#>>(bits) -> Fixnum | Bignum (8.0)

シフト演算子。bits だけビットを右にシフトします。

...フトします。

右シフトは、符号ビット(最上位ビット(MSB))が保持されます。
bitsが実数の場合、小数点以下を切り捨てた値でシフトします。

@param bits シフトさせるビット数

printf
("%#b\n", 0b0101 >> 1) #=> 0b10
p -1 >> 1 #=> -1...

Float (8.0)

浮動小数点数のクラス。Float の実装は C 言語の double で、その精度は環 境に依存します。

...ngineers: 米国電気電子技術者協会) 754 を参照してください。

//emlist[あるシステムでの 1/3(=0.333...) の結果][ruby]{
printf
("%.50f\n", 1.0/3)
# => 0.33333333333333331482961625624739099293947219848633
//}

Math::PI などの数学定数については Math を
参照...

Float#next_float -> Float (8.0)

浮動小数点数で表現可能な self の次の値を返します。

...723475976807e-18
p 1.0.next_float - 1.0 # => 2.220446049250313e-16
p 100.0.next_float - 100.0 # => 1.4210854715202004e-14

f = 0.01; 20.times { printf "%-20a %s\n", f, f.to_s; f = f.next_float }
# => 0x1.47ae147ae147bp-7 0.01
# 0x1.47ae147ae147cp-7 0.010000000000000002
# 0x1.47ae147ae147dp...

Float#prev_float -> Float (8.0)

浮動小数点数で表現可能な self の前の値を返します。

...23475976807e-18
p 1.0 - 1.0.prev_float # => 1.1102230246251565e-16
p 100.0 - 100.0.prev_float # => 1.4210854715202004e-14

f = 0.01; 20.times { printf "%-20a %s\n", f, f.to_s; f = f.prev_float }
# => 0x1.47ae147ae147bp-7 0.01
# 0x1.47ae147ae147ap-7 0.009999999999999998
# 0x1.47ae147ae1479p...

Integer#<<(bits) -> Integer (8.0)

シフト演算子。bits だけビットを左にシフトします。

...シフト演算子。bits だけビットを左にシフトします。

@param bits シフトさせるビット数

例:

printf
("%#b\n", 0b0101 << 1) # => 0b1010
p -1 << 1 # => -2...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>