るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
108件ヒット [1-100件を表示] (0.018秒)

別のキーワード

  1. socket msg_peek
  2. strscan peek
  3. _builtin peek
  4. enumerator peek
  5. pullparser peek

検索結果

<< 1 2 > >>

static int peek(int c) (38100.0)

現在読み込み中のプログラムの次の文字が c ならば真。

現在読み込み中のプログラムの次の文字が c ならば真。

StringScanner#peek(bytes) -> String (18167.0)

スキャンポインタから長さ bytes バイト分だけ文字列を返します。

...canner.new('test string')
s.peek(4) # => "test"

また、このメソッドを実行してもスキャンポインタは移動しません。

StringScanner#peep は将来のバージョンでは削除される予定です。
代わりに StringScanner#peek を使ってください。

@par...
...使用例
require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')
p s.peek(4) # => "test"
p s.peek(20) # => "test string"
p s.peek(0) # => ""
begin
s.peek(-1)
rescue ArgumentError => err
puts err # negative string size (or siz...
...g"
p s.peek(4) # => ""

# このメソッドを実行してもスキャンポインタは移動しません。

s = StringScanner.new('test string')
p s.peek(4) # => "test"
p s.peek(4) # => "test"
p s.scan(/\w+/) # => "test"
p s.peek(4) # =>...

Enumerator#peek -> object (18125.0)

「次」のオブジェクトを返しますが、列挙状態を変化させません。

...enum
p e.next #=> 1
p e.peek #=> 2
p e.peek #=> 2
p e.peek #=> 2
p e.next #=> 2
p e.next #=> 3
p e.next #raises StopIteration

@raise StopIteration 列挙状態が既に最後へ到達しているとき
@see Enumerator#next, Enumerator#next_values, Enumerator#peek_values...

REXML::Parsers::PullParser#peek(depth = 0) -> REXML::Parsers::PullEvent | nil (18101.0)

イベントキューの先頭から depth 番目のイベントを取り出します。

イベントキューの先頭から depth 番目のイベントを取り出します。

一番先頭のイベントは 0 で表します。

このメソッドでは列そのものの状態は変化しません。

先頭から depth 番目のイベントが存在しない(XML文書の末尾の
さらに先を見ようとした場合)は nil を返します。

@param depth 先頭から depth 番目のイベントを取り出します

@raise REXML::ParseException XML文書のパースに失敗した場合に発生します
@raise REXML::UndefinedNamespaceException XML文書のパース中に、定義されていない...

Enumerator#peek_values -> Array (6137.0)

Enumerator#next_values のように「次」のオブジェクトを 配列で返しますが、列挙状態を変化させません。

...def o.each
yield
yield 1
yield 1, 2
end
e = o.to_enum
p e.peek_values #=> []
e.next
p e.peek_values #=> [1]
p e.peek_values #=> [1]
e.next
p e.peek_values #=> [1, 2]
e.next
p e.peek_values # raises StopIteration

@raise StopIteration 列挙状態が既...
...に最後へ到達しているとき
@see Enumerator#next, Enumerator#next_values, Enumerator#peek_values...

絞り込み条件を変える

Socket::Constants::MSG_PEEK -> Integer (6117.0)

Peek at incoming message。

...Peek at incoming message。

BasicSocket#send, BasicSocket#sendmsg,
BasicSocket#recv, BasicSocket#recvmsg の
flags 引数に用います。

@see sys/socket.h(header),
send(2), sendto(2), sendmsg(2),
recv(2), recvfrom(2), recvmsg(2),
send(2linux), recv(2linux),
send(2freebsd), r...

Socket::MSG_PEEK -> Integer (6117.0)

Peek at incoming message。

...Peek at incoming message。

BasicSocket#send, BasicSocket#sendmsg,
BasicSocket#recv, BasicSocket#recvmsg の
flags 引数に用います。

@see sys/socket.h(header),
send(2), sendto(2), sendmsg(2),
recv(2), recvfrom(2), recvmsg(2),
send(2linux), recv(2linux),
send(2freebsd), r...

Coverage.peek_result -> Hash (6101.0)

測定途中結果をファイル名をキー、各行の実行回数を配列にした値のハッシュを返 します。空行やコメントのみの行などの測定結果は nil になります。

測定途中結果をファイル名をキー、各行の実行回数を配列にした値のハッシュを返
します。空行やコメントのみの行などの測定結果は nil になります。

@return 測定途中結果を表すハッシュ

@raise RuntimeError Coverage.start を実行する前に実行された場合に
発生します。

@see Coverage.result

StringScanner#peep(bytes) -> String (3067.0)

スキャンポインタから長さ bytes バイト分だけ文字列を返します。

...canner.new('test string')
s.peek(4) # => "test"

また、このメソッドを実行してもスキャンポインタは移動しません。

StringScanner#peep は将来のバージョンでは削除される予定です。
代わりに StringScanner#peek を使ってください。

@par...
...使用例
require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')
p s.peek(4) # => "test"
p s.peek(20) # => "test string"
p s.peek(0) # => ""
begin
s.peek(-1)
rescue ArgumentError => err
puts err # negative string size (or siz...
...g"
p s.peek(4) # => ""

# このメソッドを実行してもスキャンポインタは移動しません。

s = StringScanner.new('test string')
p s.peek(4) # => "test"
p s.peek(4) # => "test"
p s.scan(/\w+/) # => "test"
p s.peek(4) # =>...

BasicSocket#recv(maxlen, flags = 0) -> String (22.0)

ソケットからデータを受け取り、文字列として返します。 maxlen は受け取る最大の長さを指定します。 flags については recv(2) を参照してください。flags の デフォルト値は 0 です。flags の指定に必要な定数は Socket クラスで定義されています。(例: Socket::MSG_PEEK)

...。flags の
デフォルト値は 0 です。flags の指定に必要な定数は
Socket クラスで定義されています。(例: Socket::MSG_PEEK)

内部で呼び出す recv(2) が 0 を返した場合、このメソッドは "" を返します。
この意味はソケットによって異な...
...raise Errno::EXXX recvfrom(2) がエラーになった場合などに発生します。

例:

require 'socket'

s1, s2 = UNIXSocket.pair
s1.write "a"
s1.close
p s2.recv(10, Socket::MSG_PEEK) #=> "a"
p s2.recv(10) #=> "a"
p s2.recv(10) #=> ""...

絞り込み条件を変える

Enumerator#next_values -> Array (12.0)

「次」のオブジェクトを配列で返します。

...[1] 1
# yield 1, 2 [1, 2] [1, 2]
# yield nil [nil] nil
# yield [1, 2] [[1, 2]] [1, 2]

@raise StopIteration 列挙状態が既に最後へ到達しているとき
@see Enumerator#next, Enumerator#peek, Enumerator#peek_values...

Net::IMAP::FetchData#attr -> { String => object } (12.0)

各メッセージのアトリビュートの値をハッシュテーブルで返します。

...tipart
のいずれか。
: BODY[<section>]<<partial>>
section で指定されたセクションのボディの内容。文字列。
: BODY.PEEK[<section>]<<partial>>
section で指定されたセクションのメッセージボディの内容。文字列。
ただしこれで内容...
...ている。
: INTERNALDATE
メッセージの内部日付。文字列。
: RFC822
BODY[] と同じ。文字列。
: RFC822.HEADER
BODY.PEEK[HEADER] と同じ。文字列。
: RFC822.SIZE
メッセージの 822 サイズ。整数。
: RFC822.TEXT
BODY[TEXT] と同じ。文字列...

Coverage.result -> Hash (6.0)

測定結果をファイル名をキー、各行の実行回数を配列にした値のハッシュを返 します。空行やコメントのみの行などの測定結果は nil になります。result メソッドが実行された後はカバレッジの測定を行いません。

...l になります。result
メソッドが実行された後はカバレッジの測定を行いません。

@return 測定結果を表すハッシュ

@raise RuntimeError Coverage.start を実行する前に実行された場合に
発生します。

@see Coverage.peek_result...

Coverage.running? -> bool (6.0)

カバレッジ測定中かどうかを返します。

...うかを返します。

require 'coverage'
p Coverage.running? #=> false
Coverage.start
p Coverage.running? #=> true
p Coverage.peek_result #=> {}
p Coverage.running? #=> true
p Coverage.result #=> {}
p Coverage.running? #=> false...

NEWS for Ruby 2.3.0 (6.0)

NEWS for Ruby 2.3.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...なりました。

=== 標準添付ライブラリの互換性 (機能追加とバグ修正を除く)

* ext/coverage/coverage.c
* Coverage.peek_result を追加。カバレッジツールを停止することなくカバレッジに関する情報を取得することができます。...

絞り込み条件を変える

REXML::Parsers::PullEvent (6.0)

REXML::Parsers::PullParser で使われるパース結果を表すイベントクラス。

...s::PullParser で使われるパース結果を表すイベントクラス。

REXML::Parsers::PullParser#pull および
REXML::Parsers::PullParser#peek がこのクラスのオブジェクトを返します。...

ruby 1.8.2 feature (6.0)

ruby 1.8.2 feature ruby 1.8.2 での ruby 1.8.1 からの変更点です。

...43>))

=== 2004-02-18
: StringScanner#peep [lib] [obsolete]
$VERVOSE が設定されている時に警告がでるようになりました。use #peek.
: StringScanner#empty? [lib] [obsolete]
$VERVOSE が設定されている時に警告がでるようになりました。use #eos?.
: StringScan...
<< 1 2 > >>