るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
94件ヒット [1-94件を表示] (0.025秒)
トップページ > クエリ:path[x] > クエリ:delete[x]

別のキーワード

  1. _builtin path
  2. pathname to_path
  3. _builtin absolute_path
  4. pstore path
  5. csv path

検索結果

Pathname#delete -> 0 (21101.0)

self が指すディレクトリあるいはファイルを削除します。

self が指すディレクトリあるいはファイルを削除します。

Net::HTTP#delete(path, initheader = nil) -> Net::HTTPResponse (18246.0)

サーバの path に DELETE リクエストを ヘッダを initheader として送ります。

...サーバの path DELETE リクエストを
ヘッダを initheader として送ります。

レスポンスを Net::HTTPResponse のオブジェクト
で返します。

@param path リクエストを送るパスを文字列で与えます。
@param initheader リクエストのヘッダを...
...「文字列=>文字列」の
ハッシュで与えます。

@see Net::HTTP::Delete...

Dir.delete(path) -> 0 (18216.0)

ディレクトリを削除します。ディレクトリは空でなければいけませ ん。ディレクトリの削除に成功すれば 0 を返します。

...レクトリは空でなければいけませ
ん。ディレクトリの削除に成功すれば 0 を返します。

@param path ディレクトリのパスを文字列で指定します。

@raise Errno::EXXX 失敗した場合に発生します。

例:

Dir.delete("/tmp/hoge-jbrYBh.tmp")...

Tempfile#delete -> self (18107.0)

テンポラリファイルをクローズせずに、削除します。 UNIXライクなシステムでは、 作成したテンポラリファイルが他のプログラムに使用される機会をなくすために、 テンポラリファイルを作成しオープンした後、 すぐに削除するということがしばしばおこなわれます。

...ンポラリファイルを作成しオープンした後、
すぐに削除するということがしばしばおこなわれます。


require "tempfile"
tf = Tempfile.new("foo")
tf.unlink
p tf.path # => nil
tf.print("foobar,hoge\n")
tf.rewind
p tf.gets("\n") # => "foobar,hoge\n"...

REXML::Elements#delete_all(xpath) -> [REXML::Element] (6207.0)

xpath で指定した XPath 文字列にマッチする要素をすべて取り除きます。

...xpath で指定した XPath 文字列にマッチする要素をすべて取り除きます。

@param xpath 取り除く要素を指し示す XPath 文字列
=== 例
require 'rexml/document'
doc = REXML::Document.new('<a><c/><c/><c/><c/></a>')
doc.elements.delete_all("a/c") # => [<c/>, <c/>,...

絞り込み条件を変える

Pathname#unlink -> 0 (6001.0)

self が指すディレクトリあるいはファイルを削除します。

self が指すディレクトリあるいはファイルを削除します。

Dir.rmdir(path) -> 0 (3116.0)

ディレクトリを削除します。ディレクトリは空でなければいけませ ん。ディレクトリの削除に成功すれば 0 を返します。

...レクトリは空でなければいけませ
ん。ディレクトリの削除に成功すれば 0 を返します。

@param path ディレクトリのパスを文字列で指定します。

@raise Errno::EXXX 失敗した場合に発生します。

例:

Dir.delete("/tmp/hoge-jbrYBh.tmp")...

Dir.unlink(path) -> 0 (3116.0)

ディレクトリを削除します。ディレクトリは空でなければいけませ ん。ディレクトリの削除に成功すれば 0 を返します。

...レクトリは空でなければいけませ
ん。ディレクトリの削除に成功すれば 0 を返します。

@param path ディレクトリのパスを文字列で指定します。

@raise Errno::EXXX 失敗した場合に発生します。

例:

Dir.delete("/tmp/hoge-jbrYBh.tmp")...

Tempfile#unlink -> self (3007.0)

テンポラリファイルをクローズせずに、削除します。 UNIXライクなシステムでは、 作成したテンポラリファイルが他のプログラムに使用される機会をなくすために、 テンポラリファイルを作成しオープンした後、 すぐに削除するということがしばしばおこなわれます。

...ンポラリファイルを作成しオープンした後、
すぐに削除するということがしばしばおこなわれます。


require "tempfile"
tf = Tempfile.new("foo")
tf.unlink
p tf.path # => nil
tf.print("foobar,hoge\n")
tf.rewind
p tf.gets("\n") # => "foobar,hoge\n"...

ruby 1.8.4 feature (54.0)

ruby 1.8.4 feature ruby 1.8.4 での ruby 1.8.3 からの変更点です。

...5 NAKAMURA Usaku <usa@ruby-lang.org>
#
# * file.c (rb_file_s_basename): skip slashes just after UNC top slashes.
#
# * test/ruby/test_path.rb (test_dirname, test_basename): follow new
# spec. and add new tests.

UNCパスに対するFile.dirname・File.basename・File.split...
...* file.c (rb_file_s_dirname): added checks for some patterns with drive
# letter. fixed: [ruby-dev:27738]
#
# * test/ruby/test_path.rb (test_dirname): added tests for above
# patterns.

ドライブレターを含むパスに対するFile.dirnameの問題を修正し...
...ec 7 01:02:04 2005 Hidetoshi NAGAI <nagai@ai.kyutech.ac.jp>
#
# * ext/tk/tcltklib.c: fix bug on switching threads and waiting on the
# deleted interpreter on vwait and tkwait command.

削除された Tk インタープリタに対して vwait や tkwait での処理待ちを...

絞り込み条件を変える

NEWS for Ruby 2.5.0 (48.0)

NEWS for Ruby 2.5.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...になりました 11286

* File
* File.open :newline オプションを指定するとテキストモードになります 13350
* File#path はFile::Constants::TMPFILE付きで開いたファイルに対して IOError を発生させます
13568
* File.stat, File.exist? など...
...* String#start_with? は正規表現を受け取れるようになりました 13712
* String#delete_prefix, String#delete_prefix! を追加 12694
* String#delete_suffix, String#delete_suffix! を追加 13665
* String#each_grapheme_cluster, String#grapheme_clusters を追加。結...
...んでから、Coverage.resultを使って結果を取得することができます。
//emlist[][ruby]{
Coverage.result
#=> { "/path/to/file.rb"=>
# { :lines => [1, 2, 0, nil, ...],
# :branches =>
# { [:if, 0, 2, 1, 6, 4] =>
#...

ruby 1.6 feature (48.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...リロードの実行速度が低下するのだそ
うです) ((<ruby-dev:18145>))

: 2002-08-20 File.expand_path

Cygwin 1.3.x ((<ruby-bugs-ja:PR#299>))

p File.expand_path('file', 'c:/')

=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586-linux]
/tmp/c:/file
=> ruby 1.6.7 (20...
...net/protocol は削除される方向にあるようで、その準備時に
エンバグしたそうです。

: 2002-03-20 ((<File/File.expand_path>))

メモリの解放洩れがありました。((<ruby-bugs:PR#276>))

: 2002-03-18 文字列リテラル

漢字コードの扱いが #{..}...
...Abortしていました。((<ruby-dev:13432>))

h = { 10 => 100, 20 => 200 }
h2 = { }

h.each { |k, v|
if (k == 10)
h.delete(10)
h2.replace(h) # => Abort core dumped
end
}

: $SAFE / ((<File>)).unlink

File.unlink は引数が汚染されてなくて...

cgi (24.0)

CGI プログラムの支援ライブラリです。

...] = ["value"] # 新しいパラメータを加える
cgi.params['field_name'] = ["new_value"] # パラメータの値を変える
cgi.params.delete('field_name') # パラメータを消去
cgi.params.clear # 全パラメータを消去

==== フォームフ...
...場合は StringIOオブジェクト)
value.read # 本文(送られてきたファイルの中身)
value.local_path # ローカルファイルのパス
value.original_filename # 元の名前
value.content_type...
...のような環境変数には以下のものがあります。

* AUTH_TYPE
* CONTENT_LENGTH
* CONTENT_TYPE
* GATEWAY_INTERFACE
* PATH_INFO
* PATH_TRANSLATED
* QUERY_STRING
* REMOTE_ADDR
* REMOTE_HOST
* REMOTE_IDENT
* REMOTE_USER
* REQUEST_METHOD
* SCRIPT_NAME
* SERVER_N...

ruby 1.8.3 feature (18.0)

ruby 1.8.3 feature *((<ruby 1.8 feature>)) *((<ruby 1.8.2 feature>))

...-e:1:in `join': can't convert Fixnum into String (TypeError)
from -e:1

=== 2005-09-16
: File.extname [ruby] [compat]

与えられた pathname がピリオドで終る場合、ピリオドではなく空の文字列を返すようになりました。

$ ruby-1.8.2 -e 'p File.extn...
...

: net/http [lib] [new]

WebDAV のメソッドをサポートするようになりました。
PROPPATCH, LOCK, UNLOCK, OPTIONS, PROPFIND, DELETE, MOVE, COPY, MKCOL。

: Net::HTTPRequest#body_exist? [lib] [obsolete]
: Net::HTTPResponse#response [lib] [obsolete]
: Net::HTTPResponse#he...
...そちらを優先して使うようになりました。
((<ruby-dev:26235>))

=== 2005-05-27
: mkmf [lib] [bug]
MSYS 環境下において、PATHの区切り値にセミコロンを使うよう修正しました。((<ruby-dev:26232>))

=== 2005-05-24
: getopts [lib] [obsolete]
getopts が de...

ruby 1.9 feature (12.0)

ruby 1.9 feature ruby version 1.9.0 は開発版です。 以下にあげる機能は将来削除されたり互換性のない仕様変更がなされるかもしれません。 1.9.1 以降は安定版です。 バグ修正がメインになります。

...{:sym => val} を {sym: val} のように書くことができるようになりました。

=== 2004-03-12

: File.fnmatch [change]
File::FNM_PATHNAME がセットされている場合、**/ が */ の繰り返しとして働くようになりました。
((<ruby-dev:22901>))

: File.fnmatch...
...TPRequest#body_stream(=) [lib] [new]

=== 2004-03-05
: net/http [lib] [new]
support WebDAV methods, PROPPATCH, LOCK, UNLOCK, OPTIONS, PROPFIND,
DELETE
, MOVE, COPY, MKCOL.

: Net::HTTPResponse#response [lib] [obsolete]
: Net::HTTPResponse#header [lib] [obsolete]
: Net::HTTPResponse#read_header [...
...stemStackError が StandardError ではなく Exception の直下になりました。
((<ruby-talk:89782>))

=== 2004-01-13
: Pathname#world_readable? [lib] [new]
: Pathname#world_writable? [lib] [new]

: File::Stat#world_readable? [ruby] [new]
: File::Stat#world_writable? [ruby] [new]

=== 200...

絞り込み条件を変える

webrick/cgi (12.0)

一般の CGI 環境で webrick ライブラリのサーブレットと同じように CGI スクリプトを書くための ライブラリです。サーバが WEBrick でなくても使うことが出来ます。

...= "hoge\n"
res.body = ret
end
end

MyCGI.new.start()

==== do_XXX メソッド

do_XXX メソッドの XXX には GET, HEAD, POST, PUT, DELETE, OPTIONS が使用できます。

WEBrick::CGI のサブクラスで定義された do_XXX メソッドは WEBrick::CGI#service メソッド
...
...できます。

require "webrick/cgi"
class MyCGI < WEBrick::CGI
def do_GET(req, res)
req.content_length
req.content_type
req.path_info
req.query_string
req.peeraddr
req.host
req.user
req.request_method
req.script_name
req.port
end
end
MyC...

セキュリティモデル (12.0)

セキュリティモデル RubyにはCGI等のプログラミングを安全に行うことを助ける為に、セキュリティ 機構が備わっています。

...や環境変数、コマンドライン引数(ARGV)から得られた文字列

$ ruby -e 'p ARGV[0].tainted?' hoge
true

環境変数PATHだけは例外で、値に危険なパスを含む場合のみ汚染されます。

ここでは危険なパスとは誰でも変更/書き込...
...

* Dir.chdir Dir.chroot Dir.mkdir Dir.rmdir
* File.chown File.chmod File.umask File.truncate
File#lstat File#chmod File#chown File.delete File.unlink
File#truncate File#flock
および FileTest モジュールのメソッド
* IO#ioctl, IO#fcntl
* Process.fork Process....