るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1914件ヒット [1-100件を表示] (0.036秒)

別のキーワード

  1. _builtin max
  2. socket af_max
  3. socket pf_max
  4. socket eai_max
  5. socket ipproto_max

ライブラリ

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Array#max -> object | nil (18139.0)

最大の要素、もしくは最大の n 要素を返します。 全要素が互いに <=> メソッドで比較できることを仮定しています。

...では要素が存在しなければ nil を返します。
引数を指定する形式では、空の配列を返します。

例:
[].max #=> nil
[].max(1) #=> []
[2, 5, 3].max #=> 5
[2, 5, 3].max(2) #=> [5, 3]

@param n 取得する要素数。

@see Enumerable#max...

Array#max {|a, b| ... } -> object | nil (18139.0)

ブロックの評価結果で各要素の大小判定を行い、最大の要素、もしくは最小の n 要素を返します。 引数を指定しない形式では要素が存在しなければ nil を返します。 引数を指定する形式では、空の配列を返します。

...:
[].max {|a, b| a <=> b } #=> nil
[].max(1) {|a, b| a <=> b } #=> []

ary = %w(albatross dog horse)
ary.max {|a, b| a.length <=> b.length } #=> "albatross"
ary.max(2) {|a, b| a.length <=> b.length } #=> ["albatross", "horse"]

@param n 取得する要素数。

@see Enumerable#max...

Array#max(n) -> Array (18139.0)

最大の要素、もしくは最大の n 要素を返します。 全要素が互いに <=> メソッドで比較できることを仮定しています。

...では要素が存在しなければ nil を返します。
引数を指定する形式では、空の配列を返します。

例:
[].max #=> nil
[].max(1) #=> []
[2, 5, 3].max #=> 5
[2, 5, 3].max(2) #=> [5, 3]

@param n 取得する要素数。

@see Enumerable#max...

Array#max(n) {|a, b| ... } -> Array (18139.0)

ブロックの評価結果で各要素の大小判定を行い、最大の要素、もしくは最小の n 要素を返します。 引数を指定しない形式では要素が存在しなければ nil を返します。 引数を指定する形式では、空の配列を返します。

...:
[].max {|a, b| a <=> b } #=> nil
[].max(1) {|a, b| a <=> b } #=> []

ary = %w(albatross dog horse)
ary.max {|a, b| a.length <=> b.length } #=> "albatross"
ary.max(2) {|a, b| a.length <=> b.length } #=> ["albatross", "horse"]

@param n 取得する要素数。

@see Enumerable#max...

Range#max -> object | nil (18122.0)

範囲内の最大の値を返します。

...大の値を返します。

例:

(1..5).max # => 5

始端が終端より大きい場合、終端を含まない範囲オブジェクトの始端が終端と
等しい場合は nil を返します。

例:

(2..1).max # => nil
(1...1).max # => nil...

絞り込み条件を変える

Enumerable#max -> object | nil (18118.0)

最大の要素、もしくは最大の n 要素を返します。 全要素が互いに <=> メソッドで比較できることを仮定しています。

...では、空の配列を返します。
該当する要素が複数存在する場合、どの要素を返すかは不定です。

@param n 取得する要素数。

例:
a = %w(albatross dog horse)
a.max # => "horse"
a.max(2) # => ["horse", "dog"]...

Enumerable#max {|a, b| ... } -> object | nil (18118.0)

ブロックの評価結果で各要素の大小判定を行い、最大の要素、もしくは最小の n 要素を返します。 引数を指定しない形式では要素が存在しなければ nil を返します。 引数を指定する形式では、空の配列を返します。

...3),
Person.new("tanaka", 11)
]

# 年齢が最大、名前が最小
people.max { |x, y| (x.age <=> y.age).nonzero? || y.name <=> x.name }
# => #<Person:0x007fc54b0240a0 @name="sato", @age=55>
people.max(2) { |x, y| (x.age <=> y.age).nonzero? || y.name <=> x.name }
# => [#<Person:0x00...

Enumerable#max(n) -> Array (18118.0)

最大の要素、もしくは最大の n 要素を返します。 全要素が互いに <=> メソッドで比較できることを仮定しています。

...では、空の配列を返します。
該当する要素が複数存在する場合、どの要素を返すかは不定です。

@param n 取得する要素数。

例:
a = %w(albatross dog horse)
a.max # => "horse"
a.max(2) # => ["horse", "dog"]...

Enumerable#max(n) {|a, b| ... } -> Array (18118.0)

ブロックの評価結果で各要素の大小判定を行い、最大の要素、もしくは最小の n 要素を返します。 引数を指定しない形式では要素が存在しなければ nil を返します。 引数を指定する形式では、空の配列を返します。

...3),
Person.new("tanaka", 11)
]

# 年齢が最大、名前が最小
people.max { |x, y| (x.age <=> y.age).nonzero? || y.name <=> x.name }
# => #<Person:0x007fc54b0240a0 @name="sato", @age=55>
people.max(2) { |x, y| (x.age <=> y.age).nonzero? || y.name <=> x.name }
# => [#<Person:0x00...

Range#max {|a, b| ... } -> object | nil (18117.0)

ブロックの評価結果で範囲内の各要素の大小判定を行い、最大の要素を返しま す。範囲内に要素が存在しなければ nil を返します。

...a < b のとき負の整数
を、期待しています。

@raise TypeError ブロックが整数以外を返したときに発生します。

@see Range#last, Range#min, Enumerable#max

例:
h = { 1 => "C", 2 => "Go", 3 => "Ruby" }
(1..3).max { |a, b| h[a].length <=> h[b].length } # => 3...

絞り込み条件を変える

Enumerable#max -> object | nil (18109.0)

最大の要素を返します。 全要素が互いに <=> メソッドで比較できることを仮定しています。

...に <=> メソッドで比較できることを仮定しています。

要素が存在しなければ nil を返します。
該当する要素が複数存在する場合、どの要素を返すかは不定です。


例:
a = %w(albatross dog horse)
a.max # => "horse"...

Enumerable#max {|a, b| ... } -> object | nil (18109.0)

ブロックの評価結果で各要素の大小判定を行い、最大の要素を返します。 要素が存在しなければ nil を返します。

...i", 33),
Person.new("suzuki", 11),
Person.new("tanaka", 55),
Person.new("tanaka", 33),
Person.new("tanaka", 11)
]

# 年齢が最大、名前が最小
people.max { |x, y| (x.age <=> y.age).nonzero? || y.name <=> x.name }
# => #<Person:0x007fc54b0240a0 @name="sato", @age=55>...

SizedQueue#max -> Integer (18101.0)

キューの最大サイズを返します。

キューの最大サイズを返します。

Thread::SizedQueue#max -> Integer (18101.0)

キューの最大サイズを返します。

キューの最大サイズを返します。

Enumerable#max_by -> Enumerator (6164.0)

各要素を順番にブロックに渡して実行し、 その評価結果を <=> で比較して、 最大であった値に対応する元の要素、もしくは最大の n 要素を返します。

...です。

Enumerable#max と Enumerable#max_by の
違いは Enumerable#sort と Enumerable#sort_by の違いと同じです。

ブロックを省略した場合は Enumerator を返します。

@param n 取得する要素数。

例:
a = %w(albatross dog horse)
a.max_by #...
...tross", "dog", "horse"]:max_by>
a.max_by { |x| x.length } # => "albatross"

例:
a = %w[albatross dog horse]
a.max_by(2) # => #<Enumerator: ["albatross", "dog", "horse"]:max_by(2)>
a.max_by(2) {|x| x.length } # => ["albatross", "horse"]

例: enum.max_by(n)は、重み...
...eighted random sampling with a reservoir
# Information Processing Letters
# Volume 97, Issue 5 (16 March 2006)
def wsample(n)
self.max_by(n) {|v| rand ** (1.0/yield(v)) }
end
end
e = (-20..20).to_a*10000
a = e.wsample(20000) {|x|
Math.exp(-(x/5.0)**2) # normal distrib...

絞り込み条件を変える

Enumerable#max_by {|item| ... } -> object | nil (6164.0)

各要素を順番にブロックに渡して実行し、 その評価結果を <=> で比較して、 最大であった値に対応する元の要素、もしくは最大の n 要素を返します。

...です。

Enumerable#max と Enumerable#max_by の
違いは Enumerable#sort と Enumerable#sort_by の違いと同じです。

ブロックを省略した場合は Enumerator を返します。

@param n 取得する要素数。

例:
a = %w(albatross dog horse)
a.max_by #...
...tross", "dog", "horse"]:max_by>
a.max_by { |x| x.length } # => "albatross"

例:
a = %w[albatross dog horse]
a.max_by(2) # => #<Enumerator: ["albatross", "dog", "horse"]:max_by(2)>
a.max_by(2) {|x| x.length } # => ["albatross", "horse"]

例: enum.max_by(n)は、重み...
...eighted random sampling with a reservoir
# Information Processing Letters
# Volume 97, Issue 5 (16 March 2006)
def wsample(n)
self.max_by(n) {|v| rand ** (1.0/yield(v)) }
end
end
e = (-20..20).to_a*10000
a = e.wsample(20000) {|x|
Math.exp(-(x/5.0)**2) # normal distrib...

Enumerable#max_by(n) -> Enumerator (6164.0)

各要素を順番にブロックに渡して実行し、 その評価結果を <=> で比較して、 最大であった値に対応する元の要素、もしくは最大の n 要素を返します。

...です。

Enumerable#max と Enumerable#max_by の
違いは Enumerable#sort と Enumerable#sort_by の違いと同じです。

ブロックを省略した場合は Enumerator を返します。

@param n 取得する要素数。

例:
a = %w(albatross dog horse)
a.max_by #...
...tross", "dog", "horse"]:max_by>
a.max_by { |x| x.length } # => "albatross"

例:
a = %w[albatross dog horse]
a.max_by(2) # => #<Enumerator: ["albatross", "dog", "horse"]:max_by(2)>
a.max_by(2) {|x| x.length } # => ["albatross", "horse"]

例: enum.max_by(n)は、重み...
...eighted random sampling with a reservoir
# Information Processing Letters
# Volume 97, Issue 5 (16 March 2006)
def wsample(n)
self.max_by(n) {|v| rand ** (1.0/yield(v)) }
end
end
e = (-20..20).to_a*10000
a = e.wsample(20000) {|x|
Math.exp(-(x/5.0)**2) # normal distrib...

Enumerable#max_by(n) {|item| ... } -> Array (6164.0)

各要素を順番にブロックに渡して実行し、 その評価結果を <=> で比較して、 最大であった値に対応する元の要素、もしくは最大の n 要素を返します。

...です。

Enumerable#max と Enumerable#max_by の
違いは Enumerable#sort と Enumerable#sort_by の違いと同じです。

ブロックを省略した場合は Enumerator を返します。

@param n 取得する要素数。

例:
a = %w(albatross dog horse)
a.max_by #...
...tross", "dog", "horse"]:max_by>
a.max_by { |x| x.length } # => "albatross"

例:
a = %w[albatross dog horse]
a.max_by(2) # => #<Enumerator: ["albatross", "dog", "horse"]:max_by(2)>
a.max_by(2) {|x| x.length } # => ["albatross", "horse"]

例: enum.max_by(n)は、重み...
...eighted random sampling with a reservoir
# Information Processing Letters
# Volume 97, Issue 5 (16 March 2006)
def wsample(n)
self.max_by(n) {|v| rand ** (1.0/yield(v)) }
end
end
e = (-20..20).to_a*10000
a = e.wsample(20000) {|x|
Math.exp(-(x/5.0)**2) # normal distrib...

Enumerable#max_by -> Enumerator (6132.0)

各要素を順番にブロックに渡して実行し、 その評価結果を <=> で比較して、 最大であった値に対応する元の要素を返します。

...le#max と Enumerable#max_by の
違いは Enumerable#sort と Enumerable#sort_by の違いと同じです。

ブロックを省略した場合は Enumerator を返します。


例:
a = %w(albatross dog horse)
a.max_by # => #<Enumerator: ["albatross", "dog", "horse"]:max_by...
...>
a.max_by { |x| x.length } # => "albatross"


@see Enumerable#sort_by...

Enumerable#max_by {|item| ... } -> object | nil (6132.0)

各要素を順番にブロックに渡して実行し、 その評価結果を <=> で比較して、 最大であった値に対応する元の要素を返します。

...le#max と Enumerable#max_by の
違いは Enumerable#sort と Enumerable#sort_by の違いと同じです。

ブロックを省略した場合は Enumerator を返します。


例:
a = %w(albatross dog horse)
a.max_by # => #<Enumerator: ["albatross", "dog", "horse"]:max_by...
...>
a.max_by { |x| x.length } # => "albatross"


@see Enumerable#sort_by...

絞り込み条件を変える

RSS::Maker::ItemsBase#max_size (6117.0)

@todo 現在のmax_sizeの値を取得します.デフォルトでは -1になっています.

...@todo
現在のmax_sizeの値を取得します.デフォルトでは
-1になっています....

Net::IMAP.max_flag_count -> Integer (6107.0)

サーバからのレスポンスに含まれる flag の上限を返します。

...これを越えた flag がレスポンスに含まれている場合は、
Net::IMAP::FlagCountError 例外が発生します。

@see Net::IMAP.max_flag_count=...

Net::IMAP.max_flag_count=(count) (6107.0)

サーバからのレスポンスに含まれる flag の上限を設定します。

...す。

これを越えた flag がレスポンスに含まれている場合は、
Net::IMAP::FlagCountError 例外が発生します。

デフォルトは 10000 です。通常は変える必要はないでしょう。

@param count 設定する最大値の整数
@see Net::IMAP.max_flag_count...

Socket::AF_MAX -> Integer (6107.0)

対象のプラットフォーム上でのアドレスファミリーの最大の数値。

...対象のプラットフォーム上でのアドレスファミリーの最大の数値。

@see Socket::Constants::PF_MAX...
<< 1 2 3 ... > >>