るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
34件ヒット [1-34件を表示] (0.010秒)
トップページ > クエリ:match?[x]

別のキーワード

  1. _builtin match
  2. scanf match
  3. string match
  4. regexp match
  5. regexp last_match

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

Regexp#match?(str, pos = 0) -> bool (18100.0)

指定された文字列 str に対して 位置 pos から自身が表す正規表現によるマッチングを行います。 マッチした場合 true を返し、マッチしない場合には false を返します。 また、$~ などパターンマッチに関する組み込み変数の値は変更されません。

...は false を返します。
また、$~ などパターンマッチに関する組み込み変数の値は変更されません。

/R.../.match?("Ruby") #=> true
/R.../.match?("Ruby", 1) #=> false
/P.../.match?("Ruby") #=> false
$& #=> nil

@see Regexp#match...

String#match?(regexp, pos = 0) -> bool (18100.0)

regexp.match?(self, pos) と同じです。 regexp が文字列の場合は、正規表現にコンパイルします。 詳しくは Regexp#match? を参照してください。

...regexp.match?(self, pos) と同じです。
regexp が文字列の場合は、正規表現にコンパイルします。
詳しくは Regexp#match? を参照してください。

//emlist[例][ruby]{
"Ruby".match?(/R.../) #=> true
"Ruby".match?(/R.../, 1) #=> false
"Ruby".match?(/P.../) #=>...
...false
$& #=> nil
//}

@see Regexp#match?, Symbol#match?...

StringScanner#match?(regexp) -> Integer | nil (18100.0)

スキャンポインタの地点だけで regexp と文字列のマッチを試します。 マッチしたら、スキャンポインタは進めずにマッチした 部分文字列の長さを返します。マッチしなかったら nil を 返します。

...e))
s.match?(/#{"\u{308B}".encode(encode)}/)
end

p case1("EUC-JP") #=> 2

@param regexp マッチに用いる正規表現を指定します。

使用例
require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')
p s.match?(/\w+/) #=> 4
p s.match?(/\w+/)...
...#=> 4
p s.match?(/\s+/) #=> nil...

Symbol#match?(regexp, pos = 0) -> bool (18100.0)

regexp.match?(self, pos) と同じです。 regexp が文字列の場合は、正規表現にコンパイルします。 詳しくは Regexp#match? を参照してください。

...regexp.match?(self, pos) と同じです。
regexp が文字列の場合は、正規表現にコンパイルします。
詳しくは Regexp#match? を参照してください。

例:

:Ruby.match?(/R.../) # => true
:Ruby.match?('Ruby') # => true
:Ruby.match?('Ruby',1) # => false
:R...
...uby.match?('uby',1) # => true
:Ruby.match?(/P.../) # => false
$& # => nil

@see Regexp#match?, String#match?...

Scanf::FormatSpecifier#mid_match? (6101.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Pathname#fnmatch?(pattern, *args) -> bool (6100.0)

File.fnmatch?(pattern, self.to_s, *args) と同じです。

...File.fnmatch?(pattern, self.to_s, *args) と同じです。

@param pattern パターンを文字列で指定します。ワイルドカードとして `*', `?', `[]' が使用できま
す。Dir.glob とは違って `{}' や `**/' は使用できません。

@param args File.fnmatch...
...を参照してください。

@see File.fnmatch?...

File.fnmatch?(pattern, path, flags = 0) -> bool (3100.0)

ファイル名のパターンマッチ fnmatch(3) を行います。 path が pattern にマッチすれば真を返します。そうでない場合には false を返します。

ファイル名のパターンマッチ fnmatch(3) を行います。
path が pattern にマッチすれば真を返します。そうでない場合には false を返します。

@param pattern パターンを文字列で指定します。ワイルドカードとして `*',
`?', `[]' が使用できます。
Dir.glob とは違って`{}' や `**/' は使用できません。
//emlist{
%w(foo foobar bar).each {|f|
p File.fnmatch("foo*", f)
}
...
ファイル名のパターンマッチ fnmatch(3) を行います。
path が pattern にマッチすれば真を返します。そうでない場合には false を返します。

@param pattern パターンを文字列で指定します。ワイルドカードとして `*',
`?', `[]', `{}' が使用できます。
Dir.glob とは違って `**/' は使用できません。
//emlist{
%w(foo foobar bar).each {|f|
p File.fnmatch("foo*", f)
}
...