るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
86件ヒット [1-86件を表示] (0.021秒)

別のキーワード

  1. csv ioctl
  2. io ioctl
  3. _builtin ioctl
  4. open io#ioctl
  5. ioctl csv

ライブラリ

クラス

モジュール

検索結果

IO#ioctl(cmd, arg = 0) -> Integer (18139.0)

IO に対してシステムコール ioctl を実行し、その結果を返します。 機能の詳細は ioctl(2) を参照してください。

...IO に対してシステムコール ioctl を実行し、その結果を返します。
機能の詳細は ioctl(2) を参照してください。

@param cmd IO に対するコマンドを整数で指定します。どのようなコマンドが使えるかはプラットフォームに依存し...
...ます。

@param arg cmd に対する引数を指定します。整数の時にはその値を ioctl に渡します。
文字列の場合には Array#pack した構造体だとみなして渡します。
arg が nil か false の場合には 0を、true の場合には 1 を...

CSV#ioctl(cmd, arg = 0) -> Integer (18117.0)

IO#ioctl に委譲します。

...IO#ioctl に委譲します。...

Socket::Constants::IFF_CANTCONFIG (16.0)

unconfigurable using ioctl(2)

...unconfigurable using ioctl(2)...

Socket::IFF_CANTCONFIG (16.0)

unconfigurable using ioctl(2)

...unconfigurable using ioctl(2)...

Array#pack(template) -> String (12.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...あり、n, N, v, V
のサイズは常にシステム依存ではない(!をつけられない)ことに注意してください。

つまり、IO#ioctl などで C の構造体を渡すときのように、
システム依存のサイズとエンディアンに合わせる必要があるときに...
...列のアドレス

テンプレート文字 "p" や "P" は、C 言語レベルのインタフェースのた
めにあります(例えば IO#ioctl)。
//emlist[][ruby]{
["foo"].pack("p") # => "8\266\021\010"
//}

結果の文字列はゴミに見えますが、実際は文字列"foo\0...

絞り込み条件を変える

Array#pack(template, buffer: String.new) -> String (12.0)

配列の内容を template で指定された文字列にしたがって、 バイナリとしてパックした文字列を返します。

...あり、n, N, v, V
のサイズは常にシステム依存ではない(!をつけられない)ことに注意してください。

つまり、IO#ioctl などで C の構造体を渡すときのように、
システム依存のサイズとエンディアンに合わせる必要があるときに...
...列のアドレス

テンプレート文字 "p" や "P" は、C 言語レベルのインタフェースのた
めにあります(例えば IO#ioctl)。
//emlist[][ruby]{
["foo"].pack("p") # => "8\266\021\010"
//}

結果の文字列はゴミに見えますが、実際は文字列"foo\0...

String#unpack(template) -> Array (12.0)

Array#pack で生成された文字列を テンプレート文字列 template にしたがってアンパックし、 それらの要素を含む配列を返します。

...あり、n, N, v, V
のサイズは常にシステム依存ではない(!をつけられない)ことに注意してください。

つまり、IO#ioctl などで C の構造体を渡すときのように、
システム依存のサイズとエンディアンに合わせる必要があるときに...
...列のアドレス

テンプレート文字 "p" や "P" は、C 言語レベルのインタフェースのた
めにあります(例えば IO#ioctl)。
//emlist[][ruby]{
["foo"].pack("p") # => "8\266\021\010"
//}

結果の文字列はゴミに見えますが、実際は文字列"foo\0...

pack テンプレート文字列 (12.0)

pack テンプレート文字列

...あり、n, N, v, V
のサイズは常にシステム依存ではない(!をつけられない)ことに注意してください。

つまり、IO#ioctl などで C の構造体を渡すときのように、
システム依存のサイズとエンディアンに合わせる必要があるときに...
...列のアドレス

テンプレート文字 "p" や "P" は、C 言語レベルのインタフェースのた
めにあります(例えば IO#ioctl)。
//emlist[][ruby]{
["foo"].pack("p") # => "8\266\021\010"
//}

結果の文字列はゴミに見えますが、実際は文字列"foo\0...

CSV.open(filename, mode = "rb", options = Hash.new) -> CSV (6.0)

このメソッドは IO オブジェクトをオープンして CSV でラップします。 これは CSV ファイルを書くための主要なインターフェイスとして使うことを意図しています。

...* IO#eof
* IO#eof?
* IO#external_encoding
* IO#fcntl
* IO#fileno
* File#flock
* IO#flush
* IO#fsync
* IO#internal_encoding
* IO#ioctl
* IO#isatty
* File#path
* IO#pid
* IO#pos
* IO#pos=
* IO#reopen
* IO#seek
* IO#stat
* StringIO#string
* IO#sync
* IO#sync=...

CSV.open(filename, mode = "rb", options = Hash.new) {|csv| ... } -> nil (6.0)

このメソッドは IO オブジェクトをオープンして CSV でラップします。 これは CSV ファイルを書くための主要なインターフェイスとして使うことを意図しています。

...* IO#eof
* IO#eof?
* IO#external_encoding
* IO#fcntl
* IO#fileno
* File#flock
* IO#flush
* IO#fsync
* IO#internal_encoding
* IO#ioctl
* IO#isatty
* File#path
* IO#pid
* IO#pos
* IO#pos=
* IO#reopen
* IO#seek
* IO#stat
* StringIO#string
* IO#sync
* IO#sync=...

絞り込み条件を変える

CSV.open(filename, options = Hash.new) -> CSV (6.0)

このメソッドは IO オブジェクトをオープンして CSV でラップします。 これは CSV ファイルを書くための主要なインターフェイスとして使うことを意図しています。

...* IO#eof
* IO#eof?
* IO#external_encoding
* IO#fcntl
* IO#fileno
* File#flock
* IO#flush
* IO#fsync
* IO#internal_encoding
* IO#ioctl
* IO#isatty
* File#path
* IO#pid
* IO#pos
* IO#pos=
* IO#reopen
* IO#seek
* IO#stat
* StringIO#string
* IO#sync
* IO#sync=...

CSV.open(filename, options = Hash.new) {|csv| ... } -> nil (6.0)

このメソッドは IO オブジェクトをオープンして CSV でラップします。 これは CSV ファイルを書くための主要なインターフェイスとして使うことを意図しています。

...* IO#eof
* IO#eof?
* IO#external_encoding
* IO#fcntl
* IO#fileno
* File#flock
* IO#flush
* IO#fsync
* IO#internal_encoding
* IO#ioctl
* IO#isatty
* File#path
* IO#pid
* IO#pos
* IO#pos=
* IO#reopen
* IO#seek
* IO#stat
* StringIO#string
* IO#sync
* IO#sync=...

ruby 1.6 feature (6.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...can't define method");
}
if (OBJ_FROZEN(klass)) rb_error_frozen("class/module");

また今度調べ直します。

: ((<IO>))#ioctl

第二引数に Bignum も受け付けるようになりました(long int の範囲をカバー
するため)

== 1.6.3 (2001-03-19) -> 1.6....

セキュリティモデル (6.0)

セキュリティモデル RubyにはCGI等のプログラミングを安全に行うことを助ける為に、セキュリティ 機構が備わっています。

...le#lstat File#chmod File#chown File.delete File.unlink
File#truncate File#flock
および FileTest モジュールのメソッド
* IO#ioctl, IO#fcntl
* Process.fork Process.#setpgid Process.#setsid
Process.#setpriority Process.#egid= Process.#kill
* 危険なパスからの...