るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
403件ヒット [1-100件を表示] (0.022秒)
トップページ > クエリ:inspect[x] > ライブラリ:ビルトイン[x]

別のキーワード

  1. _builtin inspect
  2. inspect _builtin
  3. csv inspect
  4. matrix inspect
  5. set inspect

モジュール

オブジェクト

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Complex#inspect -> String (18133.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

...uby]{
Complex(2).inspect # => "(2+0i)"
Complex('-8/6').inspect # => "((-4/3)+0i)"
Complex('1/2i').inspect # => "(0+(1/2)*i)"
Complex(0, Float::INFINITY).inspect # => "(0+Infinity*i)"
Complex(Float::NAN, Float::NAN).inspect # => "(NaN+NaN*...

Object#inspect -> String (18133.0)

オブジェクトを人間が読める形式に変換した文字列を返します。

...の結果を使用して
オブジェクトを表示します。

[ 1, 2, 3..4, 'five' ].inspect # => "[1, 2, 3..4, \"five\"]"
Time.new.inspect # => "2008-03-08 19:43:39 +0900"

inspect
メソッドをオーバーライドしなかった場合、クラス名とインスタン...
...
変数の名前、値の組を元にした文字列を返します。

class Foo
end
Foo.new.inspect # => "#<Foo:0x0300c868>"

class Bar
def initialize
@bar = 1
end
end
Bar.new.inspect # => "#<Bar:0x0300c868 @bar=1>"


@see Kernel.#p...

Range#inspect -> String (18131.0)

self を文字列に変換します(始端と終端のオブジェクトは #inspect メソッド で文字列に変換されます)。

...self を文字列に変換します(始端と終端のオブジェクトは #inspect メソッド
で文字列に変換されます)。

@see Range#to_s

例:
(1..5).inspect # => "1..5"
("1".."5").inspect # => "\"1\"..\"5\""...

MatchData#inspect -> String (18127.0)

self の内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

...s /.$/.match("foo").inspect
# => #<MatchData "o">

puts /(.)(.)(.)/.match("foo").inspect
# => #<MatchData "foo" 1:"f" 2:"o" 3:"o">

puts /(.)(.)?(.)/.match("fo").inspect
# => #<MatchData "fo" 1:"f" 2:nil 3:"o">

puts /(?<foo>.)(?<bar>.)(?<baz>.)/.match("hoge").inspect
# => #<MatchData...

Rational#inspect -> String (18127.0)

自身を人間が読みやすい形の文字列表現にして返します。

...に10進数の表記を返します。

@return 有理数の表記にした文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
Rational(5, 8).inspect # => "(5/8)"
Rational(2).inspect # => "(2/1)"
Rational(-8, 6).inspect # => "(-4/3)"
Rational(0.5).inspect # => "(1/2)"
//}

@see Rational#to_s...

絞り込み条件を変える

Method#inspect -> String (18121.0)

self を読みやすい文字列として返します。

...式の文字列を返します。

#<Method: klass1(klass2)#method> (形式1)

klass1 は、Method#inspect では、レシーバのクラス名、
UnboundMethod#inspect では、UnboundMethod オブジェクトの生成
元となったクラス/モジュール名です。

klass2...
...クラスメソッド
class Bar < Foo
end
p Bar.method(:foo) # => #<Method: Bar(Foo).foo>

# 以下は(形式1)の出力になる
module Baz
def baz
end
end

class <<obj
include Baz
end
p obj.method(:baz) # => #<Method: Object(Baz)#baz>

@see Object#inspect...

UnboundMethod#inspect -> String (18121.0)

self を読みやすい文字列として返します。

...みやすい文字列として返します。

詳しくは Method#inspect を参照してください。

//emlist[例][ruby]{
String.instance_method(:count).inspect # => "#<UnboundMethod: String#count>"
//}

@see Method#inspect...

ENV.inspect -> String (18119.0)

ENV オブジェクトを文字列化します。 Hash#inspect と同じように動作します。

...ENV オブジェクトを文字列化します。 Hash#inspect と同じように動作します。...

Encoding#inspect -> String (18115.0)

プログラマにわかりやすい表現の文字列を返します。

...プログラマにわかりやすい表現の文字列を返します。

例:
Encoding::UTF_8.inspect #=> "#<Encoding:UTF-8>"
Encoding::ISO_2022_JP.inspect #=> "#<Encoding:ISO-2022-JP (dummy)>"...

String#inspect -> String (18115.0)

文字列オブジェクトの内容を、出力したときに人間が読みやすいような適当な形式に変換します。 変換された文字列は印字可能な文字のみによって構成されます

...ために用意されています。
永続化などの目的で文字列をダンプしたいときは、
String#dump を使うべきです。

//emlist[例][ruby]{
# p ではないことに注意
puts "string".inspect # => "string"
puts "\t\r\n".inspect # => "\t\r\n"
//}

@see String#dump...

絞り込み条件を変える

Thread#inspect -> String (18115.0)

自身を人間が読める形式に変換した文字列を返します。

...人間が読める形式に変換した文字列を返します。

//emlist[例][ruby]{
a = Thread.current
a.inspect # => "#<Thread:0x00007fdbaf07ddb0 run>"
b = Thread.new{}
b.inspect # => "#<Thread:0x00007fdbaf8f7d10@(irb):3 dead>"
//}...

Array#inspect -> String (18109.0)

自身の情報を人間に読みやすい文字列にして返します。

...自身の情報を人間に読みやすい文字列にして返します。

[1, 2, 3, 4].to_s # => "[1, 2, 3, 4]"
[1, 2, 3, 4].inspect # => "[1, 2, 3, 4]"...

Dir#inspect -> String (18109.0)

self の情報を人間に読みやすい文字列にして返します。

...self の情報を人間に読みやすい文字列にして返します。

例:
Dir.open("/") { |d| d.inspect } # => "#<Dir:/>"...

Exception#inspect -> String (18109.0)

self のクラス名と message を文字列にして返します。

...self のクラス名と message を文字列にして返します。

例:
begin
raise "exception"
rescue
p $!.inspect # => "#<RuntimeError: exception>"
end...

Hash#inspect -> String (18109.0)

ハッシュの内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

...ッシュの内容を人間に読みやすい文字列にして返します。

h = { "c" => 300, "a" => 100, "d" => 400, "c" => 300 }
h.inspect # => "{\"a\"=>100, \"c\"=>300, \"d\"=>400}"...

絞り込み条件を変える

Regexp#inspect -> String (18109.0)

Regexp#to_s より自然な文字列を返します。

...Regexp#to_s より自然な文字列を返します。

p /^ugou.*?/i.to_s #=> "(?i-mx:^ugou.*?)"
p /^ugou.*?/i.inspect #=> "/^ugou.*?/i"

@see Regexp#to_s...

RubyVM::InstructionSequence#inspect -> String (18109.0)

self の情報をラベルとパスを含んだ人間に読みやすい文字列にして返します。

...んだ人間に読みやすい文字列にして返します。

//emlist[例][ruby]{
iseq = RubyVM::InstructionSequence.compile('num = 1 + 2')
iseq.inspect # => "<RubyVM::InstructionSequence:<compiled>@<compiled>>"
//}

@see RubyVM::InstructionSequence#label,
RubyVM::InstructionSequence#path...
<< 1 2 3 ... > >>