るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
123件ヒット [1-100件を表示] (0.012秒)
トップページ > クエリ:import[x] > 種類:インスタンスメソッド[x]

別のキーワード

  1. rake import
  2. tknamespace import
  3. tk/namespace import
  4. tknamespace force_import
  5. tk/namespace force_import

ライブラリ

モジュール

キーワード

検索結果

<< 1 2 > >>

Kernel#import(*filenames) (18108.0)

分割された Rakefile をインポートします。

...されているオブジェクトに依存していてもかまいません。

このメソッドは依存関係を定義したファイルを読み込むのによく使われます。

@param filenames インポートする Rakefile を指定します。

例:
import
".depend", "my_rules"...

Rake::FileList#import(array) -> self (18102.0)

与えられた配列を自身にインポートします。

与えられた配列を自身にインポートします。

@param array ファイル名のリストを指定します。

TkNamespace#import (18102.0)

@todo

@todo

DL::Importer#import_symbol(name) -> DL::CPtr (9102.0)

取り込んだライブラリからシンボルをインポートします。

取り込んだライブラリからシンボルをインポートします。

返り値はシンボルがロードされたメモリのアドレスを持つ DL::CPtr
オブジェクトを返します。

@param name シンボル名(文字列)

Fiddle::Importer#import_symbol(name) -> Fiddle::Pointer (9102.0)

取り込んだライブラリからシンボルをインポートします。

取り込んだライブラリからシンボルをインポートします。

返り値はシンボルがロードされたメモリのアドレスを持つ Fiddle::Pointer
オブジェクトを返します。

@param name シンボル名(文字列)

絞り込み条件を変える

Rake::Application#add_import(file_name) (6102.0)

与えられたファイルをロード予定ファイルのリストに追加します。

与えられたファイルをロード予定ファイルのリストに追加します。

@param file_name ロード予定のファイル名を指定します。

Shell::SystemCommand#start_import -> () (6102.0)

@todo

@todo

TkNamespace#force_import (6102.0)

@todo

@todo

Rake::Application#load_imports (6101.0)

ロード予定のファイルを全てロードします。

ロード予定のファイルを全てロードします。

既にロード済みのファイルはロードしません。

DL::Importer#bind(signature, *opts) { ... } -> DL::Function (3007.0)

Ruby のブロックを C の関数で wrap し、その関数をモジュールに インポートします。

...ールに
インポートします。

これでインポートされた関数はモジュール関数として定義されます。
また、DL::Importer#[] で DL::Function オブジェクトとして
取り出すことができます。

signature で関数の名前とシネグチャを指定し...
...ェクトを返します。

@param signature 関数の名前とシネグチャ
@param opts オプション


require 'dl/import'

module M
extend DL::Importer
dlload "libc.so.6"
typealias "size_t", "unsigned long"
extern "int qsort(void*, size_t, size_t, void*)"

bi...

絞り込み条件を変える

DL::Importer#create_value(type, val = nil) -> DL::CStruct (3007.0)

型が type で要素名が "value" であるような構造体を 定義(DL::Importer#struct)し、 その構造体のメモリを DL::CStruct#malloc で確保し、 確保したメモリを保持しているオブジェクトを返します。

...型が type で要素名が "value" であるような構造体を
定義(DL::Importer#struct)し、
その構造体のメモリを DL::CStruct#malloc で確保し、
確保したメモリを保持しているオブジェクトを返します。

type は "int", "void*" といった文字列で型...
...、確保された構造体に
その値を代入します。

@param type 型を表す文字列
@param val 構造体に確保される初期値


require 'dl/import'

module M
extend DL::Importer
end

v = M.value("int", 32)
p v.value # => 32
v.value = 48
p v.value # => 48...

DL::Importer#extern(signature, *opts) -> DL::Function (3007.0)

DL::Importer#dlload で取り込んだライブラリから C の関数をインポートします。

...DL::Importer#dlload で取り込んだライブラリから
C の関数をインポートします。

インポートした関数はそのモジュールにモジュール関数として定義されます。

signature で関数の名前とシネグチャを指定します。例えば
"int strcmp(...
...ェクトを返します。

@param signature 関数の名前とシネグチャ
@param opts オプション


require 'dl/import'

module M
extern DL::Importer
dlload "libc.so.6"
extern "int strcmp(char*, char*)"
end

M.strcmp("abc", "abc") # => 0
M.strcmp("abc", "abd")...

DL::Importer#sizeof(t) -> Integer (3007.0)

C における sizeof(t) の値を返します。

...
sizeof("char*") は環境によって 4 や 8 といった値を返します。

DL::Importer#struct で定義した
構造体クラスを渡すと、その構造体のサイズを返します。
DL::Importer#union で定義した共用体クラスも同様です。

t がクラスの場合、t...
...字列を渡し、それが表している型を DL が知らなかった
場合に発生します

例:

require 'dl/import'

module A
extend DL::Importer
Timeval = struct(["long tv_sec", "long tv_usec"])
p sizeof("char") # => 1
p sizeof("void*") # => 8
p sizeof(Tim...

DL::Importer#struct(signature) -> Class (3007.0)

C の構造体型に対応する Ruby のクラスを構築して返します。

...を参照してください。


@param signature 構造体の各要素を文字列で表現したものの配列

require 'dl/import'

module M
extend DL::Importer
dlload "libc.so.6"
extern "int gettimeofday(void*, void*)"
Timeval = struct(["long tv_sec", "long tv_usec"])
en...

DL::Importer#union(signature) -> Class (3007.0)

C の共用体型に対応する Ruby のクラスを構築して返します。

...定義する方法は DL::Importer#struct と
ほぼ同様です。C における
typedef union epoll_data
{
void *ptr;
int fd;
uint32_t u32;
uint64_t u64;
} epoll_data_t;
は、Ruby上では
require 'dl/import'

module M
extend DL::Importer
dlload "libc.so.6"...

絞り込み条件を変える

DL::Importer#value(type, val = nil) -> DL::CStruct (3007.0)

型が type で要素名が "value" であるような構造体を 定義(DL::Importer#struct)し、 その構造体のメモリを DL::CStruct#malloc で確保し、 確保したメモリを保持しているオブジェクトを返します。

...型が type で要素名が "value" であるような構造体を
定義(DL::Importer#struct)し、
その構造体のメモリを DL::CStruct#malloc で確保し、
確保したメモリを保持しているオブジェクトを返します。

type は "int", "void*" といった文字列で型...
...、確保された構造体に
その値を代入します。

@param type 型を表す文字列
@param val 構造体に確保される初期値


require 'dl/import'

module M
extend DL::Importer
end

v = M.value("int", 32)
p v.value # => 32
v.value = 48
p v.value # => 48...

Fiddle::Importer#bind(signature, *opts) { ... } -> Fiddle::Function (3007.0)

Ruby のブロックを C の関数で wrap し、その関数をモジュールに インポートします。

...ルに
インポートします。

これでインポートされた関数はモジュール関数として定義されます。
また、Fiddle::Importer#[] で Fiddle::Function オブジェクトとして
取り出すことができます。

signature で関数の名前とシネグチャを指...
...トを返します。

@param signature 関数の名前とシネグチャ
@param opts オプション


require 'fiddle/import'

module M
extend Fiddle::Importer
dlload "libc.so.6"
typealias "size_t", "unsigned long"
extern "int qsort(void*, size_t, size_t, void*)"...

Fiddle::Importer#create_value(type, val = nil) -> Fiddle::CStruct (3007.0)

型が type で要素名が "value" であるような構造体を 定義(Fiddle::Importer#struct)し、 その構造体のメモリを Fiddle::CStruct#malloc で確保し、 確保したメモリを保持しているオブジェクトを返します。

...型が type で要素名が "value" であるような構造体を
定義(Fiddle::Importer#struct)し、
その構造体のメモリを Fiddle::CStruct#malloc で確保し、
確保したメモリを保持しているオブジェクトを返します。

type は "int", "void*" といった文字列...
...された構造体に
その値を代入します。

@param type 型を表す文字列
@param val 構造体に確保される初期値


require 'fiddle/import'

module M
extend Fiddle::Importer
end

v = M.value("int", 32)
p v.value # => 32
v.value = 48
p v.value # => 48...

Fiddle::Importer#extern(signature, *opts) -> Fiddle::Function (3007.0)

Fiddle::Importer#dlload で取り込んだライブラリから C の関数をインポートします。

...Fiddle::Importer#dlload で取り込んだライブラリから
C の関数をインポートします。

インポートした関数はそのモジュールにモジュール関数として定義されます。

signature で関数の名前とシネグチャを指定します。例えば
"int str...
...トを返します。

@param signature 関数の名前とシネグチャ
@param opts オプション


require 'fiddle/import'

module M
extern Fiddle::Importer
dlload "libc.so.6"
extern "int strcmp(char*, char*)"
end

M.strcmp("abc", "abc") # => 0
M.strcmp("abc", "abd...

Fiddle::Importer#sizeof(t) -> Integer (3007.0)

C における sizeof(t) の値を返します。

...izeof("char*") は環境によって 4 や 8 といった値を返します。

Fiddle::Importer#struct で定義した
構造体クラスを渡すと、その構造体のサイズを返します。
Fiddle::Importer#union で定義した共用体クラスも同様です。

t がクラスの場合...
...渡し、それが表している型を Fiddle が知らなかった
場合に発生します

例:

require 'fiddle/import'

module A
extend Fiddle::Importer
Timeval = struct(["long tv_sec", "long tv_usec"])
p sizeof("char") # => 1
p sizeof("void*") # => 8
p sizeof(...

絞り込み条件を変える

Fiddle::Importer#struct(signature) -> Class (3007.0)

C の構造体型に対応する Ruby のクラスを構築して返します。

...照してください。


@param signature 構造体の各要素を文字列で表現したものの配列

require 'fiddle/import'

module M
extend Fiddle::Importer
dlload "libc.so.6"
extern "int gettimeofday(void*, void*)"
Timeval = struct(["long tv_sec", "long tv_usec"])...

Fiddle::Importer#union(signature) -> Class (3007.0)

C の共用体型に対応する Ruby のクラスを構築して返します。

...する方法は Fiddle::Importer#struct と
ほぼ同様です。C における
typedef union epoll_data
{
void *ptr;
int fd;
uint32_t u32;
uint64_t u64;
} epoll_data_t;
は、Ruby上では
require 'fiddle/import'

module M
extend Fiddle::Importer
dlload "libc.so....

Fiddle::Importer#value(type, val = nil) -> Fiddle::CStruct (3007.0)

型が type で要素名が "value" であるような構造体を 定義(Fiddle::Importer#struct)し、 その構造体のメモリを Fiddle::CStruct#malloc で確保し、 確保したメモリを保持しているオブジェクトを返します。

...型が type で要素名が "value" であるような構造体を
定義(Fiddle::Importer#struct)し、
その構造体のメモリを Fiddle::CStruct#malloc で確保し、
確保したメモリを保持しているオブジェクトを返します。

type は "int", "void*" といった文字列...
...された構造体に
その値を代入します。

@param type 型を表す文字列
@param val 構造体に確保される初期値


require 'fiddle/import'

module M
extend Fiddle::Importer
end

v = M.value("int", 32)
p v.value # => 32
v.value = 48
p v.value # => 48...

DL::Importer#[](name) -> DL::Function|nil (3001.0)

DL::Importer#extern でインポートした関数の DL::Function オブジェクト を返します。

...DL::Importer#extern でインポートした関数の DL::Function オブジェクト
を返します。

name という名前の関数が存在しない場合は nil を返します。

@param name 関数の名前の文字列...

DL::Importer#dlload(*libs) -> () (3001.0)

C の動的ライブラリをモジュールにインポートします。

...C の動的ライブラリをモジュールにインポートします。

これで取り込んだライブラリの関数は DL::Importer#extern で
インポートできます。

複数のライブラリを指定することができます。
ファイル名文字列を指定することでそ...

絞り込み条件を変える

DL::Importer#typealias(new, orig) -> () (3001.0)

extern や struct で利用する型の別名を定義します。

...義します。

@param new 別名(文字列)
@param orig 別名を付けたい型の名前(文字列)
@see DL::Importer#extern, DL::Importer#sizeof,
DL::Importer#struct, DL::Importer#union...

Fiddle::Importer#[](name) -> Fiddle::Function|nil (3001.0)

Fiddle::Importer#extern でインポートした関数の Fiddle::Function オブジェクト を返します。

...Fiddle::Importer#extern でインポートした関数の
Fiddle::Function オブジェクト
を返します。

name という名前の関数が存在しない場合は nil を返します。

@param name 関数の名前の文字列...
<< 1 2 > >>