るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
49件ヒット [1-49件を表示] (0.017秒)

別のキーワード

  1. object frozen?
  2. _builtin frozen?
  3. frozen? object
  4. frozen? object#freeze
  5. frozen? _builtin

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

Object#freeze -> self (18143.0)

オブジェクトを凍結(内容の変更を禁止)します。

...とは freeze では防げません。 freeze が防ぐのは、
`破壊的な操作' と呼ばれるもの一般です。変数への参照自体を凍結したい
場合は、グローバル変数なら Kernel.#trace_var が使えます。

@return self を返します。

a1 = "foo".freeze
a1...
...a2 = "foo".freeze
a2.replace("bar") # can't modify frozen String (FrozenError)

凍結を解除することはできませんが、Object#dup を使えばほぼ同じ内容の凍結されていない
オブジェクトを得ることはできます。

a = [1].freeze
p a.frozen? #=> true...
...a[0] = "foo"
p a # can't modify frozen Array (RuntimeError)

b = a.dup
p b #=> [1]
p b.frozen? #=> false

b[0] = "foo"
p b #=> ["foo"]

@see Object#frozen?,Object#dup,Kernel.#trace_var...
...a2 = "foo".freeze
a2.replace("bar") # can't modify frozen String (RuntimeError)

凍結を解除することはできませんが、Object#dup を使えばほぼ同じ内容の凍結されていない
オブジェクトを得ることはできます。

a = [1].freeze
p a.frozen? #=> tru...
...e

a[0] = "foo"
p a # can't modify frozen Array (FrozenError)

b = a.dup
p b #=> [1]
p b.frozen? #=> false

b[0] = "foo"
p b #=> ["foo"]

@see Object#frozen?,Object#dup,Kernel.#trace_var...

Object#frozen? -> bool (18125.0)

オブジェクトが凍結(内容の変更を禁止)されているときに真を返します。

...が凍結(内容の変更を禁止)されているときに真を返します。

obj = "someone"
p obj.frozen? #=> false
obj.freeze
p obj.frozen? #=> true

@see Object#freeze...

ruby 1.6 feature (66.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...[]
=> ruby 1.6.7 (2002-08-01) [i586-linux]
["bar"]

: 2002-06-13 Hash[]

Hash[] で、キーとなる文字列を dup & freeze していませんでした。

a = "key"
h = Hash[a,"val"]
h.keys[0].upcase!
p a
=> ruby 1.6.7 (2002-03-...
...caltime
: Time#gmtime

フリーズした Time オブジェクトに対して一度だけ呼び出しを許しました。

t = Time.new.freeze
p t.gmtime
p t.localtime

=> -:2:in `gmtime': can't modify frozen Time (TypeError)
from -:2
rub...
...R
: RUBY_PLATFORM
: RUBY_RELEASE_DATE
: RUBY_VERSION

これらは、freeze された文字列になりました。

p File::SEPARATOR.frozen?
p File::ALT_SEPARATOR.frozen?
p File::PATH_SEPARATOR.frozen?

=> ruby 1.6.5 (2001-09-19) [i586-linux]
false...

StringScanner::Version -> String (22.0)

StringScanner クラスのバージョンを文字列で返します。 この文字列は Object#freeze されています。

...スのバージョンを文字列で返します。
この文字列は Object#freeze されています。

require 'strscan'

StringScanner::Version # => "0.7.0"
StringScanner::Version.frozen? # => true...

ENV (12.0)

環境変数を表すオブジェクト。Hash と同様のインターフェースを持ち ます。ただし、Hash と異なり、ENV のキーと値には文字列しか とることができません。

...al/bin:/usr/bin:/bin:/usr/X11/bin"
p path.tainted? # => false

また、ENV で得られる文字列は Object#freeze されています。

例:

p ENV['TERM'].frozen? # => true

Windows では環境変数は大文字、小文字を区別しません。(cygwin を除く)

例:

ENV['...

絞り込み条件を変える

StringScanner#string -> String (12.0)

スキャン対象にしている文字列を返します。

...s = StringScanner.new('test string')
s.string # => "test string"

返り値は freeze されていません。

require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')
s.string.frozen? # => false

なお、このメソッドは StringScanner.new に渡した
文字列を...

irb/completion (12.0)

irb の completion 機能を提供するライブラリです。

...." の後に [Tab] を押すと, そのオブジェクトのメソッド一覧がでます.

irb(main):003:0> foo.
foo.== foo.frozen? foo.protected_methods
foo.=== foo.hash foo.public_methods
foo.=~ foo.id...
...foo.to_a
foo.dup foo.kind_of? foo.to_s
foo.eql? foo.method foo.type
foo.equal? foo.methods foo.untaint
foo.extend foo.nil?
foo.freeze foo.private_methods...