るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
385件ヒット [1-100件を表示] (0.015秒)
トップページ > クエリ:enable[x]

別のキーワード

  1. _builtin enable
  2. mkmf enable_config
  3. pop enable_ssl
  4. pop3 enable_ssl
  5. net/pop enable_ssl

モジュール

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

TracePoint#enable -> bool (18126.0)

self のトレースを有効にします。

...t#enabled? を返します。(トレースが既に有効であっ
た場合は true を返します。そうでなければ false を返します)

trace.enabled? # => false
trace.enable # => false (実行前の状態)

# トレースが有効

trace.enabled? # => true
trace.enable...
...trace.enabled? # => false

trace.enable do
trace.enabled? # => true
end

trace.enabled? # => false

[注意] イベントフックのためのメソッドにブロックの外側で参照した場合は
RuntimeError が発生する事に注意してください。

trace.enable { p t...
...race.lineno }
# => RuntimeError: access from outside

@see TracePoint#disable, TracePoint#enabled?...

TracePoint#enable { ... } -> object (18126.0)

self のトレースを有効にします。

...t#enabled? を返します。(トレースが既に有効であっ
た場合は true を返します。そうでなければ false を返します)

trace.enabled? # => false
trace.enable # => false (実行前の状態)

# トレースが有効

trace.enabled? # => true
trace.enable...
...trace.enabled? # => false

trace.enable do
trace.enabled? # => true
end

trace.enabled? # => false

[注意] イベントフックのためのメソッドにブロックの外側で参照した場合は
RuntimeError が発生する事に注意してください。

trace.enable { p t...
...race.lineno }
# => RuntimeError: access from outside

@see TracePoint#disable, TracePoint#enabled?...

GC.enable -> bool (18113.0)

ガーベージコレクトを許可します。

...れていたなら true, GC が有効であったなら、
false)。

@see GC.disable

//emlist[例][ruby]{
GC.disable # => false
GC.enable # => true
GC.enable # => false
//}...

GC::Profiler.enable -> nil (18107.0)

GC のプロファイラを起動します。

...GC が発生すると、
GC についてプロファイル情報を取得します。

例:
GC::Profiler.enable
GC::Profiler.enabled? #=> true

@see GC::Profiler.disable, GC::Profiler.enabled?...

Tk::Tcllib::Tooltip.enable (18101.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

XMLRPC::Config::ENABLE_NIL_CREATE (6118.0)

enable <nil/> tag

...
enable
<nil/> tag...

XMLRPC::Config::ENABLE_NIL_PARSER (6118.0)

enable <nil/> tag

...
enable
<nil/> tag...

XMLRPC::Config::ENABLE_INTROSPECTION (6117.0)

enable Introspection extension by default

...
enable
Introspection extension by default...

XMLRPC::Config::ENABLE_MARSHALLING (6117.0)

enable marshalling ruby objects which include XMLRPC::Marshallable

...
enable
marshalling ruby objects which include XMLRPC::Marshallable...

XMLRPC::Config::ENABLE_MULTICALL (6117.0)

enable multiCall extension by default

...
enable
multiCall extension by default...

絞り込み条件を変える

Kernel#enable_config(config, default) -> bool | String (6114.0)

configure のオプションを検査します。

...configure のオプションを検査します。

configure のオプションに --enable-<config> が指定された場合は、真を返し
ます。--disable-<config> が指定された場合は。偽を返します。どちらでもな
い場合は default を返します。

これはデバ...
...義を、追加するのに役立ちます。

@param config configure のオプションの名前を指定します。

@param default デフォルト値を返します。


require 'mkmf'
if enable_config("debug")
$defs.push("-DOSSL_DEBUG") unless $defs.include? "-DOSSL_DEBUG"
end...

Kernel#enable_config(config, default) {|config, default| ... } -> bool | String (6114.0)

configure のオプションを検査します。

...configure のオプションを検査します。

configure のオプションに --enable-<config> が指定された場合は、真を返し
ます。--disable-<config> が指定された場合は。偽を返します。どちらでもな
い場合は default を返します。

これはデバ...
...義を、追加するのに役立ちます。

@param config configure のオプションの名前を指定します。

@param default デフォルト値を返します。


require 'mkmf'
if enable_config("debug")
$defs.push("-DOSSL_DEBUG") unless $defs.include? "-DOSSL_DEBUG"
end...

Net::SMTP#enable_starttls_auto(context = Net::SMTP.default_ssl_context) -> () (6113.0)

その Net::SMTP オブジェクトがSTARTTLSが利用可能な場合 (つまりサーバがSTARTTLSを広告した場合)のみにSTARTTLSを利用する ように設定します。

...た場合)のみにSTARTTLSを利用する
ように設定します。

@see Net::SMTP#starttls?, Net::SMTP#starttls_auto?, Net::SMTP#enable_starttls_auto
@param context SSL接続で利用する OpenSSL::SSL::SSLContext
@see Net::SMTP#starttls?, Net::SMTP#starttls_auto?, Net::SMTP#enable_starttls...

GC::Profiler.enabled? -> bool (6112.0)

GC のプロファイラを起動中であれば true、停止中であれば false を返します。

...プロファイラを起動中であれば true、停止中であれば false を返します。

例:
GC::Profiler.enabled? #=> false
GC::Profiler.enable
GC::Profiler.enabled? #=> true
GC::Profiler.disable
GC::Profiler.enabled? #=> false

@see GC::Profiler.enable, GC::Profiler.disable...

Net::POP3#enable_ssl(verify_or_params={}, certs=nil) -> () (6107.0)

このインスタンスが SSL による通信を利用するように設定します。

...ify_mode => verify_or_params, :ca_path => certs }
というハッシュが渡されます。

@param verify_or_params SSLの設定のハッシュ、もしくは SSL の設定の verify_mode
@param certs SSL の設定の ca_path

@see Net::POP3.enable_ssl, Net::POP3#disable_ssl, Net::POP3#use_ssl?...

絞り込み条件を変える

Net::SMTP#enable_starttls(context = Net::SMTP.default_ssl_context) -> () (6107.0)

その Net::SMTP オブジェクトが 常にSTARTTLSを利用する (利用できない場合には例外を発生する)ように設定します。

...の Net::SMTP オブジェクトが 常にSTARTTLSを利用する
(利用できない場合には例外を発生する)ように設定します。

@param context SSL接続で利用する OpenSSL::SSL::SSLContext
@see Net::SMTP#starttls?, Net::SMTP#starttls_always?, Net::SMTP#enable_starttls_auto...

DL::Handle#close_enabled? -> bool (6106.0)

GC によるオブジェクトの回収時に self をクローズする(DL::Handle#close) かどうかを真偽値で返します。

...よるオブジェクトの回収時に self をクローズする(DL::Handle#close)
かどうかを真偽値で返します。


@see DL::Handle#enable_close, DL::Handle#disable_close...

Fiddle::Handle#close_enabled? -> bool (6106.0)

GC によるオブジェクトの回収時に self をクローズする(Fiddle::Handle#close) かどうかを真偽値で返します。

...ブジェクトの回収時に self をクローズする(Fiddle::Handle#close)
かどうかを真偽値で返します。


@see Fiddle::Handle#enable_close, Fiddle::Handle#disable_close...

TracePoint#enabled? -> bool (6106.0)

self のトレースが有効な場合に true を、そうでない場合に false を返しま す。

...self のトレースが有効な場合に true を、そうでない場合に false を返しま
す。


@see TracePoint#enable, TracePoint#disable...

Net::SMTP#enable_ssl(context = Net::SMTP.default_ssl_context) -> () (6102.0)

その Net::SMTP オブジェクトが SMTPS を利用するよう設定します。

その Net::SMTP オブジェクトが SMTPS を利用するよう設定します。

このメソッドは Net::SMTP#start を呼ぶ前に呼ぶ必要があります。

@param context SSL接続で利用する OpenSSL::SSL::SSLContext

@see Net::SMTP#tls?, Net::SMTP#disable_tls

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>