るりまサーチ (Ruby 2.2.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
37件ヒット [1-37件を表示] (0.023秒)

別のキーワード

  1. _builtin clear
  2. rake clear
  3. dbm clear
  4. set clear
  5. gdbm clear

検索結果

String#clear -> self (54343.0)

文字列の内容を削除して空にします。 self を返します。

文字列の内容を削除して空にします。
self を返します。

//emlist[例][ruby]{
str = "abc"
str.clear
p str # => ""

str = ""
str.clear
p str # => ""
//}

Array#clear -> self (54325.0)

配列の要素をすべて削除して空にします。

配列の要素をすべて削除して空にします。

ary = [1, 2]
ary.clear
p ary #=> []

Hash#clear -> self (54325.0)

ハッシュの中身を空にします。

ハッシュの中身を空にします。

空にした後のselfを返します。
デフォルト値の設定はクリアされません。

h = Hash.new("default value")
h[:some] = "some"
p h #=> {:some=>"some"}

h.clear

p h #=> {}
p h.default #=> "default value"

Set#clear -> self (54325.0)

集合の要素をすべて削除し、空にした後の self を返します。

集合の要素をすべて削除し、空にした後の self を返します。

require 'set'
p s = Set[10, 20, 30] #=> #<Set: {10, 20, 30}>
s.clear
p s #=> #<Set: {}>

StringScanner#clear -> self (54325.0)

スキャンポインタを文字列末尾後まで進め、マッチ記録を捨てます。

スキャンポインタを文字列末尾後まで進め、マッチ記録を捨てます。

@return self を返します。

pos = self.string.size と同じ動作です。

require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')
s.scan(/\w+/) # => "test"
s.matched # => "test"
s.pos # => 4
s[0] # => "test"
s.terminate
...

絞り込み条件を変える

Thread::Queue#clear -> () (54325.0)

キューを空にします。返り値は不定です。

キューを空にします。返り値は不定です。

//emlist[例][ruby]{
require 'thread'
q = Queue.new

[:resource1, :resource2, :resource3, nil].each { |r| q.push(r) }

q.length # => 4
q.clear
q.length # => 0
//}

DBM#clear -> self (54307.0)

DBM ファイルを空にします。

DBM ファイルを空にします。

GDBM#clear -> self (54307.0)

DBM ファイルを空にします。

DBM ファイルを空にします。

Rake::Task#clear -> self (54307.0)

自身に登録されているアクションと事前タスクをクリアします。

自身に登録されているアクションと事前タスクをクリアします。

Rake::TaskManager#clear (54307.0)

全てのタスクとルールをクリアします。

全てのタスクとルールをクリアします。

絞り込み条件を変える

SDBM#clear -> self (54307.0)

DBM ファイルを空にします。

DBM ファイルを空にします。

TkClipboard#clear (54307.0)

@todo

@todo

TkListbox#clear (54307.0)

@todo

@todo

TkSelection#clear(sel = nil) (54307.0)

@todo

@todo

TkText#clear (54307.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkVariable#clear (54307.0)

@todo

@todo

OpenSSL::BN#clear_bit!(n) -> self (18325.0)

自身の n ビット目を0にします。

自身の n ビット目を0にします。

例:
require 'openssl'

a = OpenSSL::BN.new("129")
a.clear_bit!(0)
a # => 128

@param n 0にするビットの位置
@raise OpenSSL::BNError 計算時エラー

Rake::FileList#clear_exclude -> self (18307.0)

登録されている除外リストをクリアします。

登録されている除外リストをクリアします。

Rake::Task#clear_actions -> self (18307.0)

自身に登録されているアクションをクリアします。

自身に登録されているアクションをクリアします。

Rake::Task#clear_prerequisites -> self (18307.0)

自身に登録されている事前タスクをクリアします。

自身に登録されている事前タスクをクリアします。

絞り込み条件を変える

Tk::Tcllib::CText#clear_highlight_classes (18307.0)

@todo

@todo

Tk::Tcllib::History#history_clear (18307.0)

@todo

@todo

Tk::Tcllib::Tablelist#cellselection_clear(first, last = nil) (18307.0)

@todo

@todo

Tk::Tcllib::Tablelist#selection_clear(first, last = nil) (18307.0)

@todo

@todo

TkCanvas#select_clear (18307.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkEntry#selection_clear (18307.0)

@todo

@todo

TkListbox#selection_clear(first, last = Tk::None) (18307.0)

@todo

@todo

((|first|))、((|last|))で指定した((*位置*))の範囲の要素が((<選択>))さ
れていれば非選択にします。((|last|))を省略した場合、((|first|))の((*位
置*))の要素を非選択にします。

TkNamespace#export_with_clear (18307.0)

@todo

@todo

StringScanner#terminate -> self (9025.0)

スキャンポインタを文字列末尾後まで進め、マッチ記録を捨てます。

スキャンポインタを文字列末尾後まで進め、マッチ記録を捨てます。

@return self を返します。

pos = self.string.size と同じ動作です。

require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')
s.scan(/\w+/) # => "test"
s.matched # => "test"
s.pos # => 4
s[0] # => "test"
s.terminate
...

TkListbox#erase (9007.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

TkText#erase (9007.0)

@todo

@todo

SDBM#update(other) -> self (40.0)

self と other の内容をマージします。

self と other の内容をマージします。

重複するキーに対応する値はother の内容で上書きされます。

@param other each_pair メソッドを持つオブジェクトでなければなりません。

require 'sdbm'

db1 = SDBM.open('aaa.gdbm', 0666)
db1.clear
db1['a'] = 'aaa'
db1['b'] = 'bbb'
db1['c'] = 'ccc'
db2 = SDBM.open('bbb.gdbm', 0666)
db2.clear
db2['c'] = 'ccc'...

OpenSSL::SSL::SSLContext#session_cache_mode=(mode) (22.0)

セッションキャッシュのモードを指定します。

セッションキャッシュのモードを指定します。

以下の定数のORを引数として渡します。
* OpenSSL::SSL::SSLContext::SESSION_CACHE_OFF
* OpenSSL::SSL::SSLContext::SESSION_CACHE_CLIENT
* OpenSSL::SSL::SSLContext::SESSION_CACHE_SERVER
* OpenSSL::SSL::SSLContext::SESSION_CACHE_BOTH
* OpenSSL::SSL::SSLContext::SESSION_CACHE_NO_AUTO_CLEAR
...

SDBM#invert -> Hash (22.0)

値からキーへのハッシュを返します。

値からキーへのハッシュを返します。

require 'sdbm'

db1 = SDBM.open('aaa.gdbm', 0666)
db1.clear
db1['a'] = 'aaa'
db1['b'] = 'bbb'
db1['c'] = 'ccc'

p db1.invert #=> {"aaa"=>"a", "bbb"=>"b", "ccc"=>"c"}

SDBM#select {|key, value| ... } -> [[String]] (22.0)

ブロックを評価して真になった要素のみを配列に格納して返します。

ブロックを評価して真になった要素のみを配列に格納して返します。

require 'sdbm'

db1 = SDBM.open('aaa.gdbm', 0666)
db1.clear
db1['a'] = 'aaa'
db1['b'] = 'bbb'
db1['c'] = 'ccc'

p db1.select{ |key, value| key == 'a' } #=> [["a", "aaa"]]
p db1.select{ |key, value| key != 'a' } #=> [["c", "ccc"], ["b", "bbb"]]

絞り込み条件を変える

SDBM#to_a -> [[String]] (22.0)

self の各要素を格納した配列を返します。

self の各要素を格納した配列を返します。

返される配列の1つの要素は [key, value] です。
つまり配列の配列を返します。

require 'sdbm'

db1 = SDBM.open('aaa.gdbm', 0666)
db1.clear
db1['a'] = 'aaa'
db1['b'] = 'bbb'
db1['c'] = 'ccc'

p db1.to_a #=> [["a", "aaa"], ["b", "bbb"], ["c", "ccc"]]

SDBM#to_hash -> Hash (22.0)

self の各要素を格納したハッシュを返します。

self の各要素を格納したハッシュを返します。

require 'sdbm'

db1 = SDBM.open('aaa.gdbm', 0666)
db1.clear
db1['a'] = 'aaa'
db1['b'] = 'bbb'
db1['c'] = 'ccc'

p db1.to_hash #=> {"a"=>"aaa", "b"=>"bbb", "c"=>"ccc"}