るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
186件ヒット [1-100件を表示] (0.012秒)

別のキーワード

  1. _builtin chr
  2. integer chr
  3. string chr
  4. chr _builtin
  5. chr string#ord

検索結果

<< 1 2 > >>

Integer#chr -> String (18144.0)

与えられたエンコーディング encoding において self を文字コードと見た時、それに対応する一文字からなる文字列を返します。 引数無しで呼ばれた場合は self を US-ASCII、ASCII-8BIT、デフォルト内部エンコーディングの順で優先的に解釈します。

...釈します。

p 65.chr # => "A"
p 0x79.chr.encoding # => #<Encoding:US_ASCII>
p 0x80.chr.encoding # => #<Encoding:ASCII_8BIT>
p 12354.chr Encoding::UTF_8 # => "あ"
p 12354.chr Encoding::EUC_JP
# => RangeError: invalid codepoint 0x3042 in EUC-JP
p 12354.chr Encoding::ASCII_8BIT
#...
...=> RangeError: 12354 out of char range
p (2**32).chr
# => RangeError: bignum out of char range

@param encoding エンコーディングを表すオブジェクト。Encoding::UTF_8、'shift_jis' など。
@return 一文字からなる文字列
@raise RangeError self を与えられたエン...

Integer#chr(encoding) -> String (18144.0)

与えられたエンコーディング encoding において self を文字コードと見た時、それに対応する一文字からなる文字列を返します。 引数無しで呼ばれた場合は self を US-ASCII、ASCII-8BIT、デフォルト内部エンコーディングの順で優先的に解釈します。

...釈します。

p 65.chr # => "A"
p 0x79.chr.encoding # => #<Encoding:US_ASCII>
p 0x80.chr.encoding # => #<Encoding:ASCII_8BIT>
p 12354.chr Encoding::UTF_8 # => "あ"
p 12354.chr Encoding::EUC_JP
# => RangeError: invalid codepoint 0x3042 in EUC-JP
p 12354.chr Encoding::ASCII_8BIT
#...
...=> RangeError: 12354 out of char range
p (2**32).chr
# => RangeError: bignum out of char range

@param encoding エンコーディングを表すオブジェクト。Encoding::UTF_8、'shift_jis' など。
@return 一文字からなる文字列
@raise RangeError self を与えられたエン...

String#chr -> String (18143.0)

self の最初の文字だけを含む文字列を返します。

..."
a.chr #=> "a"
//}

Ruby 1.9 で IO#getc の戻り値が Integer から String を返すように変更になりました。
Ruby 1.8 以前と1.9以降の互換性を保つために String#chr が存在します。

例:
# ruby 1.8 系では STDIN.getc が 116 を返すため Integer#chr...
...呼び出される
$ echo test | ruby -e "p STDIN.getc.chr" # => "t"
# ruby 1.9 系以降では STDIN.getc が "t" を返すため String#chr が呼び出される
$ echo test | ruby -e "p STDIN.getc.chr" # => "t"

@see String#ord, Integer#chr...

Dir.chroot(path) -> 0 (6100.0)

ルートディレクトリを path に変更します。

...フォームのマニュアルの chroot の項も参照して下さい。

@param path ディレクトリのパスを文字列で指定します。

@raise Errno::EXXX 失敗した場合に発生します。

例:

p Dir.glob("*") #=> ["file1", "file2]
Dir.chroot("./")
p Dir.glob("/*") #=> ["...
.../file1", "/file2]

@see http://opengroup.org/onlinepubs/007908799/xsh/chroot.html...

MonitorMixin#mon_synchronize { ... } -> object (6100.0)

モニターをロックし、ブロックを実行します。実行後に必ずモニターのロックを解放します。

モニターをロックし、ブロックを実行します。実行後に必ずモニターのロックを解放します。

ブロックの評価値を返り値として返します。

@see MonitorMixin#mon_enter

絞り込み条件を変える

MonitorMixin#synchronize { ... } -> object (6100.0)

モニターをロックし、ブロックを実行します。実行後に必ずモニターのロックを解放します。

モニターをロックし、ブロックを実行します。実行後に必ずモニターのロックを解放します。

ブロックの評価値を返り値として返します。

@see MonitorMixin#mon_enter

Mutex#synchronize { ... } -> object (6100.0)

mutex をロックし、ブロックを実行します。実行後に必ず mutex のロックを解放します。

...また、Signal.#trap に指定したハンドラ内で実行
した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
m = Mutex.new
result = m.synchronize do
m.locked? # => true
# critical part
"result"
end
m.locked? # => false
result # => "result"
//}...

Mutex_m#mu_synchronize { ... } -> object (6100.0)

self のロックを取得し、ブロックを実行します。実行後に必ずロックを解放します。

self のロックを取得し、ブロックを実行します。実行後に必ずロックを解放します。

ブロックで最後に評価した値を返します。

Mutex_m#synchronize { ... } -> object (6100.0)

self のロックを取得し、ブロックを実行します。実行後に必ずロックを解放します。

self のロックを取得し、ブロックを実行します。実行後に必ずロックを解放します。

ブロックで最後に評価した値を返します。

PStore::DummyMutex#synchronize { ... } -> object (6100.0)

与えられたブロックを評価するだけで何もしません。

与えられたブロックを評価するだけで何もしません。

絞り込み条件を変える

Shell.debug_output_synchronize (6100.0)

@todo

...@todo

@see Mutex#synchronize...
...@todo

@see Thread::Mutex#synchronize...

Shell::ProcessController.block_output_synchronize { ... } -> () (6100.0)

@todo

@todo

Sync_m#sync_synchronize(mode = EX) {...} -> object (6100.0)

ロック状態を変更してブロックを実行します。 ブロックの実行結果を返します。

ロック状態を変更してブロックを実行します。
ブロックの実行結果を返します。

@param mode 変更後の状態を指定します。
通常、 Sync_m::UN, Sync_m::EX, Sync_m::SH のどれかを指定します。

Sync_m#synchronize(mode = EX) {...} -> object (6100.0)

ロック状態を変更してブロックを実行します。 ブロックの実行結果を返します。

ロック状態を変更してブロックを実行します。
ブロックの実行結果を返します。

@param mode 変更後の状態を指定します。
通常、 Sync_m::UN, Sync_m::EX, Sync_m::SH のどれかを指定します。

Thread::Mutex#synchronize { ... } -> object (6100.0)

mutex をロックし、ブロックを実行します。実行後に必ず mutex のロックを解放します。

...また、Signal.#trap に指定したハンドラ内で実行
した場合に発生します。

//emlist[例][ruby]{
m = Mutex.new
result = m.synchronize do
m.locked? # => true
# critical part
"result"
end
m.locked? # => false
result # => "result"
//}...

絞り込み条件を変える

VALUE CHR2FIX(char x) (6100.0)

char 型の整数 x を Ruby の Fixnum に変換します。

char 型の整数 x を Ruby の Fixnum に変換します。

char NUM2CHR(VALUE x) (6100.0)

Errno::ECHRNG (6000.0)

システムコールのエラーコードを表す例外クラスです。詳細は Errno::EXXX を参照してください。

システムコールのエラーコードを表す例外クラスです。詳細は Errno::EXXX を参照してください。
<< 1 2 > >>