るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
374件ヒット [1-100件を表示] (0.032秒)
トップページ > クエリ:backtrace[x]

別のキーワード

  1. _builtin backtrace_locations
  2. _builtin backtrace
  3. thread backtrace_locations
  4. thread backtrace
  5. exception backtrace

モジュール

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

static VALUE backtrace(int lev) (38100.0)

Exception#backtrace -> [String] (18113.0)

バックトレース情報を返します。

...ine}:in `#{method}'"
(メソッド内の場合)
* "#{sourcefile}:#{sourceline}"
(トップレベルの場合)

という形式の String の配列です。

def methd
raise
end

begin
methd
rescue => e
p e.backtrace
end

#=> ["filename.rb:2:in `methd'", "filename.rb:6"]...
...ド内の場合)
* "#{sourcefile}:#{sourceline}"
(トップレベルの場合)

という形式の String の配列です。

def methd
raise
end

begin
methd
rescue => e
p e.backtrace
end

#=> ["filename.rb:2:in `methd'", "filename.rb:6"]

@see Exception#backtrace_locations...

Gem::ConfigFile#backtrace -> bool (18101.0)

エラー発生時にバックトレースを出力するかどうかを返します。

エラー発生時にバックトレースを出力するかどうかを返します。

真の場合はバックトレースを出力します。そうでない場合はバックトレースを出力しません。

Thread#backtrace -> [String] | nil (18101.0)

スレッドの現在のバックトレースを返します。

スレッドの現在のバックトレースを返します。

スレッドがすでに終了している場合は nil を返します。

Exception#backtrace_locations -> [Thread::Backtrace::Location] (6246.0)

バックトレース情報を返します。Exception#backtraceに似ていますが、 Thread::Backtrace::Location の配列を返す点が異なります。

...情報を返します。Exception#backtraceに似ていますが、
Thread::Backtrace::Location の配列を返す点が異なります。

現状では Exception#set_backtrace によって戻り値が変化する事はあり
ません。

@see Exception#backtrace...

絞り込み条件を変える

Thread#backtrace_locations(range) -> [Thread::Backtrace::Location] | nil (6226.0)

スレッドの現在のバックトレースを Thread::Backtrace::Location の配 列で返します。

...スレッドの現在のバックトレースを Thread::Backtrace::Location の配
列で返します。

引数で指定した値が範囲外の場合、スレッドがすでに終了している場合は nil
を返します。

@param start 開始フレームの位置を数値で指定します...
...フレームの個数を指定します。

@param range 取得したいフレームの範囲を示す Range オブジェクトを指定します。

Kernel.#caller_locations と似ていますが、本メソッドは self に限定
した情報を返します。

@see Thread::Backtrace::Location...

Thread#backtrace_locations(start = 0, length = nil) -> [Thread::Backtrace::Location] | nil (6226.0)

スレッドの現在のバックトレースを Thread::Backtrace::Location の配 列で返します。

...スレッドの現在のバックトレースを Thread::Backtrace::Location の配
列で返します。

引数で指定した値が範囲外の場合、スレッドがすでに終了している場合は nil
を返します。

@param start 開始フレームの位置を数値で指定します...
...フレームの個数を指定します。

@param range 取得したいフレームの範囲を示す Range オブジェクトを指定します。

Kernel.#caller_locations と似ていますが、本メソッドは self に限定
した情報を返します。

@see Thread::Backtrace::Location...

Gem::ConfigFile#backtrace=(backtrace) (6208.0)

エラー発生時にバックトレースを出力するかどうか設定します。

...エラー発生時にバックトレースを出力するかどうか設定します。

@param backtrace 真を指定するとエラー発生時にバックトレースを出力するようになります。...

MiniTest.filter_backtrace(backtrace) -> Array (6208.0)

バックトレースからこのライブラリに関する部分を取り除いた結果を返します。

...バックトレースからこのライブラリに関する部分を取り除いた結果を返します。

@param backtrace バックトレースを指定します。...

Exception#set_backtrace(errinfo) -> nil | String | [String] (6101.0)

バックトレース情報に errinfo を設定し、設定されたバックトレース 情報を返します。

バックトレース情報に errinfo を設定し、設定されたバックトレース
情報を返します。

@param errinfo nil、String あるいは String の配列のいずれかを指定します。

絞り込み条件を変える

Gem::ConfigFile::DEFAULT_BACKTRACE -> false (6101.0)

バックトレースが表示されるかどうかのデフォルト値です。

バックトレースが表示されるかどうかのデフォルト値です。

OptionParser::ParseError#set_backtrace(array) -> [String] (6101.0)

自身に array で指定したバックトレースを設定します。

自身に array で指定したバックトレースを設定します。

@param array バックトレースを文字列の配列で指定します。

@return array を返します。

OptionParser::ParseError.filter_backtrace(array) -> [String] (6101.0)

array で指定されたバックトレースから optparse ライブラリに関する行を除 外します。

array で指定されたバックトレースから optparse ライブラリに関する行を除
外します。

デバッグモード($DEBUGが真)の場合は何もしません。

@param array バックトレースを文字列の配列で指定します。

@return array を返します。

static VALUE get_backtrace(VALUE info) (6100.0)

static VALUE make_backtrace(void) (6100.0)

絞り込み条件を変える

static void set_backtrace(VALUE info, VALUE bt) (6100.0)

void rb_backtrace(void) (6100.0)

Thread::Backtrace::Location#base_label -> String (3022.0)

self が表すフレームの基本ラベルを返します。通常、 Thread::Backtrace::Location#label から修飾を取り除いたもので構成 されます。

...self が表すフレームの基本ラベルを返します。通常、
Thread::Backtrace::Location#label から修飾を取り除いたもので構成
されます。

@see Thread::Backtrace::Location#label...
<< 1 2 3 ... > >>