るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
60件ヒット [1-60件を表示] (0.022秒)
トップページ > クエリ:TOPLEVEL_BINDING[x]

別のキーワード

  1. tkclass toplevel
  2. tk/toplevel tktoplevel
  3. context toplevel
  4. toplevel new
  5. toplevel reset

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

Object::TOPLEVEL_BINDING -> Binding (18101.0)

トップレベルでの Binding オブジェクト。

トップレベルでの Binding オブジェクト。

詳細は Binding を参照してください。

ERB#result(b=TOPLEVEL_BINDING) -> String (101.0)

ERB を b の binding で実行し、結果の文字列を返します。

ERB を b の binding で実行し、結果の文字列を返します。

@param b eRubyスクリプトが実行されるときのbinding

ERB#run(b=TOPLEVEL_BINDING) -> nil (101.0)

ERB を b の binding で実行し、結果を標準出力へ印字します。

ERB を b の binding で実行し、結果を標準出力へ印字します。

@param b eRubyスクリプトが実行されるときのbinding

IRB::Context (12.0)

irb の設定を扱うためのクラスです。

...t::TOPLEVEL_BINDING の Proc 内の
Binding を使用します。1 を指定した場合、Tempfile 中の
Binding を使用します。2 を指定した場合、Thread 内で読み込
んだファイル中の Binding を使用します。3 を指定した場合、
Object::TOPLEVEL_BINDING...

Binding (6.0)

ローカル変数のテーブルと self、モジュールのネストなどの情報を保 持するオブジェクトのクラスです。

...オブジェクトのクラスです。

組み込み関数 Kernel.#binding によっ
てのみ生成され、Kernel.#eval の第 2 引数に使用します。
またトップレベルの Binding オブジェクトとして組み込み定数
Object::TOPLEVEL_BINDING が用意されています。...

絞り込み条件を変える

Kernel#xmp(exps, bind = nil) -> XMP (6.0)

引数 exps で指定されたRuby のソースコードとその実行結果を、標準出力に行 ごとに交互に表示します。

...ます。

@param bind Binding オブジェクトを指定します。省略した場合は、最
後に実行した XMP#puts、Kernel#xmp の
Binding を使用します。まだ何も実行していない場合は
Object::TOPLEVEL_BINDING を使用します。...

Kernel.#binding -> Binding (6.0)

変数・メソッドなどの環境情報を含んだ Binding オブジェクトを 生成して返します。通常、Kernel.#eval の第二引数として使います。

...el.#eval の第二引数として使います。

def foo
a = 1
binding
end

eval("p a", foo) #=> 1

@see Kernel.#eval,Object::TOPLEVEL_BINDING...

ObjectSpace.#define_finalizer(obj) {|id| ...} -> Array (6.0)

obj が解放されるときに実行されるファイナライザ proc を 登録します。同じオブジェクトについて複数回呼ばれたときは置き換えで はなく追加登録されます。現在のセーフレベルと proc を配列にして返します。

...しょう。

class Baz
def initialize
ObjectSpace.define_finalizer self, eval(%q{
proc {
raise "baz" rescue puts $!
raise "baz2"
puts "baz3"
}
}, TOPLEVEL_BINDING)
end
end
Baz.new
GC.start

# => baz

@see spec/rubycmd...

ObjectSpace.#define_finalizer(obj, proc) -> Array (6.0)

obj が解放されるときに実行されるファイナライザ proc を 登録します。同じオブジェクトについて複数回呼ばれたときは置き換えで はなく追加登録されます。現在のセーフレベルと proc を配列にして返します。

...しょう。

class Baz
def initialize
ObjectSpace.define_finalizer self, eval(%q{
proc {
raise "baz" rescue puts $!
raise "baz2"
puts "baz3"
}
}, TOPLEVEL_BINDING)
end
end
Baz.new
GC.start

# => baz

@see spec/rubycmd...

XMP.new(bind = nil) -> XMP (6.0)

自身を初期化します。

...ram bind Binding オブジェクトを指定します。省略した場合は、最
後に実行した XMP#puts、Kernel#xmp の
Binding を使用します。まだ何も実行していない場合は
Object::TOPLEVEL_BINDING を使用します。

@see XMP#puts...

絞り込み条件を変える