るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
41件ヒット [1-41件を表示] (0.059秒)
トップページ > クエリ:Struct#eql?[x]

別のキーワード

  1. each io#each
  2. each_line io#each
  3. read io#read
  4. each io#gets
  5. open io#seek

検索結果

Struct#eql?(other) -> bool (62146.0)

self と other のクラスが同じであり、各メンバが eql? メソッドで比較して等しい場合に true を返します。そうでない場合に false を返します。

...ラスが同じであり、各メンバが eql? メソッドで比較して等しい場合に
true を返します。そうでない場合に false を返します。

@param other self と比較したいオブジェクトを指定します。

Dog = Struct.new(:name, :age)
dog1 = Dog.new("fred"...
...#=> true
p dog1.eql?(dog2) #=> true
p dog1.equal?(dog2) #=> false

[注意] 本メソッドの記述は Struct の下位クラスのインスタンスに対して呼び
出す事を想定しています。Struct.new は Struct の下位クラスを作成す...
...る点に
注意してください。

@see Struct#==...

OpenStruct#eql?(other) -> bool (24106.0)

self と other が等しい場合に true を返します。そうでない場合は false を 返します。

...ます。そうでない場合は false を
返します。

具体的には other が OpenStruct オブジェクトかそのサブクラスでかつ、
self の各要素を保持した内部の Hash が eql? で比較して等しい場合に
true を返します。

@param other 比較対象のオ...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (84.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

..." も取り除きます。

: ((<String#casecmp|String/casecmp>)) [new]
: ((<String#eql?|String/eql?>)) [change]

casecmp 追加。アルファベットの大小を無視した文字列比較。

eql?
は、((<$=|組み込み変数>)) の値に関らず常にアルファベットの大...
...なりました。

: ((<String#insert|String/insert>)) [new]

追加

(({str[n, 0] = other})) と同じ(ただし self を返す)

=== Struct

: ((<Struct/each_pair>)) [new]

追加。

=== Symbol

: ((<Symbol/Symbol.all_symbols>)) [new]
追加 ((<ruby-dev:12921>))

=== SystemCallError...
...str[/re/, 0] は、str[/re/] と同じです。

=== Struct

: ((<Struct>)) [compat]

Struct
が適切なハッシュ値を持つよう Struct#hash, Struct#eql? が定義
されました。((<ruby-bugs:PR#758>))

: ((<aStruct#inspect|Struct>)) [compat]

出力形式が少しだけ変わり...

NEWS for Ruby 2.0.0 (30.0)

NEWS for Ruby 2.0.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...eql? を削除。

* Process
* 追加: Process#getsid session id を取得します(unix のみ)。

* Range
* 追加: Range#size サイズの遅延評価
* 追加: Range#bsearch 二分探索

* RubyVM (MRI specific)
* 追加: RubyVM::InstructionSequence.of to get the instruct...
...* 追加: RubyVM::InstructionSequence#path,
RubyVM::InstructionSequence#absolute_path,
RubyVM::InstructionSequence#label,
RubyVM::InstructionSequence#base_label,
RubyVM::InstructionSequence#first_lineno to retrieve information from where
the instruction sequence was def...
...1c), only GCM mode is supported.

* ostruct
* 追加: OpenStruct#[] , OpenStruct#[]=
* 追加: OpenStruct#each_pair
* 追加: OpenStruct#eql?
* 追加: OpenStruct#hash
* 追加: OpenStruct#to_h
* 拡張: OpenStruct.new OpenStruct/Struct のインスタンスを受け付け...

ruby 1.8.2 feature (30.0)

ruby 1.8.2 feature ruby 1.8.2 での ruby 1.8.1 からの変更点です。

...#initialize [lib] [compat]
'no_hidden' オプションを指定できるようになりました。((<ruby-talk:123850>))

=== 2004-12-16

: Hash#eql? [ruby] [obsolete]
: Hash#hash [ruby] [obsolete]

削除
((<ruby-dev:25206>))?

=== 2004-12-14
: CGI::Session.initialize [lib] [change]
存在...
...tual_host [lib] [new]
: WEBrick::HTTPServer#lookup_server [lib] [new]
: WEBrick::HTTPServlet::FileHandler#get_servlet [lib] [new]

=== 2004-09-03
: Struct.new [ruby] [bug]
同じ名前で二度定義したときのバグを修正しました。((<ruby-dev:24210>))

=== 2004-08-24
: CGI::Session::...
...end
'
-e:6: superclass mismatch for class Foo (TypeError)

=== 2004-04-19

: Hash#== [change]
: Hash#eql? [new]

Hash#== は内容が一致していれば真に、Hash#eql? は、さらに
ハッシュのデフォルト値が同じ(==)なら真になるよう定義されました...

絞り込み条件を変える

ruby 1.9 feature (12.0)

ruby 1.9 feature ruby version 1.9.0 は開発版です。 以下にあげる機能は将来削除されたり互換性のない仕様変更がなされるかもしれません。 1.9.1 以降は安定版です。 バグ修正がメインになります。

...?)
* [obsolete]: 廃止された(される予定の)機能
* [platform]: 対応プラットフォームの追加

== 1.9.0

=== 2006-09-16

: Struct#inspect

=== 2006-09-14

: digest.rb
: Digest::Base.file

=== 2006-09-13

: Hash#compare_by_identity
: Hash#compare_by_identity?
: Hash#identical...
...ました。
この機能は実験的なものです。

x = proc {|a| p a}
(x)(7) # => 7

=== 2005-05-08

: Hash#hash [obsolete]
: Hash#eql? [obsolete]

削除

((<ruby-dev:26132>))

=== 2005-04-02

: ENV.key [new]
: ENV.index [obsolete]

((<ruby-dev:25974>))

=== 2005-03-09

: Ruby...