るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
362件ヒット [1-100件を表示] (0.018秒)
トップページ > クエリ:StringScanner[x]

別のキーワード

  1. strscan stringscanner
  2. stringscanner id
  3. stringscanner <<
  4. stringscanner []
  5. stringscanner pos

ライブラリ

クラス

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

StringScanner (38076.0)

StringScanner は文字列スキャナクラスです。 簡単に高速なスキャナを記述できます。

...StringScanner は文字列スキャナクラスです。
簡単に高速なスキャナを記述できます。

require 'strscan'

s = StringScanner.new('This is an example string')
s.eos? #=> false

p s.scan(/\w+/) #=> "This"
p s.scan(/\w+/) #=> nil
p s.scan(...
.../\s+/) #=> " "
p s.scan(/\w+/) #=> "string"
s.eos? #=> true

p s.scan(/\s+/) #=> nil
p s.scan(/\w+/) #=> nil

StringScanner
オブジェクトはスキャンする文字列と「スキャンポインタ」のセットです。
スキャンポインタとはスキ...
...たらその後ろにポインタを進めます。

require 'strscan'

## a string and a scan pointer ("_" = scan pointer)

s = StringScanner.new('This is an example string')
_This is an example string s.eos? = false
s.scan(/\w+/)
This_ is an example string s.eos?...

StringScanner.new(str, dup = false) -> StringScanner (21123.0)

新しい StringScanner オブジェクトを生成します。

...新しい StringScanner オブジェクトを生成します。

@param str スキャン対象の文字列を指定します。

@param dup dup は単に無視します。
引数の文字列は複製も freeze もされず、そのまま使います。

使用例
require 'strscan'...

StringScanner#scan_full(regexp, s, f) -> object (21054.0)

スキャンポインタの位置から regexp と文字列のマッチを試します。

...scan_full(regexp, true, true) は StringScanner#scan と同等。
* scan_full(regexp, true, false) は StringScanner#skip と同等。
* scan_full(regexp, false, true) は StringScanner#check と同等。
* scan_full(regexp, false, false) は StringScanner#match? と同等。

@param reg...
...s = StringScanner.new('test string')
p s.scan_full(/\w+/, true, true) #=> "test"
p s.scan_full(/\s+/, false, true) #=> " "
p s.scan_full(/\s+/, true, false) #=> 1
p s.scan_full(/\w+/, false, false) #=> 6
p s.scan_full(/\w+/, true, true) #=> "string"

@see StringScanner#sca...
...n StringScanner#skip StringScanner#check StringScanner#match?...

StringScanner#search_full(regexp, s, f) -> object (21054.0)

regexp で指定された正規表現とマッチするまで文字列をスキャンします。

...gexp, true, true) は StringScanner#scan_until と同等。
* search_full(regexp, true, false) は StringScanner#skip_until と同等。
* search_full(regexp, false, true) は StringScanner#check_until と同等。
* search_full(regexp, false, false) は StringScanner#exist? と同等。...
...s = StringScanner.new('test string')
p s.search_full(/t/, true, true) #=> "t"
p s.search_full(/str/, false, true) #=> "est str"
p s.search_full(/string/, true, true) #=> "est string"


@see StringScanner#scan_until StringScanner#skip_until StringScanner#check_until StringScanner#e...

StringScanner#inspect -> String (21046.0)

StringScannerオブジェクトを表す文字列を返します。

...StringScannerオブジェクトを表す文字列を返します。

文字列にはクラス名の他、以下の情報が含まれます。

* スキャナポインタの現在位置。
* スキャン対象の文字列の長さ。
* スキャンポインタの前後にある文字。...
...require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')
s.inspect # => "#<StringScanner 0/11 @ \"test ...\">"
s.scan(/\w+/) # => "test"
s.inspect # => "#<StringScanner 4/11 \"test\" @ \" stri...\">...
..."
s.scan(/\s+/) # => " "
s.inspect # => "#<StringScanner 5/11 \"test \" @ \"strin...\">"
s.scan(/\w+/) # => "string"
s.inspect # => "#<StringScanner fin>"...

絞り込み条件を変える

StringScanner#<<(str) -> self (21042.0)

操作対象の文字列に対し str を破壊的に連結します。 マッチ記録は変更されません。

...'strscan'

s = StringScanner.new('test') # => #<StringScanner 0/4 @ "test">
s.match(/\w(\w*)/) # => "test"
s[0] # => "test"
s[1] # => "est"
s << ' string' # => #<StringScanner 4/11 "test" @ " st...
..."string"

この操作は StringScanner.new に渡した文字列にも影響することがあります。

require 'strscan'

str = 'test'
s = StringScanner.new(str) # => #<StringScanner 0/4 @ "test">
s << ' string' # => #<StringScanner 0/11 @ "test ...">...

StringScanner#concat(str) -> self (21042.0)

操作対象の文字列に対し str を破壊的に連結します。 マッチ記録は変更されません。

...'strscan'

s = StringScanner.new('test') # => #<StringScanner 0/4 @ "test">
s.match(/\w(\w*)/) # => "test"
s[0] # => "test"
s[1] # => "est"
s << ' string' # => #<StringScanner 4/11 "test" @ " st...
..."string"

この操作は StringScanner.new に渡した文字列にも影響することがあります。

require 'strscan'

str = 'test'
s = StringScanner.new(str) # => #<StringScanner 0/4 @ "test">
s << ' string' # => #<StringScanner 0/11 @ "test ...">...

StringScanner#unscan -> self (21042.0)

スキャンポインタを前回のマッチの前の位置に戻します。

...s = StringScanner.new('test string')
s.scan(/\w+/) # => "test"
s.unscan
s.scan(/\w+/) # => "test"


@return selfを返します。

このメソッドでポインタを戻せるのは 1 回分だけです。
2 回分以上戻そうとしたときは例外 StringScanner::Error...
...た、まだマッチを一度も行っていないときや、
前回のマッチが失敗していたときも例外 StringScanner::Error が発生します。

@raise StringScanner::Error 2 回分以上戻そうとした時や、
まだマッチを一度も行ってい...
...発生します。
使用例
require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')
begin
# マッチを一度も行っていないので、例外が発生する。
s.unscan
rescue StringScanner::Error => err
puts err
# 出力例
#=> u...

StringScanner#rest_size -> Integer (21034.0)

文字列の残りの長さを返します。 stringscanner.rest.size と同じです。

...長さを返します。
stringscanner
.rest.size と同じです。

StringScanner
#restsize は将来のバージョンで削除される予定です。
代わりにStringScanner#rest_size を使ってください。

使用例
require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')...

StringScanner#restsize -> Integer (21034.0)

文字列の残りの長さを返します。 stringscanner.rest.size と同じです。

...長さを返します。
stringscanner
.rest.size と同じです。

StringScanner
#restsize は将来のバージョンで削除される予定です。
代わりにStringScanner#rest_size を使ってください。

使用例
require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')...

絞り込み条件を変える

StringScanner#peek(bytes) -> String (21030.0)

スキャンポインタから長さ bytes バイト分だけ文字列を返します。

...rscan'
s = StringScanner.new('test string')
s.peek(4) # => "test"

また、このメソッドを実行してもスキャンポインタは移動しません。

StringScanner
#peep は将来のバージョンでは削除される予定です。
代わりに StringScanner#peek を使っ...
...("") を返します。

@raise ArgumentError bytes に負数を与えると発生します。

使用例
require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')
p s.peek(4) # => "test"
p s.peek(20) # => "test string"
p s.peek(0) # => ""
begin...
..."string"
p s.peek(4) # => ""

# このメソッドを実行してもスキャンポインタは移動しません。

s = StringScanner.new('test string')
p s.peek(4) # => "test"
p s.peek(4) # => "test"
p s.scan(/\w+/) # => "test"
p s.peek(4)...

StringScanner#peep(bytes) -> String (21030.0)

スキャンポインタから長さ bytes バイト分だけ文字列を返します。

...rscan'
s = StringScanner.new('test string')
s.peek(4) # => "test"

また、このメソッドを実行してもスキャンポインタは移動しません。

StringScanner
#peep は将来のバージョンでは削除される予定です。
代わりに StringScanner#peek を使っ...
...("") を返します。

@raise ArgumentError bytes に負数を与えると発生します。

使用例
require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')
p s.peek(4) # => "test"
p s.peek(20) # => "test string"
p s.peek(0) # => ""
begin...
..."string"
p s.peek(4) # => ""

# このメソッドを実行してもスキャンポインタは移動しません。

s = StringScanner.new('test string')
p s.peek(4) # => "test"
p s.peek(4) # => "test"
p s.scan(/\w+/) # => "test"
p s.peek(4)...

StringScanner#string -> String (21030.0)

スキャン対象にしている文字列を返します。

...strscan'

s = StringScanner.new('test string')
s.string # => "test string"

返り値は freeze されていません。

require 'strscan'

s = StringScanner.new('test string')
s.string.frozen? # => false

なお、このメソッドは StringScanner.new に渡した...
...この仕様に依存したコードを書かないようにしましょう。

require 'strscan'

str = 'test string'
s = StringScanner.new(str)
s.string == str # => true
s.string.eql?(str) # => true (将来は false になる可能性がある)

また、返り値...
...せん。
この仕様に依存したコードを書かないでください。

require 'strscan'

str = 'test string'
s = StringScanner.new(str)
s.string.replace("0123")
s.scan(/\w+/) # => "0123" (将来は "test" が返る可能性あり)
str...

StringScanner#matchedsize -> Integer | nil (21028.0)

StringScanner#matched_size と同じです。

...
StringScanner
#matched_size と同じです。

このメソッドは は将来のバージョンで削除される予定です。
代わりに StringScanner#matched_size を使ってください。

@see StringScanner#matched_size...

StringScanner::Version -> String (21028.0)

StringScanner クラスのバージョンを文字列で返します。 この文字列は Object#freeze されています。

...StringScanner クラスのバージョンを文字列で返します。
この文字列は Object#freeze されています。

require 'strscan'

StringScanner
::Version # => "0.7.0"
StringScanner
::Version.frozen? # => true...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>