るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
252件ヒット [1-100件を表示] (0.028秒)
トップページ > クエリ:Rake::FileList[x]

別のキーワード

  1. rake to_s
  2. rake new
  3. rake []
  4. rake application
  5. rake clear

検索結果

<< 1 2 3 > >>

Rake::FileList (23018.0)

このクラスは Array と基本的には同じです。

...されています。

Rake::FileList
は与えられた glob のパターンを使ってすぐにファイルを検索せずに、
後で評価するためにそれを保存しておきます。

このことは、多くのファイルにマッチする多くの Rake::FileList を使用できるこ...
...とを意味します。
実際に使用されると Rake::FileList が保持するパターンが評価されます。...

Rake::FileList#existing -> Rake::FileList (21117.0)

自身に含まれるファイルのうちファイルシステムに存在するファイルのみを 含む Rake::FileList を返します。

...自身に含まれるファイルのうちファイルシステムに存在するファイルのみを
含む Rake::FileList を返します。...

Rake::FileList#ext(newext = &#39;&#39;) -> Rake::FileList (21117.0)

各要素に String#ext を適用した新しい Rake::FileList を返します。

...各要素に String#ext を適用した新しい Rake::FileList を返します。

@see String#ext...

Rake::FileList#gsub(pattern, replace) -> Rake::FileList (21117.0)

自身に含まれるファイルリストのそれぞれのエントリに対して String#gsub を実行し、 結果を新しい Rake::FileList として返します。

...自身に含まれるファイルリストのそれぞれのエントリに対して String#gsub を実行し、
結果を新しい Rake::FileList として返します。

例:
FileList['lib/test/file', 'x/y'].gsub(/\//, "\\") # => ['lib\\test\\file', 'x\\y']...

Rake::FileList#pathmap(spec = nil) -> Rake::FileList (21117.0)

各要素に String#pathmap を適用した新しい Rake::FileList を返します。

...各要素に String#pathmap を適用した新しい Rake::FileList を返します。

@see String#pathmap...

絞り込み条件を変える

Rake::FileList#sub(pattern, replace) -> Rake::FileList (21117.0)

自身に含まれるファイルリストのそれぞれのエントリに対して String#sub を実行し、 結果を新しい Rake::FileList として返します。

...自身に含まれるファイルリストのそれぞれのエントリに対して String#sub を実行し、
結果を新しい Rake::FileList として返します。

例:
FileList['a.c', 'b.c'].sub(/\.c$/, '.o') => ['a.o', 'b.o']...

Rake::FileList.[](*args) -> Rake::FileList (21101.0)

与えられたパターンをもとにして自身を初期化します。

与えられたパターンをもとにして自身を初期化します。

@param args パターンを指定します。

Rake::FileList#*(other) -> Array | String (21000.0)

Array#* と動作を合わせるために再定義しています。

Array#* と動作を合わせるために再定義しています。

@see Array#*

Rake::FileList#==(array) -> bool (21000.0)

自身を配列に変換してから与えられた配列と比較します。

自身を配列に変換してから与えられた配列と比較します。

@param array 比較対象の配列を指定します。

Rake::FileList#clear_exclude -> self (21000.0)

登録されている除外リストをクリアします。

登録されている除外リストをクリアします。

絞り込み条件を変える

Rake::FileList#egrep(pattern) {|filename, count, line| ... } (21000.0)

与えられたパターンをファイルリストから grep のように検索します。

与えられたパターンをファイルリストから grep のように検索します。

ブロックが与えられた場合は、マッチした行の情報 (ファイル名、行番号、マッチした行) が
ブロックに渡されてブロックが評価されます。ブロックが与えられなかった場合は、
標準出力に、ファイル名:行番号:マッチした行を出力します。

@param pattern 正規表現を指定します。

Rake::FileList#exclude(*patterns) {|entry| ... } -> self (21000.0)

自身から取り除くべきファイル名のパターンを自身の除外リストに登録します。

自身から取り除くべきファイル名のパターンを自身の除外リストに登録します。

パターンとして正規表現、グロブパターン、文字列が使用可能です。
さらにブロックが与えられた場合は、ブロックを評価して真になったエントリを削除します。

グロブパターンはファイルシステムに対して展開されます。
もし、ファイルシステムに存在しないファイルを明示的にリストへ追加した場合、
グロブパターンではそのファイルをリストから削除しません。

例:
FileList['a.c', 'b.c'].exclude("a.c") # => ['b.c']
FileList['a.c', 'b.c'].exclude(...

Rake::FileList#exclude_from_list?(file_name) -> bool (21000.0)

与えられたファイル名が除外される場合は、真を返します。 そうでない場合は偽を返します。

与えられたファイル名が除外される場合は、真を返します。
そうでない場合は偽を返します。

@param file_name ファイル名を指定します。

Rake::FileList#existing! -> self (21000.0)

自身に含まれるファイルのうちファイルシステムに存在するファイルのみを 含むように自身を変更して返します。

自身に含まれるファイルのうちファイルシステムに存在するファイルのみを
含むように自身を変更して返します。

Rake::FileList#gsub!(pattern, replace) -> self (21000.0)

自身に含まれるファイルリストのそれぞれのエントリに対して String#gsub を実行します。 自身を破壊的に変更します。

自身に含まれるファイルリストのそれぞれのエントリに対して String#gsub を実行します。
自身を破壊的に変更します。

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 > >>