るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
115件ヒット [1-100件を表示] (0.037秒)

別のキーワード

  1. _builtin times
  2. integer times
  3. process times
  4. times
  5. times _builtin

検索結果

<< 1 2 > >>

Integer#times -> Enumerator (80252.0)

self 回だけ繰り返します。 self が正の整数でない場合は何もしません。

...数値が渡されます。

3.times { puts "Hello, World!" } # Hello, World! と3行続いて表示される。
0.times { puts "Hello, World!" } # 何も表示されない。
5.times {|n| print n } # 01234 と表示される。

@see Integer#upto, Integer#downto, Numeric#step...

Integer#times {|n| ... } -> self (80252.0)

self 回だけ繰り返します。 self が正の整数でない場合は何もしません。

...数値が渡されます。

3.times { puts "Hello, World!" } # Hello, World! と3行続いて表示される。
0.times { puts "Hello, World!" } # 何も表示されない。
5.times {|n| print n } # 01234 と表示される。

@see Integer#upto, Integer#downto, Numeric#step...

Integer#upto(max) {|n| ... } -> Integer (21131.0)

self から max まで 1 ずつ増やしながら繰り返します。 self > max であれば何もしません。

...

@param max 数値
@return self を返します。

例:

5.upto(10) {|i| print i, " " } # => 5 6 7 8 9 10

@see Integer#downto, Numeric#step, Integer#times...

Integer#upto(max) -> Enumerator (21031.0)

self から max まで 1 ずつ増やしながら繰り返します。 self > max であれば何もしません。

...

@param max 数値
@return self を返します。

例:

5.upto(10) {|i| print i, " " } # => 5 6 7 8 9 10

@see Integer#downto, Numeric#step, Integer#times...

Integer#downto(min) -> Enumerator (21030.0)

self から min まで 1 ずつ減らしながらブロックを繰り返し実行します。 self < min であれば何もしません。

...から min まで 1 ずつ減らしながらブロックを繰り返し実行します。
self < min であれば何もしません。

@param min 数値
@return self を返します。

例:

5.downto(1) {|i| print i, " " } # => 5 4 3 2 1

@see Integer#upto, Numeric#step, Integer#times...

絞り込み条件を変える

Integer#downto(min) {|n| ... } -> self (21030.0)

self から min まで 1 ずつ減らしながらブロックを繰り返し実行します。 self < min であれば何もしません。

...から min まで 1 ずつ減らしながらブロックを繰り返し実行します。
self < min であれば何もしません。

@param min 数値
@return self を返します。

例:

5.downto(1) {|i| print i, " " } # => 5 4 3 2 1

@see Integer#upto, Numeric#step, Integer#times...

Integer#upto(max) -> Enumerator (21030.0)

self から max まで 1 ずつ増やしながら繰り返します。 self > max であれば何もしません。

...

@param max 数値
@return self を返します。

例:

5.upto(10) {|i| print i, " " } # => 5 6 7 8 9 10

@see Integer#downto, Numeric#step, Integer#times...

Integer#upto(max) {|n| ... } -> Fixnum | Bignum (21030.0)

self から max まで 1 ずつ増やしながら繰り返します。 self > max であれば何もしません。

...

@param max 数値
@return self を返します。

例:

5.upto(10) {|i| print i, " " } # => 5 6 7 8 9 10

@see Integer#downto, Numeric#step, Integer#times...

Socket::Constants::SCM_TIMESTAMP -> Integer (6201.0)

Timestamp (timeval).

...Timestamp (timeval).

Socket::AncillaryData の type として利用します。

@see Socket::AncillaryData, Socket::AncillaryData#timestamp
BasicSocket#sendmsg, BasicSocket#recvmsg...

Socket::Constants::SCM_TIMESTAMPNS -> Integer (6201.0)

Timestamp (timespec).

...Timestamp (timespec).

Socket::AncillaryData の type として利用します。

@see Socket::AncillaryData, Socket::AncillaryData#timestamp
BasicSocket#sendmsg, BasicSocket#recvmsg...

絞り込み条件を変える

Socket::Constants::SO_TIMESTAMP -> Integer (6201.0)

Receive timestamp with datagrams (timeval)。 BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の第2引数(optname)に使用します。

...Receive timestamp with datagrams (timeval)。
BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt
の第2引数(optname)に使用します。

@see getsockopt(2freebsd),
socket(7linux), Socket::Constants::SOL_SOCKET
Socket::AncillaryData#timestamp...

Socket::Constants::SO_TIMESTAMPNS -> Integer (6201.0)

@todo Receive nanosecond timestamp with datagrams (timespec)。

...@todo
Receive nanosecond timestamp with datagrams (timespec)。

@see Socket::Constants::SO_TIMESTAMP,
Socket::AncillaryData#timestamp...

Socket::SCM_TIMESTAMP -> Integer (6201.0)

Timestamp (timeval).

...Timestamp (timeval).

Socket::AncillaryData の type として利用します。

@see Socket::AncillaryData, Socket::AncillaryData#timestamp
BasicSocket#sendmsg, BasicSocket#recvmsg...

Socket::SCM_TIMESTAMPNS -> Integer (6201.0)

Timestamp (timespec).

...Timestamp (timespec).

Socket::AncillaryData の type として利用します。

@see Socket::AncillaryData, Socket::AncillaryData#timestamp
BasicSocket#sendmsg, BasicSocket#recvmsg...

Socket::SO_TIMESTAMP -> Integer (6201.0)

Receive timestamp with datagrams (timeval)。 BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt の第2引数(optname)に使用します。

...Receive timestamp with datagrams (timeval)。
BasicSocket#getsockopt, BasicSocket#setsockopt
の第2引数(optname)に使用します。

@see getsockopt(2freebsd),
socket(7linux), Socket::Constants::SOL_SOCKET
Socket::AncillaryData#timestamp...

絞り込み条件を変える

Socket::SO_TIMESTAMPNS -> Integer (6201.0)

@todo Receive nanosecond timestamp with datagrams (timespec)。

...@todo
Receive nanosecond timestamp with datagrams (timespec)。

@see Socket::Constants::SO_TIMESTAMP,
Socket::AncillaryData#timestamp...

Etc::PC_TIMESTAMP_RESOLUTION -> Integer (3221.0)

IO#pathconf の引数に指定します。

IO#pathconf の引数に指定します。

詳細は fpathconf(3) を参照してください。

Process.#clock_gettime(clock_id, unit=:float_second) -> Float | Integer (155.0)

POSIX の clock_gettime() 関数の時間を返します。

...れかで指定します。
サポートされている定数は OS やバージョンに依存します。

: Process::CLOCK_REALTIME
S
USv2 to 4, Linux 2.5.63, FreeBSD 3.0, NetBSD 2.0, OpenBSD 2.1, macOS 10.12
: Process::CLOCK_MONOTONIC
SUSv3 to 4, Linux 2.5.63, FreeBSD 3.0, NetBS...
...:GETTIMEOFDAY_BASED_CLOCK_REALTIME と定義されています。

CLOCK_REALTIME のエミュレーション:

: :GETTIMEOFDAY_BASED_CLOCK_REALTIME
S
US で定義されている gettimeofday() を使います。 (しかし SUSv4 で obsoleted になっています)
精度は1マイクロ秒です...
...可能な mach_absolute_time() を使います。
精度は CPU に依存します。
: :TIMES_BASED_CLOCK_MONOTONIC
POSIX で定義されている times() の結果を使います。
POSIX では「times() は過去のある時点 (例えばシステムの起動時刻) からの経過クロッ...

Process.#waitall -> [[Integer, Process::Status]] (107.0)

全ての子プロセスが終了するのを待ちます。 終了した子プロセスの pid と終了ステータス (Process::Status) の配列の配列を返します。 子プロセスがいない状態でこのメソッドを呼び出すと空の配列を返します。

...空の配列を返します。

$? には最後に終了した子プロセスの Process::Status オブジェクトが設定されます。

2.times {|n|
Process.fork() { exit n }
}
p Process.waitall
#=> :Status: pid=2766,exited(1)>], [2765, #<Process::Status: pid=2765,exited(1...
<< 1 2 > >>