るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
75件ヒット [1-75件を表示] (0.027秒)
トップページ > クエリ:IO[x] > クエリ:find[x]

別のキーワード

  1. io popen
  2. io pipe
  3. io lines
  4. io each
  5. io each_line

検索結果

Gem::GemPathSearcher#find(path) -> Gem::Specification | nil (18207.0)

与えられたパスにマッチする Gem::Specification を一つだけ返します。

...与えられたパスにマッチする Gem::Specification を一つだけ返します。

@see Array#find...

Rake::Application#find_rakefile_location -> Array | nil (15201.0)

Rakefile とそのファイルがあったディレクトリのペアを返します。

Rakefile とそのファイルがあったディレクトリのペアを返します。

Gem::DependencyInstaller#find_spec_by_name_and_version(gem_name, version = Gem::Requirement.default) -> Array (12301.0)

与えられた Gem の名前とバージョンに関する条件にマッチする Gem::Specification と それの存在する URI を含む配列を返します。

...れた Gem の名前とバージョンに関する条件にマッチする Gem::Specification と
それの存在する URI を含む配列を返します。

@param gem_name Gem の名前を指定します。

@param version Gem が満たすバージョンに関する条件を指定します。...

Tk::Tcllib::CText#find_previous_space(idx) (12201.0)

@todo

@todo

Gem::SourceIndex#find_name(gem_name, version_requirement = Gem::Requirement.default) -> Gem::Specification (6301.0)

短い名前で正確にマッチする Gem を返します。

...短い名前で正確にマッチする Gem を返します。

@param gem_name Gem の名前を指定します。

@param version_requirement

@see Gem::Requirement...

絞り込み条件を変える

Gem::GemPathSearcher#find_all(path) -> [Gem::Specification] (6207.0)

与えられたパスにマッチする Gem::Specification を全て返します。

...与えられたパスにマッチする Gem::Specification を全て返します。

@see Array#find_all...

Gem::DependencyList#find_name(full_name) -> Gem::Specification | nil (6201.0)

自身に含まれる与えられた名前を持つ Gem::Specification のインスタンスを返します。

...身に含まれる与えられた名前を持つ Gem::Specification のインスタンスを返します。

見つからなかった場合は nil を返します。

@param full_name バージョンを含むフルネームで Gem の名前を指定します。

@see Gem::Specification#full_name...

RDoc::Context#record_location(toplevel) (6116.0)

Record the file that we happen to find it in

...Record the file that we happen to find it in...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (222.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...クラ
スのインスタンスになりました。

=== クラス階層

: ((<File::Constants>))

File::Constants は、File クラスでなく IO クラスが include するように
なりました。((<ruby-dev:20964>))

: ((<UnboundMethod>)) [compat]

UnboundMethod クラスは Method...
...ror < NameError < StandardError.

: ((<Interrupt>)) [change]
Interrupt は、((<SignalException>))のサブクラスになりました。
(1.6以前はExceptionのサブクラス)

== 追加されたメソッド
=== 組み込み関数

: ((<組み込み関数/warn>)) [new]...
...
また、空白類に特殊な意味はなくなりました('\0'の効果は残っています)。

=== Enumerable

: ((<Enumerable#find|Enumerable/find>)) [change]

引数に文字列を指定できなくなりました。

また、要素が見つからなかった場合は、ifnone の...

NEWS for Ruby 2.0.0 (108.0)

NEWS for Ruby 2.0.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...警告しなくなりました

=== 組み込みクラスの更新

* ARGF.class
* 追加: ARGF.class#codepoints, ARGF.class#each_codepoint
IO
にある同名のメソッドに対応します

* Array
* 追加: Array#bsearch 二分探索します
* 非互換:
* Array#shuf...
...に似ています
* 拡張: Hash#default_proc= default proc をクリアするために nil を渡せるようになりました

* IO
* 非推奨: IO#lines, #bytes, #chars, #codepoints

* Kernel
* 追加: Kernel.#Hash という変換メソッド。Kernel.#Array, Kernel.#Float に...
...になりました

* pathname
* 拡張: Pathname#find ブロックを与えない場合 Enumerator を返すようになりました

* rake
* 0.9.5 に更新
* This version is backwards-compatible with previous rake versions and
contains many bug fixes.
* See http:/...

絞り込み条件を変える

NEWS for Ruby 2.2.0 (84.0)

NEWS for Ruby 2.2.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...た。
* 改善: メジャーGCにインクリメンタルマーキングを導入しました。 10137

* IO
* 改善: Windows上でパイプのための IO#read_nonblock, IO#write_nonblock をサポートしました。

* Kernel
* 追加: Kernel.#itself(Object#itself)
* 改善...
...るポリシーを変更しました 10315
{ **hash1, **hash2 } は重複するキーについては hash2 の値を持ちます

* IO
* 非互換: IO#flush を使ったとき、ファイルのメタデータが即時更新されることを仮定できなくなりました。
...
...

* etc
* 追加: Etc.#uname
* 追加: Etc.#sysconf
* 追加: Etc.#confstr
* 追加: IO#pathconf
* 追加: Etc.#nprocessors

* find, pathname
* 拡張: Find.#find は "ignore_error" というキーワード引数を受け付けるようになりました

* Matrix...

ruby 1.8.4 feature (84.0)

ruby 1.8.4 feature ruby 1.8.4 での ruby 1.8.3 からの変更点です。

.../File.join [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/Thread#pass [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/Module#const_missing [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/IO [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/添付ライブラリ>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/"Ruby/Tk">))
* ((<ruby 1.8.4 feature/REXML [compat]>))
* ((<...
...cket#initialize [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/TCPServer#initialize [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/"optparse">))
* ((<ruby 1.8.4 feature/"find">))
* ((<ruby 1.8.4 feature/Iconv>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/WEBrick::Config::FileHandler [compat]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/WEBrick>))
*...
...4 feature/DL [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/fileutils [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/extmk, mkmf [compat]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/mkmf: find_executable() [compat]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/拡張ライブラリAPI>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/rb_funcall2() [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 fe...

ruby 1.6 feature (72.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...ruby 1.6 feature
ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン
になります。

((<stable-snapshot|URL:ftp://ftp.netlab.co.jp/pub/lang/ruby/stable-snapshot.tar.gz>)) は、日々更新される安定版の最新ソースです。

== 1.6.8 (2002-12-24) ->...
...元に戻りました。

p "#{ "" }"

=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586-linux]
""

=> -:1: warning: bad substitution in string
ruby 1.6.7 (2002-09-12) [i586-linux]
"#{ }"

=> ruby 1.6.7 (2002-09-25) [i586-linux]
""

...
...-:3: warning: ambiguous first argument; make sure
ruby 1.6.7 (2002-07-30) [i586-linux]
"\\#"
nil

: 2002-04-29: rb_find_file()

$SAFE >= 4 で、絶対パス指定でない場合、SecurityError 例外が発生する
ようになりました。

: 2002-04-26: Reg...

NEWS for Ruby 2.6.0 (12.0)

NEWS for Ruby 2.6.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...なしに書くことができます:
//emlist{
user = users.find {|user| cond(user) }
//}
* 例外が捕捉されず、バックトレースとエラーメッセージが表示されるときに、
例外の Exception#cause も表示されるようになりました。 8257

* フリ...
...ップフロップが非推奨になりました。 5400

=== 組み込みクラスの更新

* Array
* 新規メソッド
* Array#union と Array#difference 14097
* 変更されたメソッド
* Array#to_h はブロックを受け取りキーと値のペアを新しいキー...
...* Array#filter! が Array#select! の別名として追加されました。 13784

* Binding
* 新規メソッド
* Binding#source_location 追加 14230
* bindingのソースコード上の位置を __FILE__ と __LINE__ の二要素配列として返します。
...