るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
129件ヒット [1-100件を表示] (0.020秒)

別のキーワード

  1. _builtin hash
  2. hash []
  3. matrix hash
  4. dbm to_hash
  5. _builtin to_hash

検索結果

<< 1 2 > >>

Signal.#list -> Hash (18224.0)

シグナル名とシグナル番号を対応づけた Hash オブジェクトを返し ます。

...シグナル名とシグナル番号を対応づけた Hash オブジェクトを返し
ます。

例:

p Signal.list # => {"WINCH"=>28, "PROF"=>27, ...}

@see Signal.#signame...

RDoc::Context#unmatched_alias_lists=(val) (6122.0)

メソッド名の対応が取れていない alias の旧メソッド名がキー、 RDoc::Alias が値の Hash を設定します。

...ッド名の対応が取れていない alias の旧メソッド名がキー、
RDoc::Alias が値の Hash を設定します。

@param val 旧メソッド名がキー、RDoc::Alias が値の Hash を指
定します。...

RDoc::Context#unmatched_alias_lists -> {String => RDoc::Alias} (6116.0)

メソッド名の対応が取れていない alias の旧メソッド名がキー、 RDoc::Alias が値の Hash を返します。

...メソッド名の対応が取れていない alias の旧メソッド名がキー、
RDoc::Alias が値の Hash を返します。...

Gem::DependencyList#spec_predecessors -> Hash (3107.0)

@todo ???

...@todo ???

Return a hash of predecessors. <tt>result[spec]</tt> is an
Array of gemspecs that have a dependency satisfied by the named
spec....

REXML::SAX2Listener#start_element(uri, localname, qname, attributes) -> () (3006.0)

要素が開始されたときに呼び出されるコールバックメソッドです。

...@param localname 接頭辞を取り除いた要素名文字列が渡されます
@param qname 修飾名(qualified-name)文字列、つまり接頭辞を含む文字列が渡されます
@param attribute 属性が { 属性名 => 属性値文字列 } という Hash
で渡されます。...

絞り込み条件を変える

REXML::StreamListener#tag_start(name, attrs) -> () (3006.0)

開始タグをパースしたとき に呼び出されるコールバックメソッドです。

...ックメソッドです。


@param name タグ名が文字列で渡されます
@param attrs タグの属性が"属性名" => "属性値"という Hash で渡されます

=== 例
<tag attr1="value1" attr2="value2">
という開始タグに対し、
name: "tag"
attrs: {"attr1" => "value1",...

Psych.safe_load(yaml, whitelist_classes = [], whitelist_symbols = [], aliases = false, filename = nil) -> object (206.0)

安全に YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

...ん。

* TrueClass
* FalseClass
* NilClass
* Numeric
* String
* Array
* Hash

再帰的なデータ構造はデフォルトでは許可されていません。
任意のクラスを許可するには whitelist_classes を指定すると、
そのクラスが追加されます。例えば Dat...
...am io YAMLフォーマットの文書の読み込み先のIOオブジェクト。
@param whitelist_classes 追加で読み込みを許可するクラスの配列。
@param whitelist_symbols 引数 whitelist_classesに Symbol を含む場
合に読み込みを許可する Sym...

Psych.safe_load(yaml, whitelist_classes = [], whitelist_symbols = [], aliases = false, filename = nil, symbolize_names: false) -> object (206.0)

安全に YAML フォーマットの文書を読み込み Ruby のオブジェクトを生成して返します。

...ん。

* TrueClass
* FalseClass
* NilClass
* Numeric
* String
* Array
* Hash

再帰的なデータ構造はデフォルトでは許可されていません。
任意のクラスを許可するには whitelist_classes を指定すると、
そのクラスが追加されます。例えば Dat...
...

//emlist[例][ruby]{
Psych.safe_load("---\n foo: bar") # => {"foo"=>"bar"}
Psych.safe_load("---\n foo: bar", symbolize_names: true) # => {:foo=>"bar"}
//}

@param io YAMLフォーマットの文書の読み込み先のIOオブジェクト。
@param whitelist_classes 追...
...加で読み込みを許可するクラスの配列。
@param whitelist_symbols 引数 whitelist_classesに Symbol を含む場
合に読み込みを許可する Symbol の配列。
省略した場合は全ての Symbol を許可します。
@param a...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (204.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...れ本体が必ず最初に実行されるという振
るまい(C の do ... while 構文と同じ)をしていませんでした。
((<ruby-list:34618>))

: ((<"rescue/ensure on class/module"|クラス/メソッドの定義/クラス定義>)) [compat]

メソッド定義のほかにもク...
...((<ENV/ENV.clear>)) [new]
: ((<ENV/ENV.shift>)) [new]
: ((<ENV/ENV.invert>)) [new]
: ((<ENV/ENV.replace>)) [new]
: ((<ENV/ENV.update>)) [new]

((<Hash>)) との互換性のために定義されました。

=== Enumerable

: ((<Enumerable#partition|Enumerable/partition>)) [new]

追加

: ((<Enu...
...[new]

追加。

=== Hash

: ((<Hash#merge|Hash/merge>)) [new]
: ((<Hash#merge!|Hash/merge!>)) [new]

追加。Hash#merge は、hash.dup.update と同じ。
Hash
#merge! は、Hash#update の別名 ((<ruby-talk:59777>)), ((<ruby-dev:19463>))

: ((<Hash#default_proc|Hash/default_proc>)) [new]...

ruby 1.6 feature (138.0)

ruby 1.6 feature ruby version 1.6 は安定版です。この版での変更はバグ修正がメイン になります。

...8 (2002-12-24)

: 2002-10-02: Thread (cygwin)

Cygwin で、Thread の切替えが行われないことがありました。
((<ruby-list:36058>)), ((<ruby-list:24637>))

: 2002-10-01: Socket (win)

Windows でのソケットの問題が1つ解決されたようです。(どのような問題...
...うです。
((<ruby-win32:273>))

: 2002-08-12 Hash#==

Hash
オブジェクトはデフォルト値 (((<Hash/default>))) も == で等しい
ときに等しいとみなされるようになりました。

p Hash.new("foo") == Hash.new("bar")

=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [i586...
...[]
=> ruby 1.6.7 (2002-08-01) [i586-linux]
["bar"]

: 2002-06-13 Hash[]

Hash
[] で、キーとなる文字列を dup & freeze していませんでした。

a = "key"
h = Hash[a,"val"]
h.keys[0].upcase!
p a
=> ruby 1.6.7 (2002-03-01) [...

絞り込み条件を変える

ruby 1.9 feature (132.0)

ruby 1.9 feature ruby version 1.9.0 は開発版です。 以下にあげる機能は将来削除されたり互換性のない仕様変更がなされるかもしれません。 1.9.1 以降は安定版です。 バグ修正がメインになります。

...: digest.rb
: Digest::Base.file

=== 2006-09-13

: Hash#compare_by_identity
: Hash#compare_by_identity?
: Hash#identical
: Hash#identical?

=== 2006-09-12

: Hash#compare_by_identity
: Hash#compare_by_identity?

=== 2006-09-11

: Hash#identical
: Hash#identical?

=== 2006-08-31

: Array#shuffle
: Ar...
...: いくらか obsolete な構文が除去されました
: Values はなくなりました

* その他
: 文字列のハッシュに FNV-1a hash を使用するようになりました
: Regexp#initialize でリテラルの正規表現を変更できなくなりました
: $SAFE=4 で...
...(<ruby-dev:28636>))
: 丸めエラー修正 ((<ruby-core:07896>))
: divmod 修正 ((<ruby-dev:28589>))
: jcode の String#tr_s 修正 ((<ruby-list:42090>))
: Solaris 対応修正 ((<ruby-dev:28443>)), ((<ruby-dev:28440>))
: rubygems がある場合には ri で考慮するようになり...

ruby 1.8.4 feature (120.0)

ruby 1.8.4 feature ruby 1.8.4 での ruby 1.8.3 からの変更点です。

...re/set_trace_func [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/set_trace_func [change]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/printf [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/Hash [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/test [bug]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/File.identical? [new]>))
* ((<ruby 1.8.4 feature/FileTest.identical? [...
...ss
# disabled succeeding backtrack. fixed: [ruby-list:41328]

文字コードの形で正規表現の文字クラスを指定すると、それ以降の
バックトラックが効かなくなるバグの修正。((<ruby-list:41328>))

p(/^[a-z]+x[0-9]+$/ =~ "hogex111")...
...きる最大値は 2147483647 です。
# -e:1:in `printf': width too big (ArgumentError)

: Hash [bug]

#Wed Nov 23 03:40:49 2005 Guy Decoux <ts@moulon.inra.fr>
#
# * re.c (KR_REHASH): should cast to unsigned for 64bit CPU.
# [ruby-core:06721]

sizeof(long) > sizeof(int)...

ruby 1.8.2 feature (114.0)

ruby 1.8.2 feature ruby 1.8.2 での ruby 1.8.1 からの変更点です。

...[lib] [compat]
'no_hidden' オプションを指定できるようになりました。((<ruby-talk:123850>))

=== 2004-12-16

: Hash#eql? [ruby] [obsolete]
: Hash#hash [ruby] [obsolete]

削除
((<ruby-dev:25206>))?

=== 2004-12-14
: CGI::Session.initialize [lib] [change]
存在しないセ...
...ライアントから送られてきた場合
例外を投げずに新しいセッションを作成するようになりました。
((<ruby-list:40368>))

=== 2004-12-09
: eval('Foo #@ bar'.inspect) [ruby] [bug]
シンタックスエラーにならないように修正しました。
((<ru...
..."# \#{}"

=== 2004-12-08
: rss/rss [lib] [obsolete]
#item=/#set_item and so on are obsolete.

=== 2004-12-06
: Hash#hash [ruby] [new]

追加

((<ruby-talk:122482>))

Hash
#hash は 2004-12-16 に削除されました。
((<ruby-dev:25206>))?

: OpenSSL::PKey::RSA.public_encrypt [lib] [...

optparse (36.0)

コマンドラインのオプションを取り扱うためのライブラリです。

...bparsers = Hash.new {|h,k|
$stderr.puts "no such subcommand: #{k}"
exit 1
}
subparsers['add'] = OptionParser.new.on('-i') { puts "add -i" }
subparsers['del'] = OptionParser.new.on('-i') { puts "del -i" }
subparsers['list'] = OptionParser.new.on('-i') { puts "list -i" }...
...) unless ARGV.empty?

実行すると以下のようになります。

$ ruby subcom.rb -i add -i
-i
add -i

$ ruby subcom.rb list -i
list
-i

OptionParser#order! がオプションではない
コマンドの引数に出会うとそこでパースを中断することを利用...
...機能
が加わります。以下の書き方ができるようになります。
OptionParser::Arguable#getopts はオプションを保持した Hash を返します。
# sample.rb の内容
require 'optparse'
params = ARGV.getopts("a:b:", "foo", "bar:")
p params
この sample.rb を実...

DRb.#start_service(uri=nil, front=nil, config_or_acl=nil) -> () (30.0)

dRuby のサービス(サーバ)を起動します。

...こともできます。

front でフロントオブジェクト(URI に結び付けられるオブジェクト)を
設定します。

config で Hash で設定を渡します。以下の項目が利用できます。

: :idconv
dRuby内部で識別子とオブジェクトを相互に変換す...
...由のメソッドのログを
$stdout に出力します。デフォルトは false。
: :tcp_acl
サーバに設定する ACL(Access Control List)。詳しくは ACL
を見てください。デフォルトは nil(設定しない)。
: :load_limit
サーバが受け付けるメッセー...
...lt_id_conv
* DRb::DRbServer.default_load_limit
* DRb::DRbServer.default_safe_level
* DRb::DRbServer.verbose=

config に Hash以外を渡すと、ACL(Access Control List)として取り扱われます。

起動したサーバはただちに接続を待ち受けます。

@param uri 起動す...

絞り込み条件を変える

DRb::DRbServer.new(uri=nil, front=nil, config_or_acl=nil) -> DRb::DRbServer (30.0)

dRuby サーバを起動し、DRbServerのインスタンスを返します。

...こともできます。

front でフロントオブジェクト(URI に結び付けられるオブジェクト)を
設定します。

config で Hash で設定を渡します。以下の項目が利用できます。

: :idconv
dRuby内部で識別子とオブジェクトを相互に変換す...
...由のメソッドのログを
$stdout に出力します。デフォルトは false。
: :tcp_acl
サーバに設定する ACL(Access Control List)。詳しくは ACL
を見てください。デフォルトは nil(設定しない)。
: :load_limit
サーバが受け付けるメッセー...
...lt_id_conv
* DRb::DRbServer.default_load_limit
* DRb::DRbServer.default_safe_level
* DRb::DRbServer.verbose=

config に Hash以外を渡すと、ACL(Access Control List)として取り扱われます。

起動したサーバはただちに接続を待ち受けます。

@param uri 起動す...

TkGrid.#rowconfigure(master, index, args) (30.0)

@todo

...""
"-minsize 10 -pad 0 -weight 0"

((-戻り値は、hashにしたい-))

require "tk"

module TkGrid
def columnconfigure(master, index, args=None)
Hash
[tk_split_list(tk_call "grid", 'columnconfigure', master, index, *hash_kv(args))]
end

def rowconfigure(master, index...
..., args=None)
tk_tcl2ruby(tk_call "grid", 'rowconfigure', master, index, *hash_kv(args))
end

module_function :columnconfigure, :rowconfigure
end


f = TkFrame.new.pack
p TkGrid.columnconfigure(f, 0)
p TkGrid.columnconfigure(f, 0, {'minsize'=>10})
p TkGrid.columnconfigur...

webrick/cgi (30.0)

一般の CGI 環境で webrick ライブラリのサーブレットと同じように CGI スクリプトを書くための ライブラリです。サーバが WEBrick でなくても使うことが出来ます。

...ルドの値は WEBrick::HTTPRequest#query メソッドが返す Hash オブジェクトに
収納されています。

require "webrick/cgi"
class MyCGI < WEBrick::CGI
def do_GET(req, res)
req.query #=> Hash を返します。
req.query['q']
req.query['n...
...I.new.start()

同じ名前のフィールドが複数ある場合、list メソッドや each_data メソッドを使います。

require "webrick/cgi"
class MyCGI < WEBrick::CGI
def do_GET(req, res)
req.query['q'].list #=> フォームの値を保持した文字列の配列を返し...
...ます。
end
end
MyCGI.new.start()

query メソッドが返す Hash オブジェクトのキーと値のうち値は WEBrick::HTTPUtils::FormData クラスの
インスタンスになります。FormData クラスは String クラスのサブクラスです。


==== マルチパートフィ...

cgi (24.0)

CGI プログラムの支援ライブラリです。

...として得るには CGI#params を使います。


require "cgi"
cgi = CGI.new
params = cgi.params

また CGI#params は毎回同じ Hash オブジェクトを返すので
以下のような使いかたもできます。

cgi.params['new_field_name'] = ["value"] # 新しいパラ...
...ソッドの引数としては、基本的に Hash オブジェクトが与えられる(あるいは何も与えられない)べきです。
ただし以下に列挙されたメソッドでは、各メソッドの引数の形式に従って、 Hash オブジェクト以外のものを渡すこ...
<< 1 2 > >>