るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
151件ヒット [1-100件を表示] (0.017秒)
トップページ > クエリ:GC[x] > クエリ:close[x]

別のキーワード

  1. gc stat
  2. gc latest_gc_info
  3. _builtin latest_gc_info
  4. _builtin gc
  5. gc count

検索結果

<< 1 2 > >>

Tempfile#close(real = false) -> nil (18123.0)

テンポラリファイルをクローズします。 real が偽ならば、テンポラリファイルはGCによって削除されます。 そうでなければ、すぐに削除されます。

...ならば、テンポラリファイルはGCによって削除されます。
そうでなければ、すぐに削除されます。

@param real false もしくはそれ以外を指定します。

require "tempfile"
tf = Tempfile.open("bar")
tf.close
p FileTest.exist?(tf.path) # => true...

Win32::Registry::API::RegCloseKey (12200.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::API::RegCreateKeyExA (9100.0)

@todo

@todo

DL::Handle#disable_close -> nil (6151.0)

GC によるオブジェクトの回収時に self をクローズしない(DL::Handle#close) ように設定します。

...
GC
によるオブジェクトの回収時に self をクローズしない(DL::Handle#close)
ように設定します。

デフォルトでは close しません。

@see DL::Handle#enable_close, DL::Handle#close_enabled?...

DL::Handle#enable_close -> nil (6151.0)

GC によるオブジェクトの回収時に self をクローズする(DL::Handle#close) ように設定します。

...GC によるオブジェクトの回収時に self をクローズする(DL::Handle#close)
ように設定します。

デフォルトでは close しません。

@see DL::Handle#disable_close, DL::Handle#close_enabled?...

絞り込み条件を変える

Fiddle::Handle#disable_close -> nil (6151.0)

GC によるオブジェクトの回収時に self をクローズしない(Fiddle::Handle#close) ように設定します。

...
GC
によるオブジェクトの回収時に self をクローズしない(Fiddle::Handle#close)
ように設定します。

デフォルトでは close しません。

@see Fiddle::Handle#enable_close, Fiddle::Handle#close_enabled?...

Fiddle::Handle#enable_close -> nil (6151.0)

GC によるオブジェクトの回収時に self をクローズする(Fiddle::Handle#close) ように設定します。

...GC によるオブジェクトの回収時に self をクローズする(Fiddle::Handle#close)
ように設定します。

デフォルトでは close しません。

@see Fiddle::Handle#disable_close, Fiddle::Handle#close_enabled?...

DL::Handle#close_enabled? -> bool (6145.0)

GC によるオブジェクトの回収時に self をクローズする(DL::Handle#close) かどうかを真偽値で返します。

...
GC
によるオブジェクトの回収時に self をクローズする(DL::Handle#close)
かどうかを真偽値で返します。


@see DL::Handle#enable_close, DL::Handle#disable_close...

Fiddle::Handle#close_enabled? -> bool (6145.0)

GC によるオブジェクトの回収時に self をクローズする(Fiddle::Handle#close) かどうかを真偽値で返します。

...
GC
によるオブジェクトの回収時に self をクローズする(Fiddle::Handle#close)
かどうかを真偽値で返します。


@see Fiddle::Handle#enable_close, Fiddle::Handle#disable_close...

IO#autoclose=(bool) (6140.0)

auto-close フラグを設定します。

...auto-close フラグを設定します。

フラグが設定されているオブジェクトは
close
時/GCでのファイナライザ呼出時にファイルデスクリプタを close します。
設定されていない場合は close しません。

@param bool 真偽値でフラグを設...
...定します
@see IO#autoclose?

f = open("/dev/null")
IO.for_fd(f.fileno)
# ...
f.gets # may cause IOError

f = open("/dev/null")
IO.for_fd(f.fileno).autoclose = true
# ...
f.gets # won't cause IOError...

絞り込み条件を変える

Win32::Registry::API::RegDeleteKey (6000.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::API::RegDeleteValue (6000.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::API::RegEnumKeyExA (6000.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::API::RegEnumValueA (6000.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::API::RegFlushKey (6000.0)

@todo

@todo

絞り込み条件を変える

Win32::Registry::API::RegOpenKeyExA (6000.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::API::RegQueryInfoKey (6000.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::API::RegQueryValueExA (6000.0)

@todo

@todo

Win32::Registry::API::RegSetValueExA (6000.0)

@todo

@todo

NEWS for Ruby 2.0.0 (42.0)

NEWS for Ruby 2.0.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...le.fnmatch? は File::FNM_EXTGLOB(File::Constants::FNM_EXTGLOB) オプションが与えられていればブレースを展開します

* GC
* 改良:
* ビットマップマーキングを導入しました。Copy-on-Write を使用してページをコピーするのでメモ...
...的なマーキングを導入しました。期待しないスタックオーバーフローを避けるためです

* GC::Profiler
* 追加: GC::Profiler.raw_data GCの加工していないプロファイルデータを返します

* Hash
* 追加: Hash#to_h 明示的に変換する...
...取るようになりました
* 非互換: Kernel.#system, Kernel.#exec は非標準のファイルディスクリプタを閉じます
:close_others オプションのデフォルト値を true に変更しました
* 非互換: respond_to? は protected なメソッドに対して f...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 > >>