るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
18件ヒット [1-18件を表示] (0.008秒)
トップページ > クエリ:GC[x] > ライブラリ:tempfile[x]

別のキーワード

  1. gc stat
  2. gc latest_gc_info
  3. _builtin latest_gc_info
  4. _builtin gc
  5. gc start

クラス

キーワード

検索結果

Tempfile#close(real = false) -> nil (18.0)

テンポラリファイルをクローズします。 real が偽ならば、テンポラリファイルはGCによって削除されます。 そうでなければ、すぐに削除されます。

...real が偽ならば、テンポラリファイルはGCによって削除されます。
そうでなければ、すぐに削除されます。

@param real false もしくはそれ以外を指定します。

require "tempfile"
tf = Tempfile.open("bar")
tf.close
p FileTest.exist?(tf.path)...

Tempfile.create(basename, *rest) -> File (8.0)

テンポラリファイルを作成し、それを表す File オブジェクトを生成して返します(Tempfileではありません)。 createはopenに似ていますが、finalizerによるファイルの自動unlinkを行いません。

...テンポラリファイルを作成し、それを表す File オブジェクトを生成して返します(Tempfileではありません)。
createはopenに似ていますが、finalizerによるファイルの自動unlinkを行いません。

ブロックを指定しなかった場合、tmpdir...
...サフィックスとして使われます。
@param rest Tempfile.newの第二引数以降と同じように扱われます。
@see Tempfile.open

例:
require "tempfile"
GC
.disable
path = ""
Tempfile
.create("foo") do |f|
path = f.path
p File.exist?(path) #=> true...

Tempfile.create(basename, *rest) {|fp| ...} -> object (8.0)

テンポラリファイルを作成し、それを表す File オブジェクトを生成して返します(Tempfileではありません)。 createはopenに似ていますが、finalizerによるファイルの自動unlinkを行いません。

...テンポラリファイルを作成し、それを表す File オブジェクトを生成して返します(Tempfileではありません)。
createはopenに似ていますが、finalizerによるファイルの自動unlinkを行いません。

ブロックを指定しなかった場合、tmpdir...
...サフィックスとして使われます。
@param rest Tempfile.newの第二引数以降と同じように扱われます。
@see Tempfile.open

例:
require "tempfile"
GC
.disable
path = ""
Tempfile
.create("foo") do |f|
path = f.path
p File.exist?(path) #=> true...

Tempfile.create(basename, tmpdir=nil, mode: 0, **options) -> File (8.0)

テンポラリファイルを作成し、それを表す File オブジェクトを生成して返します(Tempfileではありません)。 createはopenに似ていますが、finalizerによるファイルの自動unlinkを行いません。

...テンポラリファイルを作成し、それを表す File オブジェクトを生成して返します(Tempfileではありません)。
createはopenに似ていますが、finalizerによるファイルの自動unlinkを行いません。

ブロックを指定しなかった場合、tmpdir...
...じものが指定できます。ただし、:permオプションは無視され
ます。
@see Tempfile.open

例:
require "tempfile"
GC
.disable
path = ""
Tempfile
.create("foo") do |f|
path = f.path
p File.exist?(path) #=> true
end
p File.exist?(path) #=> false...

Tempfile.create(basename, tmpdir=nil, mode: 0, **options) {|fp| ...} -> object (8.0)

テンポラリファイルを作成し、それを表す File オブジェクトを生成して返します(Tempfileではありません)。 createはopenに似ていますが、finalizerによるファイルの自動unlinkを行いません。

...テンポラリファイルを作成し、それを表す File オブジェクトを生成して返します(Tempfileではありません)。
createはopenに似ていますが、finalizerによるファイルの自動unlinkを行いません。

ブロックを指定しなかった場合、tmpdir...
...じものが指定できます。ただし、:permオプションは無視され
ます。
@see Tempfile.open

例:
require "tempfile"
GC
.disable
path = ""
Tempfile
.create("foo") do |f|
path = f.path
p File.exist?(path) #=> true
end
p File.exist?(path) #=> false...

絞り込み条件を変える

Tempfile.create(basename="", tmpdir=nil, mode: 0, **options) -> File (8.0)

テンポラリファイルを作成し、それを表す File オブジェクトを生成して返します(Tempfileではありません)。 createはopenに似ていますが、finalizerによるファイルの自動unlinkを行いません。

...テンポラリファイルを作成し、それを表す File オブジェクトを生成して返します(Tempfileではありません)。
createはopenに似ていますが、finalizerによるファイルの自動unlinkを行いません。

ブロックを指定しなかった場合、tmpdir...
...じものが指定できます。ただし、:permオプションは無視され
ます。
@see Tempfile.open

例:
require "tempfile"
GC
.disable
path = ""
Tempfile
.create("foo") do |f|
path = f.path
p File.exist?(path) #=> true
end
p File.exist?(path) #=> false...

Tempfile.create(basename="", tmpdir=nil, mode: 0, **options) {|fp| ...} -> object (8.0)

テンポラリファイルを作成し、それを表す File オブジェクトを生成して返します(Tempfileではありません)。 createはopenに似ていますが、finalizerによるファイルの自動unlinkを行いません。

...テンポラリファイルを作成し、それを表す File オブジェクトを生成して返します(Tempfileではありません)。
createはopenに似ていますが、finalizerによるファイルの自動unlinkを行いません。

ブロックを指定しなかった場合、tmpdir...
...じものが指定できます。ただし、:permオプションは無視され
ます。
@see Tempfile.open

例:
require "tempfile"
GC
.disable
path = ""
Tempfile
.create("foo") do |f|
path = f.path
p File.exist?(path) #=> true
end
p File.exist?(path) #=> false...