るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
1737件ヒット [1-100件を表示] (0.035秒)

別のキーワード

  1. object false
  2. _builtin false
  3. rb_false
  4. false object
  5. false _builtin

オブジェクト

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Object::FALSE -> FalseClass (18247.0)

非推奨です。代表的な偽の値。false と同じ。

...です。代表的な偽の値。false と同じ。

この定数は過去との互換性のために提供されています。擬似変数 false を使ってください。
Ruby では false nil が偽として扱われます。
偽でない値(false でも nil でもない値) は全て真と...

Object::NIL -> NilClass (18247.0)

非推奨です。 nil と同じ。

...非推奨です。 nil と同じ。

この定数は過去との互換性のために提供されています。擬似変数 nil を使ってください。

Ruby では false nil が偽として扱われます。
偽でない値(false でも nil でもない値) は全て真とみなされま...

Object#nil? -> bool (6147.0)

レシーバが nil であれば真を返します。

...レシーバが nil であれば真を返します。

p false.nil? #=> false
p nil.nil? #=> true

@see NilClass...

static VALUE rb_false(VALUE obj) (6116.0)

Object#nil? の実体です。

...Object#nil? の実体です。...

FalseClass (6064.0)

false のクラス。 false は FalseClass クラスの唯一のインスタンスです。 false は nil オブジェクトとともに偽を表し、 その他の全てのオブジェクトは真です。

...false のクラス。
false
FalseClass クラスの唯一のインスタンスです。
false
nil オブジェクトとともに偽を表し、
その他の全てのオブジェクトは真です。...

絞り込み条件を変える

NilClass (6064.0)

nil のクラス。 nil は NilClass クラスの唯一のインスタンスです。 nil は false オブジェクトとともに偽を表し、 その他の全てのオブジェクトは真です。

...nil のクラス。
nil
NilClass クラスの唯一のインスタンスです。
nil
false オブジェクトとともに偽を表し、
その他の全てのオブジェクトは真です。...

FalseClass#&(other) -> false (3267.0)

常に false を返します。

... false を返します。

@param other 論理積を行なう式です。

& は再定義可能な演算子に分類されていますので、通常は false & other の形で使われます。

p false & true #=> false
p false & false #=> false
p false & nil #=> false
p...
...false & (1 == 1) #=> false
p false & (1 + 1) #=> false

p false.&(true) #=> false
p false.&(false) #=> false
p false.&(nil) #=> false
p false.&(1 == 1) #=> false
p false.&(1 + 1) #=> false...

NilClass#&(other) -> false (3177.0)

常に false を返します。

...常に false を返します。

@param other 論理積を行なう式です

例:
nil
& true # => false
nil
& false # => false
nil
& nil # => false
nil
& "a" # => false...

FalseClass#^(other) -> bool (3130.0)

other が真なら true を, 偽なら false を返します。

... false を返します。

@param other 排他的論理和を行なう式です。

^ は再定義可能な演算子に分類されていますので、通常は false ^ other の形で使われます。

p false ^ true #=> true
p false ^ false #=> false
p false ^ nil #=> false...
...p false ^ (1 == 1) #=> true
p false ^ (1 + 1) #=> true

p false.^(true) #=> true
p false.^(false) #=> false
p false.^(nil) #=> false
p false.^(1 == 1) #=> true
p false.^(1 + 1) #=> true...

FalseClass#|(other) -> bool (3130.0)

other が真なら true を, 偽なら false を返します。

... false を返します。

@param other 論理和を行なう式です。

| は再定義可能な演算子に分類されていますので、通常は false | other の形で使われます。

p false | true #=> true
p false | false #=> false
p false | nil #=> false
p f...
...alse | (1 == 1) #=> true
p false | (1 + 1) #=> true

p false.|(true) #=> true
p false.|(false) #=> false
p false.|(nil) #=> false
p false.|(1 == 1) #=> true
p false.|(1 + 1) #=> true...

絞り込み条件を変える

JSON::Generator::GeneratorMethods::FalseClass#to_json(state_or_hash = nil) -> String (3119.0)

自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

...自身から生成した JSON 形式の文字列を返します。

"false" という文字列を返します。

@param state_or_hash 生成する JSON 形式の文字列をカスタマイズするため
に JSON::State のインスタンスか、
JSON::St...
...ate.new の引数と同じ Hash を
指定します。

//emlist[例][ruby]{
require "json"

false
.to_json # => "false"
//}...

NilClass#^(other) -> bool (3064.0)

other が真なら true を, 偽なら false を返します。

...other が真なら true を, 偽なら false を返します。

@param other 排他的論理和を行なう式です

例:
nil
^ true # => true
nil
^ false # => false
nil
^ nil # => false
nil
^ "a" # => true...

NilClass#|(other) -> bool (3064.0)

other が真なら true を, 偽なら false を返します。

...other が真なら true を, 偽なら false を返します。

@param other 論理和を行なう式です

例:
nil
| true # => true
nil
| false # => false
nil
| nil # => false
nil
| "a" # => true...

XMLRPC::Client.new(host=nil, path=nil, port=nil, proxy_host=nil, proxy_port=nil, user=nil, password=nil, use_ssl=false, timeout =nil) (909.0)

Creates an object which represents the remote XML-RPC server on the given host host. If the server is CGI-based, path is the path to the CGI-script, which will be called, otherwise (in the case of a standalone server) path should be "/RPC2". port is the port on which the XML-RPC server listens. If proxy_host is given, then a proxy server listening at proxy_host is used. proxy_port is the port of the proxy server.

Creates an object which represents the remote XML-RPC server on the
given host host. If the server is CGI-based, path is the
path to the CGI-script, which will be called, otherwise (in the
case of a standalone server) path should be "/RPC2".
port is the port on which the XML-RPC server listens.
If p...

REXML::Text.new(arg, respect_whitespace = false, parent = nil, raw = nil, entity_filter = nil, illegal = REXML::Text::NEEDS_A_SECOND_CHECK) (518.0)

テキストノードオブジェクトを生成します。

...真を指定すると、arg に含まれる空白文字は保存されます。
偽の場合は空白はまとめられます。

raw は true, false, nil のいずれかを指定し、生成されるテキストノードが
raw モードであるかどうかを決めます。
true の場合、そ...
...定し、テキストの内容は変更されません。
false
の場合、そのノードは raw モードであると解釈され、
rexml はテキストに含まれているすべての(定義済み)実体を
エスケープします
nil
の場合、親ノードが raw モードであるかどう...
...entity_filter は置き換えたい実体のリストを文字列の配列で指定します。
これは raw が false のときのみ意味を持ちます。
entity_filter が nil の場合(デフォルトの場合)、
テキストがどのようにエスケープされるかは、そのノー...

絞り込み条件を変える

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (450.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...りました。
* nil: 警告を出力しない (-W0 新しい警告レベル)
* false: 重要な警告のみ出力 (-W1 デフォルト)
* true: すべての警告を出力する (-W2 or -W or -v or -w or --verbose)

追加された -W オプションは $VERBOSE = nil の指定(-W0)を...
...from -:1
ruby 1.6.8 (2002-12-24) [i586-linux]
=> ruby 1.8.0 (2003-06-21) [i586-linux]
[1, 2, nil]

Proc.new { break }.call

=> ruby 1.6.8 (2002-12-24) [i586-linux]

=> -:1:in `call': break from proc-c...
...して値を返すようになりました。

class/module は最後に評価した式の結果を返します。def は nil を返し
ます。while/until は、通常 nil を返しますが、break の引数により任意
の値を返すことができます。

: 多重代入 [change]...

Net::POP3.start(address, port = nil, account=nil, password=nil, isapop=false) -> Net::POP3 (414.0)

Net::POP3 オブジェクトを生成し、サーバへ接続します。

...ックが終わったときにセッションを終了させます。
この場合返り値はブロックの返り値となります。

port に nil を渡すと、適当なポート(通常は110、SSL利用時には 995)を
使います。

以下のコードと同じ動作をします。
requi...

Net::POP3.start(address, port = nil, account=nil, password=nil, isapop=false) {|pop| .... } -> object (414.0)

Net::POP3 オブジェクトを生成し、サーバへ接続します。

...ックが終わったときにセッションを終了させます。
この場合返り値はブロックの返り値となります。

port に nil を渡すと、適当なポート(通常は110、SSL利用時には 995)を
使います。

以下のコードと同じ動作をします。
requi...
<< 1 2 3 ... > >>