るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
27件ヒット [1-27件を表示] (0.064秒)
トップページ > クエリ:Enumerable#grep_v[x]

別のキーワード

  1. each io#each
  2. each_line io#each
  3. read io#read
  4. open io#seek
  5. each io#gets

ライブラリ

クラス

モジュール

キーワード

検索結果

Enumerable#grep_v(pattern) -> [object] (23000.0)

Enumerable#grep のマッチの条件を逆にして、pattern === item が成立 しない要素を全て含んだ配列を返します。

Enumerable#grep のマッチの条件を逆にして、pattern === item が成立
しない要素を全て含んだ配列を返します。

@param pattern 「===」メソッドを持つオブジェクトを指定します。

例:

(1..10).grep_v 2..5 # => [1, 6, 7, 8, 9, 10]
res =(1..10).grep_v(2..5) { |v| v * 2 }
res # => [2, 12, 14, 16, 18, 20]

@see Enumerable#grep
@see Enumerable#...

Enumerable#grep_v(pattern) { |item| ... } -> [object] (23000.0)

Enumerable#grep のマッチの条件を逆にして、pattern === item が成立 しない要素を全て含んだ配列を返します。

Enumerable#grep のマッチの条件を逆にして、pattern === item が成立
しない要素を全て含んだ配列を返します。

@param pattern 「===」メソッドを持つオブジェクトを指定します。

例:

(1..10).grep_v 2..5 # => [1, 6, 7, 8, 9, 10]
res =(1..10).grep_v(2..5) { |v| v * 2 }
res # => [2, 12, 14, 16, 18, 20]

@see Enumerable#grep
@see Enumerable#...

Enumerator::Lazy#grep_v(pattern) {|item| ... } -> Enumerator::Lazy (22.0)

Enumerable#grep_v と同じですが、配列ではなくEnumerator::Lazy を返します。

...
Enumerable#grep_v
と同じですが、配列ではなくEnumerator::Lazy を返します。

例:
(100..Float::INFINITY).lazy.map(&:to_s).grep_v(/(\d).*\1/)
# => #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator::Lazy: #<Enumerator::Lazy: 100..Infinity>:map>:grep_v(/(\d).*\1/)>
(100..Float::INFINITY).lazy.ma...
...p(&:to_s).grep_v(/(\d).*\1/).take(15).force
# => ["102", "103", "104", "105", "106", "107", "108", "109", "120", "123", "124", "125", "126", "127", "128"]

@see Enumerable#grep_v, Enumerable#grep, Enumerator::Lazy#grep...

Enumerable#grep(pattern) -> [object] (6.0)

pattern === item が成立する要素を全て含んだ配列を返します。

...空の配列を返します。

@param pattern 「===」メソッドを持つオブジェクトを指定します。

例:
['aa', 'bb', 'cc', 'dd', 'ee'].grep(/[bc]/) # => ["bb", "cc"]

Array.instance_methods.grep(/gr/) # => [:grep, :group_by]

@see Enumerable#select
@see Enumerable#grep_v...

Enumerable#grep(pattern) {|item| ... } -> [object] (6.0)

pattern === item が成立する要素を全て含んだ配列を返します。

...空の配列を返します。

@param pattern 「===」メソッドを持つオブジェクトを指定します。

例:
['aa', 'bb', 'cc', 'dd', 'ee'].grep(/[bc]/) # => ["bb", "cc"]

Array.instance_methods.grep(/gr/) # => [:grep, :group_by]

@see Enumerable#select
@see Enumerable#grep_v...

絞り込み条件を変える

Enumerable#reject -> Enumerator (6.0)

各要素に対してブロックを評価し、 その値が偽であった要素を集めた新しい配列を返します。 条件を反転させた select です。

...た場合は、各要素に対しブロックを評価し
偽になった値の配列を返すような Enumerator を返します。

例:

# 偶数を除外する (奇数を集める)
[1, 2, 3, 4, 5, 6].reject {|i| i % 2 == 0 } # => [1, 3, 5]

@see Enumerable#select
@see Enumerable#grep_v...

Enumerable#reject {|item| ... } -> [object] (6.0)

各要素に対してブロックを評価し、 その値が偽であった要素を集めた新しい配列を返します。 条件を反転させた select です。

...た場合は、各要素に対しブロックを評価し
偽になった値の配列を返すような Enumerator を返します。

例:

# 偶数を除外する (奇数を集める)
[1, 2, 3, 4, 5, 6].reject {|i| i % 2 == 0 } # => [1, 3, 5]

@see Enumerable#select
@see Enumerable#grep_v...

Enumerator::Lazy#grep(pattern) {|item| ... } -> Enumerator::Lazy (6.0)

Enumerable#grep と同じですが、配列ではなくEnumerator::Lazy を返します。

...umerator::Lazy: #<Enumerator::Lazy: 100..Infinity>:map>:grep(/\A(\d)\1+\z/)>
(100..Float::INFINITY).lazy.map(&:to_s).grep(/\A(\d)\1+\z/).take(10).force
# => ["111", "222", "333", "444", "555", "666", "777", "888", "999", "1111"]

@see Enumerable#grep, Enumerable#grep_v, Enumerator::Lazy#grep_v...

NEWS for Ruby 2.3.0 (6.0)

NEWS for Ruby 2.3.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...や例外を rescue しません
7688

* Encoding
* Encoding::IBM037 (alias ebcdic-cp-us; dummy) を追加

* Enumerable
* Enumerable#grep_v を追加
11049
* Enumerable#chunk_while
10769

* Enumerator::Lazy
* Enumerator::Lazy#grep_v を追加
11773

*...