るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
2513件ヒット [1-100件を表示] (0.044秒)
トップページ > クエリ:DEFAULT[x]

別のキーワード

  1. _builtin default
  2. uri default_port
  3. socket ai_default
  4. socket ip_default_multicast_ttl
  5. socket ip_default_multicast_loop

クラス

オブジェクト

キーワード

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

DL::Handle::DEFAULT -> DL::Handle (18117.0)

RTLD_DEFAULT で表わされる疑似ハンドルを表します。

...RTLD_DEFAULT で表わされる疑似ハンドルを表します。

詳しくは dlsym(3) を参照してください。...

Fiddle::Handle::DEFAULT -> Fiddle::Handle (18117.0)

RTLD_DEFAULT で表わされる疑似ハンドルを表します。

...RTLD_DEFAULT で表わされる疑似ハンドルを表します。

詳しくは dlsym(3) を参照してください。...

Fiddle::Function::DEFAULT -> Integer (18101.0)

デフォルトの呼出規約を表します。

デフォルトの呼出規約を表します。

@see Fiddle::Function.new

Random::DEFAULT -> Random (18101.0)

デフォルトの疑似乱数生成器です。 Random.rand や Kernel.#rand などで使用されます。

デフォルトの疑似乱数生成器です。
Random.rand や Kernel.#rand などで使用されます。

@see Random.srand, Kernel.#srand

Rake::TaskArguments#with_defaults(defaults) -> Hash (6200.0)

パラメータにデフォルト値をセットします。

...パラメータにデフォルト値をセットします。

@param defaults デフォルト値として使用するキーと値を格納したハッシュを指定します。...

絞り込み条件を変える

Hash#default -> object | nil (6192.0)

ハッシュのデフォルト値を返します。

...なることに注意してください。この場合、ハッシュのデフォルト値に
ついて調べるには 2 番目の形式か Hash#default_proc を使ってください。

2 番目の形式はハッシュがデフォルト値としてブロックを持つ場合に、
self と引数 ke...
...sh.new("default")
p h.default #=> "default"
p h.default(:some) #=> "default"
p h #=>{}

h = Hash.new{|hash, key| hash[key] ="default" }
p h.default #=> nil
p h.default(:some) #=> "default"
p h #=> {:some=>"default"}

h = Hash.new
p h.default...
...#=> nil
p h.default(:some) #=> nil
p h #=> {}

@see Hash#default=, Hash#default_proc...

Hash#default(key) -> object | nil (6192.0)

ハッシュのデフォルト値を返します。

...なることに注意してください。この場合、ハッシュのデフォルト値に
ついて調べるには 2 番目の形式か Hash#default_proc を使ってください。

2 番目の形式はハッシュがデフォルト値としてブロックを持つ場合に、
self と引数 ke...
...sh.new("default")
p h.default #=> "default"
p h.default(:some) #=> "default"
p h #=>{}

h = Hash.new{|hash, key| hash[key] ="default" }
p h.default #=> nil
p h.default(:some) #=> "default"
p h #=> {:some=>"default"}

h = Hash.new
p h.default...
...#=> nil
p h.default(:some) #=> nil
p h #=> {}

@see Hash#default=, Hash#default_proc...

Hash#default_proc=(pr) (6149.0)

ハッシュのデフォルト値を返す Proc オブジェクトを 変更します。

...デフォルトは値(Hash#default)の場合も
Proc の場合(Hash#default_proc)でも上書きされます。

引数には to_proc で Proc オブジェクトに変換できる
オブジェクトも受け付けます。

nil を指定した場合は現在の Hash#default_proc をクリアしま...
...す。

@param pr デフォルト値を返す手続きオブジェクト

例:
h = {}
h.default_proc = proc do |hash, key|
hash[key] = case
when (key % 15).zero?
"FizzBuzz"
when (key % 5).zero?
"Buzz"
when (...
...p h[3] # => "Fizz"
p h[5] # => "Buzz"
p h[15] # => "FizzBuzz"

h.default_proc = nil
p h[16] # => nil
# default_proc が nil になったので `16=>16 が追加されていない`
p h # => {1=>1, 2=>2, 3=>"Fizz", 5=>"Buzz", 15=>"FizzBuzz"}

@see Hash#default_proc, Hash#default...

Hash#default_proc -> Proc | nil (6143.0)

ハッシュのデフォルト値を返す Proc オブジェクトを返します。 ハッシュがブロック形式のデフォルト値を持たない場合 nil を返します。

...not exist in #{hash.inspect}"}
p h.default #=> nil
p block = h.default_proc #=> #<Proc:0x0x401a9ff4>
p block.call({},:foo) #=> "The foo not exist in {}"

h = Hash.new("default")
p h.default #=> "default"
p h.default_proc #=> nil

@see Hash#default...

Hash#default_proc=(pr) (6143.0)

ハッシュのデフォルト値を返す Proc オブジェクトを 変更します。

...(Hash#default)の場合も
Proc の場合(Hash#default_proc)でも上書きされます。

引数には to_proc で Proc オブジェクトに変換できる
オブジェクトも受け付けます。


@param pr デフォルト値を返す手続きオブジェクト

例:
h = {}
h.default_proc...
...p h[3] # => "Fizz"
p h[5] # => "Buzz"
p h[15] # => "FizzBuzz"

h.default_proc = nil
p h[16] # => nil
# default_proc が nil になったので `16=>16 が追加されていない`
p h # => {1=>1, 2=>2, 3=>"Fizz", 5=>"Buzz", 15=>"FizzBuzz"}

@see Hash#default_proc, Hash#default...

絞り込み条件を変える

URI::Generic.default_port -> Integer | nil (6143.0)

スキームに対応するデフォルトのポート番号を整数で返します。

...require 'uri'
URI::Generic.default_port # => nil
URI::FTP.default_port # => 21
URI::HTTP.default_port # => 80
URI::HTTPS.default_port # => 443
URI::LDAP.default_port # => 389
URI::LDAPS.default_port # => 636
URI::MailTo.default_port # => nil...

XMLRPC::BasicServer#set_default_handler(&handler) (6139.0)

Sets handler as the default-handler, which is called when no handler for a method-name is found. handler is a code-block. The default-handler is called with the (XML-RPC) method-name as first argument, and the other arguments are the parameters given by the client-call.

...as the default-handler, which is called when
no handler for a method-name is found. handler is a code-block.
The default-handler is called with the (XML-RPC) method-name as first argument, and
the other arguments are the parameters given by the client-call.

If no block is specified the default of X...

Hash#default=(value) (6137.0)

ハッシュのデフォルト値を value に変更します。対応する値が存 在しないキーで検索した時にはこの値を返すようになります。

...ルト値(ブロックを含む)が既に設定してあった場合も value で上書きします。

@param value 設定するデフォルト値です。
@return value を返します。

h = {}
p h.default #=>nil

h.default = "default"
p h.default #=>"default"

@see Hash#default...

Kernel$$DEFAULT_OUTPUT -> IO (6125.0)

$> の別名 require "English"

...$> の別名

require "English"

dout = $DEFAULT_OUTPUT.dup
$DEFAULT_OUTPUT.reopen("out.txt", "w")
print "foo"
$DEFAULT_OUTPUT.close
$DEFAULT_OUTPUT = dout
p "bar" # => bar
p File.read("out.txt") #=> foo...

URI::Generic#default_port -> Integer | nil (6123.0)

self.class.default_port を返します。

...self.class.default_port を返します。

@see URI::Generic.default_port...

絞り込み条件を変える

Shell.default_system_path -> Array (6120.0)

Shellでもちいられるコマンドを検索する対象のパスを設定および、参照します。

...require 'shell'
p Shell.default_system_path
# 例
#=> [ "/opt/local/bin", "/opt/local/sbin", "/usr/bin", "/bin", "/usr/sbin", "/sbin", "/usr/local/bin", "/usr/X11/bin", "/Users/kouya/bin"]
Shell.default_system_path = ENV["HOME"] + "/bin"
p Shell.default_system_path
# => "/Users/kouya...

Shell.default_system_path=(path) (6120.0)

Shellでもちいられるコマンドを検索する対象のパスを設定および、参照します。

...require 'shell'
p Shell.default_system_path
# 例
#=> [ "/opt/local/bin", "/opt/local/sbin", "/usr/bin", "/bin", "/usr/sbin", "/sbin", "/usr/local/bin", "/usr/X11/bin", "/Users/kouya/bin"]
Shell.default_system_path = ENV["HOME"] + "/bin"
p Shell.default_system_path
# => "/Users/kouya...
<< 1 2 3 ... > >>