るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
622件ヒット [1-100件を表示] (0.039秒)
トップページ > クエリ:コンテキスト[x]

ライブラリ

モジュール

検索結果

<< 1 2 3 ... > >>

Fiber (60.0)

ノンプリエンプティブな軽量スレッド(以下ファイバーと呼ぶ)を提供します。 他の言語では coroutine あるいは semicoroutine と呼ばれることもあります。 Thread と違いユーザレベルスレッドとして実装されています。

...として実装されています。

Thread クラスが表すスレッドと違い、明示的に指定しない限り
ファイバーのコンテキストは切り替わりません。
またファイバーは親子関係を持ちます。Fiber#resume を呼んだファイバーが親になり...
...ることは
* Fiber#resume により子へコンテキストを切り替える
* Fiber.yield により親へコンテキストを切り替える
の二通りです。この親子関係は一時的なものであり
親ファイバーへコンテキストを切り替えた時点で解消されま...
...その親にコンテキストが切り替わります。

なお標準添付ライブラリ fiber を require することにより、
コンテキスト
の切り替えに制限のない Fiber#transfer が使えるようになります。
任意のファイバーにコンテキストを切り替え...

OpenSSL::SSL::SSLContext#session_id_context=(id_context) (46.0)

セッション ID コンテキストを文字列で設定します。

...セッション ID コンテキストを文字列で設定します。

セッション ID コンテキストは、セッションをグループ化するための
識別子で、セッション ID コンテキストとセッション ID の両方が
一致する場合に同一のセッションで...
...れたコネクション(OpenSSL::SSL::SSLSocket)に
関連付けられたセッションはセッション ID コンテキスト
を共有します。

セッション ID コンテキストはセッションのグループを
識別するための識別子であり、一方セッション ID は各...
...
あることに注意してください。

クライアント側では意味を持ちません。

@param id_context セッション ID コンテキスト文字列(最大32バイト)
@see OpenSSL::SSL::Session,
OpenSSL::SSL::SSLContext#session_id_context,
OpenSSL::SSL::SSLContext#sess...

irb/xmp (42.0)

Ruby のソースコードとその実行結果を、行ごとに交互に表示するためのライブ ラリです。irb を実行しなくても、使用することが出来ます。

...ます。


実行結果を得るためには、Kernel#xmp と、XMP#puts を使った方
法があります。どちらの場合も XMP がコンテキスト情報を保持するため、
実行結果に差分はありません。(Binding を指定できるタイミングは違い
ます)

=== 関...
...1

XMP がコンテキスト情報を管理しているため、変数 foo を 2 度目の呼
び出しでも保持しています。Kernel#xmp でも同様の操作を行えます。

=== コンテキスト

XMP メソッド群のコンテキストは、呼び出す前のコンテキストで評価...
...
れます。明示的にコンテキストを指定するとそのコンテキストで評価します。

例:

xmp "foo", an_binding

[注意] マルチスレッドには対応していません。

=== 注意

irb/xmp は内部で irb を使用する事で実行結果を表示していま...

Fiber#resume(*arg = nil) -> object (28.0)

自身が表すファイバーへコンテキストを切り替えます。 自身は resume を呼んだファイバーの子となります。

...身が表すファイバーへコンテキストを切り替えます。
自身は resume を呼んだファイバーの子となります。


@param arg self が表すファイバーに渡したいオブジェクトを指定します。

@return コンテキストの切り替えの際に Fiber.yie...
...で実行した場合はブロックの評価結果
を返します。

@raise FiberError 自身が既に終了している場合、コンテキストの切替が
Thread クラスが表すスレッド間をまたがる場合、自身が resume を
呼ん...
...自身が表すファイバーへコンテキストを切り替えます。
自身は resume を呼んだファイバーの子となります。

ただし、Fiber#transfer を呼び出した後に resume を呼び出す事はでき
ません。

@param arg self が表すファイバーに渡した...
...return コンテキストの切り替えの際に Fiber.yield に与えられた引数
を返します。ブロックの終了まで実行した場合はブロックの評価結果
を返します。

@raise FiberError 自身が既に終了している場合、コンテキスト...

Fiber#transfer(*args) -> object (28.0)

自身が表すファイバーへコンテキストを切り替えます。

...自身が表すファイバーへコンテキストを切り替えます。

自身は Fiber#resume を呼んだファイバーの子となります。
Fiber#resume との違いは、ファイバーが終了したときや Fiber.yield が呼ばれたときは、
ファイバーの親へ戻らずに...
...たいオブジェクトを指定します。

@return コンテキスト切り替えの際に、Fiber#resume メソッドに与えられた引数を返します。

@raise FiberError 自身が既に終了している場合、コンテキストの切り替えが Thread クラスが表すスレッド...

絞り込み条件を変える

Kernel.#eval(expr) -> object (28.0)

文字列 expr を Ruby プログラムとして評価してその結果を返しま す。第2引数に Binding オブジェクトを与えた場合、 そのオブジェクトを生成したコンテキストで文字列を評価します。

...してその結果を返しま
す。第2引数に
Binding オブジェクトを与えた場合、
そのオブジェクトを生成したコンテキストで文字列を評価します。

expr の中のローカル変数の扱いはブロックの場合と同じです。すなわち、eval
...
...ind によらずに特定のオブジェクトのコンテキストで expr を評価したい場合、
Module#module_eval, BasicObject#instance_eval が使えます。

@param expr 評価する文字列です。
@param bind 評価コンテキストです。
@param fname スタックトレース...

Kernel.#eval(expr, bind, fname = "(eval)", lineno = 1) -> object (28.0)

文字列 expr を Ruby プログラムとして評価してその結果を返しま す。第2引数に Binding オブジェクトを与えた場合、 そのオブジェクトを生成したコンテキストで文字列を評価します。

...してその結果を返しま
す。第2引数に
Binding オブジェクトを与えた場合、
そのオブジェクトを生成したコンテキストで文字列を評価します。

expr の中のローカル変数の扱いはブロックの場合と同じです。すなわち、eval
...
...ind によらずに特定のオブジェクトのコンテキストで expr を評価したい場合、
Module#module_eval, BasicObject#instance_eval が使えます。

@param expr 評価する文字列です。
@param bind 評価コンテキストです。
@param fname スタックトレース...

WIN32OLE_METHOD#helpcontext -> Integer | nil (28.0)

メソッドのヘルプコンテキストを取得します。

...メソッドのヘルプコンテキストを取得します。

ヘルプコンテキストは、関連するヘルプファイル上のトピック位置を示す整数
値です。

@return ヘルプコンテキストを返します。未定義の場合はnilを返します。

tobj = WIN32OLE...

BasicObject#instance_eval {|obj| ... } -> object (22.0)

オブジェクトのコンテキストで文字列 expr またはオブジェクト自身をブロックパラメータとするブロックを 評価してその結果を返します。

...オブジェクトのコンテキストで文字列 expr またはオブジェクト自身をブロックパラメータとするブロックを
評価してその結果を返します。

オブジェクトのコンテキストで評価するとは評価中の self をそのオブジェクトに...

BasicObject#instance_eval(expr, filename = "(eval)", lineno = 1) -> object (22.0)

オブジェクトのコンテキストで文字列 expr またはオブジェクト自身をブロックパラメータとするブロックを 評価してその結果を返します。

...オブジェクトのコンテキストで文字列 expr またはオブジェクト自身をブロックパラメータとするブロックを
評価してその結果を返します。

オブジェクトのコンテキストで評価するとは評価中の self をそのオブジェクトに...

絞り込み条件を変える

BasicObject#instance_exec(*args) {|*vars| ... } -> object (22.0)

与えられたブロックをレシーバのコンテキストで実行します。

...与えられたブロックをレシーバのコンテキストで実行します。

ブロック実行中は、 self がレシーバのコンテキストになるので
レシーバの持つインスタンス変数にアクセスすることができます。

@param args ブロックパラメー...

Fiber.yield(*arg = nil) -> object (22.0)

現在のファイバーの親にコンテキストを切り替えます。

...現在のファイバーの親にコンテキストを切り替えます。

コンテキスト
の切り替えの際に Fiber#resume に与えられた引数を yield メソッドは返します。

@param arg 現在のファイバーの親に渡したいオブジェクトを指定します。

@ra...

IRB::Frame#bottom(n = 0) -> Binding (22.0)

下から n 番目のコンテキストを取り出します。

...下から n 番目のコンテキストを取り出します。

@param n 取り出すコンテキストを Integer で指定します。n は 0 が最
下位になります。...

IRB::Frame#top(n = 0) -> Binding (22.0)

上から n 番目のコンテキストを取り出します。

...上から n 番目のコンテキストを取り出します。

@param n 取り出すコンテキストを Integer で指定します。n は 0 が最
上位になります。...

IRB::Frame.bottom(n = 0) -> Binding (22.0)

下から n 番目のコンテキストを取り出します。

...下から n 番目のコンテキストを取り出します。

@param n 取り出すコンテキストを Integer で指定します。n は 0 が最
下位になります。...

絞り込み条件を変える

<< 1 2 3 ... > >>