るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
46件ヒット [1-46件を表示] (0.272秒)
トップページ > クエリ:/[x] > クエリ:reopen[x]

別のキーワード

  1. rexml/document new
  2. rexml/document write
  3. rexml/document to_s
  4. rexml/document clone
  5. rexml/document node_type

種類

ライブラリ

モジュール

検索結果

Syslog.#reopen(ident=$0, options=Syslog::LOG_PID|Syslog::LOG_CONS, facility=Syslog::LOG_USER) { |syslog| ... } -> self (15125.0)

開いていた syslog を最初にクローズする点を除いてSyslog.#open と同じです。

...log.open!("syslogtest2")
Syslog.log(Syslog::LOG_WARNING, "the sky is falling in %d seconds!", 200)
rescue RuntimeError => err
# RuntimeError は発生しない。
puts err
end
File.foreach('/var/log/system.log'){|line|
print line if line =~ /the sky is/
}

@see Syslog.#open...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (5298.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...の変更点(まとめ)/インタプリタの変更>))
* ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラスモジュール>))
* ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>))
* ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>))...
...1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラスメソッド(互換性のある変更)>))
* ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラスメソッド(互換性のない変更)>))
* ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>))
* ((<1.6.8か...
...たときのキーが渡されます

=== IO

: ((<IO/IO.new>)) [compat]

((<File/File.open>)) と同様に mode を数値(つまり、
((<File::Constants>)) の定数) で指定できるようになりました。

: ((<IO#reopen|IO/reopen>)) [compat]

第二引数を省略したときレシ...

NEWS for Ruby 2.3.0 (3246.0)

NEWS for Ruby 2.3.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...グマ:
* 実験的な機能として fronzen-string-literal というプラグマが導入されました。
8976
* さらに --enable/--disable=frozen-string-literal というコマンドラインオプションも導入されました
8976
* コマンドラインオプシ...
...的に必須であるという点が異なります。
11537
/
/emlist{
obj.try! {} # valid
obj&. {} # syntax error
/
/}
* 引数はメソッドが呼び出された場合のみ評価されます。
/
/emlist{
obj.try!(:foo, bar()) # bar() は常に評価...
...た。(大文字・小文字を区別しません)
11695
* ログデバイスを開きなおすために Logger#reopen が追加されました。
11696

* io/wait
* IO#wait_readable は FIONREAD をチェックしなくなりました。
ソケットのようなバイト...

Kernel$$> -> object (84.0)

標準出力です。

...の出力先を /tmp/foo に変更
$stdout = File.open("/tmp/foo", "w")
puts "foo" # 出力する
$stdout = STDOUT # 元に戻す

自プロセスだけでなく、子プロセスの標準出力もリダイレクトしたいときは
以下のように IO#reopen を使います...
...

STDOUT.reopen("/tmp/foo", "w")

また、リダイレクトしたあと
出力先をまた元に戻したい場合は以下のようにします。

stdout_old = $stdout.dup # 元の $stdout を保存する
$stdout.reopen("/tmp/foo") # $stdout を /tmp/foo にリダイ...
...レクトする
puts "foo" # /tmp/foo に出力
$stdout.flush # 念のためフラッシュする
$stdout.reopen stdout_old # 元に戻す

$stdout はグローバルスコープです。

@see spec/rubycmd...

Kernel$$stdout -> object (84.0)

標準出力です。

...の出力先を /tmp/foo に変更
$stdout = File.open("/tmp/foo", "w")
puts "foo" # 出力する
$stdout = STDOUT # 元に戻す

自プロセスだけでなく、子プロセスの標準出力もリダイレクトしたいときは
以下のように IO#reopen を使います...
...

STDOUT.reopen("/tmp/foo", "w")

また、リダイレクトしたあと
出力先をまた元に戻したい場合は以下のようにします。

stdout_old = $stdout.dup # 元の $stdout を保存する
$stdout.reopen("/tmp/foo") # $stdout を /tmp/foo にリダイ...
...レクトする
puts "foo" # /tmp/foo に出力
$stdout.flush # 念のためフラッシュする
$stdout.reopen stdout_old # 元に戻す

$stdout はグローバルスコープです。

@see spec/rubycmd...

絞り込み条件を変える

Kernel$$stderr -> object (78.0)

標準エラー出力です。

...力先を /tmp/foo に変更
$stderr = File.open("/tmp/foo", "w")
puts "foo" # 出力する
$stderr = STDERR # 元に戻す

自プロセスだけでなく、子プロセスの標準エラー出力も
リダイレクトしたいときは以下のように IO#reopen を使いま...
...

$stderr.reopen("/tmp/foo", "w")

また、リダイレクトしたあと
出力先をまた元に戻したい場合は以下のようにします。

stderr_old = $stderr.dup # 元の $stderr を保存する
$stderr.reopen("/tmp/foo") # $stderr を /tmp/foo にリダイ...
...レクトする
puts "foo" # /tmp/foo に出力
$stderr.flush # 念のためフラッシュする
$stderr.reopen stderr_old # 元に戻す

$stderr はグローバルスコープです。...

Kernel$$stdin -> object (78.0)

標準入力です。

...標準入力をリダイレクトしたいときは
$stdin に代入すれば十分です。

# 標準入力の入力元 /tmp/foo に変更
$stdin = File.open("/tmp/foo", "w")
gets # 入力する
$stdin = STDIN # 元に戻す

ただし、Kernel.#gets など、特...
...IO#reopen を使います。

$stdin.reopen("/tmp/foo")

また、リダイレクトしたあと
出力先をまた元に戻したい場合は以下のようにします。

stdin_old = $stdin.dup # 元の $stdin を保存する
$stdout.reopen("/tmp/foo") # $stdin を /tmp/foo...
...にリダイレクトする
gets # /tmp/foo から入力
$stdin.reopen stdin_old # 元に戻す

$stdin はグローバルスコープです。...

Syslog.#open!(ident=$0, options=Syslog::LOG_PID|Syslog::LOG_CONS, facility=Syslog::LOG_USER) { |syslog| ... } -> self (25.0)

開いていた syslog を最初にクローズする点を除いてSyslog.#open と同じです。

...log.open!("syslogtest2")
Syslog.log(Syslog::LOG_WARNING, "the sky is falling in %d seconds!", 200)
rescue RuntimeError => err
# RuntimeError は発生しない。
puts err
end
File.foreach('/var/log/system.log'){|line|
print line if line =~ /the sky is/
}

@see Syslog.#open...