るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
60件ヒット [1-60件を表示] (0.165秒)
トップページ > クエリ:/[x] > クエリ:fetch[x]

別のキーワード

  1. rexml/document new
  2. rexml/document write
  3. rexml/document to_s
  4. rexml/document clone
  5. rexml/document node_type

検索結果

PStore#fetch(name, default = PStore::Error) -> object (18131.0)

ルートnameに対応する値を得ます。

....new("/tmp/foo")
db.transaction do
p db.roots # => []
ary = db["root"] = [1,2,3,4]
ary[0] = [1,1.5]
end

db.transaction(true) do |pstore|
pstore.fetch("root") # => [[1, 1.5], 2, 3, 4]
pstore.fetch("root", 'aaa') # => [[1, 1.5], 2, 3, 4]
pstore.fetch("not_...
...root") # => 例外発生
end

@see Hash#fetch, PStore#[]...

rubygems/commands/fetch_command (12012.0)

Gem パッケージをダウンロードしてカレントディレクトリに保存するためのライブラリです。

...

Usage: gem fetch GEMNAME [GEMNAME ...] [options]
Options:
-v, --version VERSION 指定されたバージョンの Gem を取得します
--platform PLATFORM 指定されたプラットフォームの Gem を取得します
Local/Remote Options:...

rubygems/remote_fetcher (12000.0)

リモートソースから Gem パッケージや Gem パッケージの情報を取得するためのライブラリです。

リモートソースから Gem パッケージや Gem パッケージの情報を取得するためのライブラリです。

rubygems/spec_fetcher (12000.0)

リモートリポジトリから Gem のメタデータを取得して更新するためのライブラリです。

リモートリポジトリから Gem のメタデータを取得して更新するためのライブラリです。

net/http (6114.0)

汎用データ転送プロトコル HTTP を扱うライブラリです。 実装は 2616 に基きます。

...ire 'net/http'
Net::HTTP.get_print 'www.example.com', '/index.html'

例2: URI を使う
require 'net/http'
require 'uri'
Net::HTTP.get_print URI.parse('http://www.example.com/index.html')

例3: より汎用的な例

require 'net/http'
require 'uri'

url = URI.parse('http://www.exa...
...mple.com/index.html')
res = Net::HTTP.start(url.host, url.port) {|http|
http.get('/index.html')
}
puts res.body

例4: 上の例よりさらに汎用的な例
require 'net/http'

url = URI.parse('http://www.example.com/index.html')
req = Net::HTTP::Get.new(url.path)
res = Net::HT...
...

==== リダイレクトに対応する
以下の例の fetch はリダイレクトに対応しています。
limit 回数以上リダイレクトしたらエラーにします。

require 'net/http'
require 'uri'

def fetch(uri_str, limit = 10)
# You should choose better exception....

絞り込み条件を変える

net/imap (6108.0)

このライブラリは Internet Message Access Protocol (IMAP) の クライアントライブラリです。2060 を元に 実装されています。

...ブジェクトを表示する。
require 'net/imap'

imap = Net::IMAP.new('mail.example.com')
imap.authenticate('LOGIN', 'joe_user', 'joes_password')
imap.examine('INBOX')
imap.search(["RECENT"]).each do |message_id|
envelope = imap.fetch(message_id, "ENVELOPE")[0].attr["ENVELOPE"]...
...べて Mail/sent-mail から "Mail/sent-apr03" へ移動させる

require 'net/imap'

imap = Net::IMAP.new('mail.example.com')
imap.authenticate('LOGIN', 'joe_user', 'joes_password')
imap.select('Mail/sent-mail')
if not imap.list('Mail/', 'sent-apr03')
imap.create('Mail/sent-apr03')...
...ch do |message_id|
imap.copy(message_id, "Mail/sent-apr03")
imap.store(message_id, "+FLAGS", [:Deleted])
end
imap.expunge

=== スレッド安全性
Net::IMAP は並列実行をサポートしています。例として、

require 'net/imap'

imap = Net::IMAP.new("imap.foo.net", "im...

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) (5298.0)

1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/インタプリタの変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラス/モジュール>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラス/メソッド(互換性のある変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラス/メソッド(互換性のない変更)>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/正規表現>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Marshal>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/Windows 対応>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/廃止された(される予定の)機能>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/ライブラリ>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/拡張ライブラリAPI>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/バグ修正>)) * ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/サポートプラットフォームの追加>))

...の変更点(まとめ)/インタプリタの変更>))
* ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたクラスモジュール>))
* ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加されたメソッド>))
* ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/追加された定数>))...
...1.8.0への変更点(まとめ)/拡張されたクラスメソッド(互換性のある変更)>))
* ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/変更されたクラスメソッド(互換性のない変更)>))
* ((<1.6.8から1.8.0への変更点(まとめ)/文法の変更>))
* ((<1.6.8か...
...ARGF

: ((<ARGF/ARGF.path>)) [new]

追加 (ARGF.filename の別名) ((<ruby-dev:20197>))

=== Array

: ((<Array#transpose|Array/transpose>)) [new]

追加

: ((<Array#zip|Enumerable/zip>)) [new]
: ((<Enumerable#zip|Enumerable/zip>)) [new]

追加

: ((<Array#fetch|Array/fetch>)) [new]...

NEWS for Ruby 2.5.0 (3468.0)

NEWS for Ruby 2.5.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...

== 2.4.0 以降の変更

=== 言語仕様の変更

* トップレベルの定数参照を削除しました 11547
* do/end ブロック内部で rescue/else/ensure を書けるようになりました 12906
* 文字列の式展開内部の暗黙の to_s 呼び出しにも refinements...
...mo 6.1.3-669ac9997619954c298da971fcfacccf36909d05 に更新
* 非包含オペレータ(absence operator)をサポート https://github.com/k-takata/Onigmo/issues/82
* Support new 5 emoji-related Unicode character properties

* RubyVM::InstructionSequence
* RubyVM::InstructionSequen...
...になりました。
11925

* Regexp/String: Unicodeのバージョンを9.0.0 から 10.0.0 に更新しました 13685

* Thread
* Thread#name= で設定した名前が Windows 10 で見えるようになりました
* Thread#fetch を追加 13009
* Thread.report_on_exceptio...

NEWS for Ruby 2.3.0 (3246.0)

NEWS for Ruby 2.3.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...グマ:
* 実験的な機能として fronzen-string-literal というプラグマが導入されました。
8976
* さらに --enable/--disable=frozen-string-literal というコマンドラインオプションも導入されました
8976
* コマンドラインオプシ...
...的に必須であるという点が異なります。
11537
/
/emlist{
obj.try! {} # valid
obj&. {} # syntax error
/
/}
* 引数はメソッドが呼び出された場合のみ評価されます。
/
/emlist{
obj.try!(:foo, bar()) # bar() は常に評価...
...1773

* File
* File.mkfifo
11536
* O_TMPFILE に対応する File::TMPFILE(File::Constants::TMPFILE) を追加

* Hash
* Hash#fetch_values を追加
10017
* Hash#dig を追加
11643
* Hash#<=, Hash#<, Hash#>=, Hash#> を追加
10984
* Hash#to_proc...

NEWS for Ruby 2.1.0 (3144.0)

NEWS for Ruby 2.1.0 このドキュメントは前回リリース以降のバグ修正を除くユーザーに影響のある機能の変更のリストです。

...ければなりません。

* 整数や小数のリテラルの末尾に'r','i','ri'という接尾辞を付けられるようになりました
/
/emlist{
# r を付けると有理数になる
42r # => Rational(42, 1)
3.14 # => 3.14.rationalize
6.022e+23r # 指数形式と一緒...
...> Complex(0, 3.14)

# ri を付けると複素数の虚部が有理数になる
42ri # => Complex(0, 42r)
3.14ri # => Complex(0, 3.14r)
/
/}

* def によるメソッド定義式は nil の代わりにメソッド名をシンボルで返します

=== 組み込みクラスの更新...
...デフォルトのテンプレートとアクセシビリティを改善しました。
https://github.com/ruby/rdoc/blob/v4.1.0.preview.1/History.rdoc

* resolv
* 追加: Resolv::DNS.fetch_resource
* One-shot multicast DNS support
* Support LOC resources

* rexml
* REXML::...

絞り込み条件を変える

NKF (116.0)

nkf(Network Kanji code conversion Filter, https://osdn.net/projects/nkf/) を Ruby から使うためのモジュールです。

...nkf(Network Kanji code conversion Filter, https://osdn.net/projects/nkf/) を
Ruby から使うためのモジュールです。

=== 使い方

以下は、漢字コード変換コマンドの例です。

#!/usr/local/bin/ruby

require 'nkf'

opt = ''
opt = ARGV.shift if ARGV[0][0] ==...
...?-

while line = ARGF.gets
print NKF.nkf(opt, line)
end

以下は、漢字コード判別コマンドの例です。

#!/usr/local/bin/ruby

require 'nkf'

CODES = {
NKF::JIS => "JIS",
NKF::EUC => "EUC",
NKF::SJIS => "SJIS",
NKF::UTF8 => "UTF8",...
...= ARGV.shift
str = open(file) {|io| io.gets(nil) }

printf "%-10s ", file
if str.nil?
puts "EMPTY"
else
puts CODES.fetch(NKF.guess(str))
end
end

=== オプション文字列

-b 入力がバッファリングされる(デフォルト)
-u 入力がバッフ...