るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
128件ヒット [1-100件を表示] (0.087秒)
トップページ > クエリ:/[x] > ライブラリ:matrix[x]

別のキーワード

  1. rexml/document new
  2. rexml/document write
  3. rexml/document to_s
  4. rexml/document clone
  5. rexml/document node_type

検索結果

<< 1 2 > >>

Matrix#/(m) -> Matrix (18102.0)

self に行列 m の逆行列を右から乗じた行列を返します。

...@param m 逆行列を右から乗算する行列。可逆行列でselfと乗算可能な行列を指定します。

@raise ExceptionForMatrix::ErrDimensionMismatch 次元が合わない場合に発生します
@raise ExceptionForMatrix::ErrNotRegular m が正則でない場合に発生します...

Matrix#/(other) -> Matrix (18102.0)

self の各成分を数 other で割った行列を返します。

self の各成分を数 other で割った行列を返します。

@param other self の各成分を割る Numeric オブジェクトを指定します。

Vector#/(other) -> Vector (18102.0)

self の各要素を数 other で割ったベクトルを返します。

...します。

@param other self の各要素を割る Numeric オブジェクトを指定します。
@raise ExceptionForMatrix::ErrOperationNotDefined other が Vector や Matrix
の場合に発生します...

Matrix::LUPDecomposition#solve(b) -> Vector | Matrix (50.0)

self が正方行列 A の LUP 分解の時、一次方程式 Ax = b の解を返します。 b には Vector, Matrix, 数値の配列を指定出来ます。

...self が正方行列 A の LUP 分解の時、一次方程式 Ax = b の解を返します。
b には Vector, Matrix, 数値の配列を指定出来ます。

それぞれベクトルのサイズ、行列の行数、配列のサイズが A の列数と一致していなければなりません。...
...指定します。

/
/emlist[][ruby]{
require 'matrix'

lup = Matrix[[2, 1], [1, 2]].lup

lup.solve([1, -1]) #=> Vector[(1/1), (-1/1)]
lup.solve(Vector[3, 0]) #=> Vector[(2/1), (-1/1)]
lup.solve(Matrix[[1, 3], [-1, 0]]) #=> Matrix[[(1/1), (2/1)], [(-1/1), (-1/1)]]
/
/}...

ExceptionForMatrix::ErrDimensionMismatch (18.0)

行列/ベクトル計算時に次元が合わない場合に発生する例外です。

...行列/ベクトル計算時に次元が合わない場合に発生する例外です。...

絞り込み条件を変える

Matrix#singular? -> bool (18.0)

行列が正方で特異なら真を/正則なら偽を返します。

...真を/正則なら偽を返します。

行列が特異(singular)であるとは、正則でないことです。
行列式が0であること同値です。

正方行列でない場合には例外 ExceptionForMatrix::ErrDimensionMismatch を
発生させます。

@raise ExceptionForMatrix::ErrD...

Matrix::LUPDecomposition#singular? -> bool (18.0)

元の行列が正方で特異なら真を/正則なら偽を返します。 LUP 分解の結果を利用して判定します。

...元の行列が正方で特異なら真を/正則なら偽を返します。
LUP 分解の結果を利用して判定します。

@see Matrix#singular?...

Vector#==(v) -> bool (18.0)

自分自身と引数 v を比較し、true/false を返します。

...自分自身と引数 v を比較し、true/false を返します。

@param v 比較対象ベクトル...

Vector#eql?(v) -> bool (18.0)

自分自身と引数 v を比較し、true/false を返します。

...自分自身と引数 v を比較し、true/false を返します。

@param v 比較対象ベクトル...

Matrix#lup -> Matrix::LUPDecomposition (14.0)

行列の LUP 分解を保持したオブジェクトを返します。

...

Matrix
::LUPDecomposition は to_ary を定義しているため、
多重代入によって3つの行列(下三角行列、上三角行列、置換行列)
を得ることができます。これを [L, U, P] と書くと、
L*U = P*self を満たします。

/
/emlist[例][ruby]{
require 'matrix'...
...a = Matrix[[1, 2], [3, 4]]
l, u, p = a.lup
l.lower_triangular? # => true
u.upper_triangular? # => true
p.permutation? # => true
l * u == p * a # => true
a.lup.solve([2, 5]) # => Vector[(1/1), (1/2)]
/
/}

@see Matrix::LUPDecomposition...

絞り込み条件を変える

Matrix#lup_decomposition -> Matrix::LUPDecomposition (14.0)

行列の LUP 分解を保持したオブジェクトを返します。

...

Matrix
::LUPDecomposition は to_ary を定義しているため、
多重代入によって3つの行列(下三角行列、上三角行列、置換行列)
を得ることができます。これを [L, U, P] と書くと、
L*U = P*self を満たします。

/
/emlist[例][ruby]{
require 'matrix'...
...a = Matrix[[1, 2], [3, 4]]
l, u, p = a.lup
l.lower_triangular? # => true
u.upper_triangular? # => true
p.permutation? # => true
l * u == p * a # => true
a.lup.solve([2, 5]) # => Vector[(1/1), (1/2)]
/
/}

@see Matrix::LUPDecomposition...

Matrix#coerce(other) -> Array (8.0)

他の数値オブジェクトとの変換を行います。

...クトをMatrix::Scalarのオブジェクトに変換し、selfとの組を配列として返します。

@param other 変換する数値オブジェクト

/
/emlist[例][ruby]{
require 'matrix'
a1 = [1, 2]
a2 = [-1.25, 2.2]
m = Matrix[a1, a2]
r = Rational(1, 2)
p m.coerce(r) #=> [#<Matrix::Scalar:...
...0x832df18 @value=(1/2)>, Matrix[[1, 2], [-1.25, 2.2]]]
/
/}...

Matrix#cofactor_expansion(row: nil, column: nil) -> object | Integer | Rational | Float (8.0)

row 行、もしくは column 列に関するラプラス展開をする。

...けです。かわりにMatrix#determinant を
利用すべきです。

変則的な形状の行列に対してはそれ以上の意味を持ちます。例えば
row行/column列が行列やベクトルである場合には

/
/emlist[例][ruby]{
require 'matrix'
# Matrix[[7,6], [3,9]].laplace_expa...
...=> 45
Matrix
[[Vector[1, 0], Vector[0, 1]], [2, 3]].laplace_expansion(row: 0) # => Vector[3, -2]
/
/}

@param row 行
@param column 列
@raise ArgumentError row と column を両方指定した、もしくは両方とも指定していない、場合に発生します
@raise ExceptionForMatrix::ErrD...
...imensionMismatch 行列が正方でない場合に発生します
@see Matrix#cofactor...

Matrix#find_index(selector = :all) -> Enumerator (8.0)

指定した値と一致する要素の位置を [row, column] という配列で返します。 ブロックを与えた場合は各要素を引数としてブロックを呼び出し、 返り値が真であった要素の位置を返します。

...致する/ブロックが真を返す、場合は最初
に見つかった要素の位置を返します。

selector で行列のどの部分を探すかを指定します。この引数の意味は
Matrix
#each を参照してください。

/
/emlist[例][ruby]{
require 'matrix'
Matrix
[ [1,2], [3,...
...4] ].index(&:even?) # => [0, 1]
Matrix
[ [1,1], [1,1] ].index(1, :strict_lower) # => [1, 0]
/
/}

value を指定せず、さらにブロックを省略した場合、
Enumerator を返します。

@param value 探索する値
@param selector 探索範囲...

Matrix#find_index(selector = :all) {|e| ... } -> [Integer, Integer] | nil (8.0)

指定した値と一致する要素の位置を [row, column] という配列で返します。 ブロックを与えた場合は各要素を引数としてブロックを呼び出し、 返り値が真であった要素の位置を返します。

...致する/ブロックが真を返す、場合は最初
に見つかった要素の位置を返します。

selector で行列のどの部分を探すかを指定します。この引数の意味は
Matrix
#each を参照してください。

/
/emlist[例][ruby]{
require 'matrix'
Matrix
[ [1,2], [3,...
...4] ].index(&:even?) # => [0, 1]
Matrix
[ [1,1], [1,1] ].index(1, :strict_lower) # => [1, 0]
/
/}

value を指定せず、さらにブロックを省略した場合、
Enumerator を返します。

@param value 探索する値
@param selector 探索範囲...

絞り込み条件を変える

Matrix#find_index(value, selector = :all) -> [Integer, Integer] | nil (8.0)

指定した値と一致する要素の位置を [row, column] という配列で返します。 ブロックを与えた場合は各要素を引数としてブロックを呼び出し、 返り値が真であった要素の位置を返します。

...致する/ブロックが真を返す、場合は最初
に見つかった要素の位置を返します。

selector で行列のどの部分を探すかを指定します。この引数の意味は
Matrix
#each を参照してください。

/
/emlist[例][ruby]{
require 'matrix'
Matrix
[ [1,2], [3,...
...4] ].index(&:even?) # => [0, 1]
Matrix
[ [1,1], [1,1] ].index(1, :strict_lower) # => [1, 0]
/
/}

value を指定せず、さらにブロックを省略した場合、
Enumerator を返します。

@param value 探索する値
@param selector 探索範囲...

Matrix#first_minor(row, column) -> Matrix (8.0)

self から第 row 行と第 column 列を取り除いた行列を返します。

...w 行と第 column 列を取り除いた行列を返します。

@param row 行
@param column 列
@raise ArgumentError row, column が行列の行数/列数を越えている場合に発生します。...
<< 1 2 > >>