るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
86件ヒット [1-86件を表示] (0.096秒)
トップページ > クエリ:/[x] > クラス:Time[x]

別のキーワード

  1. rexml/document new
  2. rexml/document write
  3. rexml/document to_s
  4. rexml/document clone
  5. rexml/document node_type

ライブラリ

キーワード

検索結果

Time#strftime(format) -> String (25.0)

時刻を format 文字列に従って文字列に変換した結果を返します。

...ary ... )
* %b: 月の省略名(Jan, Feb ... )
* %C: 世紀 (2009年であれば 20)
* %c: 日付と時刻 (%a %b %e %T %Y)
* %D: 日付 (%m/%d/%y)
* %d: 日(01-31)
* %e: 日。一桁の場合、半角空白で埋める ( 1..31)
* %F: %Y-%m-%d と同等 (ISO 8601の日付フォーマ...
...または午後(am,pm)
* %p: 午前または午後(AM,PM)
* %Q: 1970-01-01 00:00:00 UTC からの経過ミリ秒 (Time#strftime は対応していませんが、Date#strftime で使えます)
* %R: 24時間制の時刻。%H:%M と同等。
* %r: 12時間制の時刻。%I:%M:%S %p と同等...
...セット (例 +09:00:00)
* %%: %自身
* %+: date(1)の形式 (%a %b %e %H:%M:%S %Z %Y) (Time#strftime は対応していませんが、Date#strftime で使えます)

このメソッドは strftime(3) や glibcの仕様を参考に作成されており、以下のオプションが利用でき...

Time.strptime(date, format, now=self.now) -> Time (25.0)

文字列を Date._strptime を用いて Time オブジェクト に変換します。

...time を用いて Time オブジェクト
に変換します。

require 'time'
Time
.strptime('2001-02-03T04:05:06+09:00', '%Y-%m-%dT%H:%M:%S%z')
#=> 2001-02-03 06:05:06 +0900

ブロックを渡すと年の部分をブロックによって変換できます。
require 'time'
Time
.strptime...
...('91/5/18 4:13:00', '%Y/%m/%d %T'){|y|
if y > 100 then y
elsif y >= 69 then y + 1900
else y + 2000
end
}
#=> 1991-05-18 04:13:00 +0900

Time
.strptime('01/5/18 4:13:00', '%Y/%m/%d %T'){|y|
if y > 100 then y
elsif y >= 69 then y + 1900
else y + 2000
end
}...
...#=> 2001-05-18 04:13:00 +0900

詳しくは DateTime.strptime, Date.strptime を見てください。

@param date 時刻を表す文字列
@param format 書式文字列...

Time.strptime(date, format, now=self.now) {|y| ... } -> Time (25.0)

文字列を Date._strptime を用いて Time オブジェクト に変換します。

...time を用いて Time オブジェクト
に変換します。

require 'time'
Time
.strptime('2001-02-03T04:05:06+09:00', '%Y-%m-%dT%H:%M:%S%z')
#=> 2001-02-03 06:05:06 +0900

ブロックを渡すと年の部分をブロックによって変換できます。
require 'time'
Time
.strptime...
...('91/5/18 4:13:00', '%Y/%m/%d %T'){|y|
if y > 100 then y
elsif y >= 69 then y + 1900
else y + 2000
end
}
#=> 1991-05-18 04:13:00 +0900

Time
.strptime('01/5/18 4:13:00', '%Y/%m/%d %T'){|y|
if y > 100 then y
elsif y >= 69 then y + 1900
else y + 2000
end
}...
...#=> 2001-05-18 04:13:00 +0900

詳しくは DateTime.strptime, Date.strptime を見てください。

@param date 時刻を表す文字列
@param format 書式文字列...

Time.at(time, usec) -> Time (17.0)

time + (usec/1000000) の時刻を表す Time オブジェクトを返します。 浮動小数点の精度では不十分な場合に使用します。

...
time
+ (usec/1000000) の時刻を表す Time オブジェクトを返します。
浮動小数点の精度では不十分な場合に使用します。

生成された Time オブジェクトのタイムゾーンは地方時となります。

@param time 起算時からの経過秒数を表わ...
...す値をInteger、 Float、 Rational、または他のNumericで指定します。

@param usec マイクロ秒をInteger、 Float、 Rational、または他のNumericで指定します。

例:
Time
.at(946684800, 123456.789).nsec # => 123456789...

Time#to_json(*args) -> String (13.0)

自身を JSON 形式の文字列に変換して返します。

...す。

@param args 引数はそのまま JSON::Generator::GeneratorMethods::Hash#to_json に渡されます。

/
/emlist[例][ruby]{
require "json/add/core"

Time
.now.to_json # => "{\"json_class\":\"Time\",\"s\":1544968675,\"n\":676167000}"
/
/}

@see JSON::Generator::GeneratorMethods::Hash#to_json...

絞り込み条件を変える

Time.parse(date, now = Time.now) -> Time (13.0)

...date を Date._parse によって
パースして Timeオブジェクトに変換します。

ブロック付きで呼ばれた場合、dateの年はブロックによって変換されます。

require 'time'
Time
.parse(...) {|y| y < 100 ? (y >= 69 ? y + 1900 : y + 2000) : y}

与えられ...
...場合、最小値(1か0)が使われます。

@param date Time オブジェクトに変換可能な文字列を指定します。
@param now 現在時刻をTime オブジェクトで指定します。
デフォルトはTime.nowとなります。

@raise ArgumentError dateに空文字...
...時刻を表す
Time
のインスタンスを返していました。

require 'time'

# 現在時刻が "Thu Nov 29 14:33:20 GMT 2001" で
# タイムゾーンがGMTとすると:
Time
.parse("16:30") #=> Thu Nov 29 16:30:00 GMT 2001
Time
.parse("7/23") #=> Mon...

Time.parse(date, now = Time.now) {|year| year } -> Time (13.0)

...date を Date._parse によって
パースして Timeオブジェクトに変換します。

ブロック付きで呼ばれた場合、dateの年はブロックによって変換されます。

require 'time'
Time
.parse(...) {|y| y < 100 ? (y >= 69 ? y + 1900 : y + 2000) : y}

与えられ...
...場合、最小値(1か0)が使われます。

@param date Time オブジェクトに変換可能な文字列を指定します。
@param now 現在時刻をTime オブジェクトで指定します。
デフォルトはTime.nowとなります。

@raise ArgumentError dateに空文字...
...時刻を表す
Time
のインスタンスを返していました。

require 'time'

# 現在時刻が "Thu Nov 29 14:33:20 GMT 2001" で
# タイムゾーンがGMTとすると:
Time
.parse("16:30") #=> Thu Nov 29 16:30:00 GMT 2001
Time
.parse("7/23") #=> Mon...

Time#dst? -> bool (7.0)

自身が表す日時が夏時間なら true を返します。そうでないなら false を返します。

...表す日時が夏時間なら true を返します。そうでないなら false を返します。

ENV['TZ'] = 'US/Pacific'
Time
.local(2000, 7, 1).isdst #=> true
Time
.local(2000, 1, 1).isdst #=> false...

Time#isdst -> bool (7.0)

自身が表す日時が夏時間なら true を返します。そうでないなら false を返します。

...表す日時が夏時間なら true を返します。そうでないなら false を返します。

ENV['TZ'] = 'US/Pacific'
Time
.local(2000, 7, 1).isdst #=> true
Time
.local(2000, 1, 1).isdst #=> false...

Time#sec -> Integer (7.0)

秒を整数で返します。

...秒を整数で返します。

Time
.mktime(2000, 1, 1).sec #=> 0

通常は0から59を返しますが、うるう秒の場合は60を返します。

ENV['TZ'] = 'right/UTC'
Time
.mktime(2005, 12, 31, 23, 59, 60).sec #=> 60...

絞り込み条件を変える

Time#subsec -> Integer | Rational (7.0)

時刻を表す分数を返します。

...表す分数を返します。

Rational を返す場合があります。

t = Time.now #=> 2009-03-26 22:33:12 +0900
"%10.9f" % t.to_f #=> "1238074392.940563917"
t.subsec #=> (94056401/100000000)

to_f の値と subsec の値の下のほうの桁の値は異なる場...

Time#to_a -> Array (7.0)

時刻を10要素の配列で返します。

...0-6)
* yday: 年内通算日 (整数 1-366)
* isdst: 夏時間であるかどうか (true/false)
* zone: タイムゾーン (文字列)

p Time.now # => Mon Oct 20 06:02:10 JST 2003
p Time.now.to_a # => [10, 2, 6, 20, 10, 2003, 1, 293, false, "JST"]

要素の順序は C 言語の...

Time#to_r -> Rational (7.0)

起算時からの経過秒数を有理数で返します。1 秒に満たない経過も 表現されます。

...起算時からの経過秒数を有理数で返します。1 秒に満たない経過も
表現されます。

t = Time.now
p t.to_r # => (8807170717088293/8388608)...

Time.at(seconds, xseconds, unit) -> Time (2.0)

unit に応じて seconds + xseconds ミリ秒などの時刻を表す Time オブジェクトを返します。

...unit に応じて seconds + xseconds ミリ秒などの時刻を表す Time オブジェクトを返します。

@param seconds 起算時からの経過秒数を表わす値をInteger、 Float、 Rational、または他のNumericで指定します。
@param xseconds unit に対応するミリ秒...
...nd のいずれかを指定します。

例:
Time
.at(946684800, 123.456789, :millisecond).nsec # => 123456789
Time
.at(946684800, 123456.789, :usec).nsec # => 123456789
Time
.at(946684800, 123456.789, :microsecond).nsec # => 123456789
Time
.at(946684800, 123456789, :nsec).nsec...

Time.at(time) -> Time (2.0)

time で指定した時刻の Time オブジェクトを返します。

...
time
で指定した時刻の Time オブジェクトを返します。

引数が数値の場合、生成された Time オブジェクトのタイムゾーンは地方時となります。

@param time Time オブジェクト、もしくは起算時からの経過秒数を表わす数値で指定...
...します。

例:
Time
.at(0) # => 1970-01-01 09:00:00 +0900
Time
.at(Time.at(0)) # => 1970-01-01 09:00:00 +0900
Time
.at(Time.at(0).getutc) # => 1970-01-01 00:00:00 UTC
Time
.at(946702800) # => 2000-01-01 14:00:00 +0900
Time
.at(-284061600) # => 1960-12-3...

絞り込み条件を変える