るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
18件ヒット [1-18件を表示] (0.013秒)

別のキーワード

  1. gc stat
  2. gc latest_gc_info
  3. _builtin latest_gc_info
  4. _builtin gc
  5. gc start

ライブラリ

キーワード

検索結果

ObjectSpace.#garbage_collect(full_mark: true, immediate_sweep: true) -> nil (73.0)

どこからも参照されなくなったオブジェクトを回収します。 GC.start と同じです。

...どこからも参照されなくなったオブジェクトを回収します。
GC.start
と同じです。

@param full_mark マイナー GC を動作させる場合は false を、そうでない場
合は true を指定します。

@param immediate_sweep sweep を遅らせる...
...数は Ruby の実装やバージョンによって異なりま
す。将来のバージョンとの互換性も保証されません。また、Ruby の実装がサポー
トしていない場合はキーワード引数を指定しても無視される可能性があります。


@see GC.start...

ObjectSpace.#define_finalizer(obj) {|id| ...} -> Array (67.0)

obj が解放されるときに実行されるファイナライザ proc を 登録します。同じオブジェクトについて複数回呼ばれたときは置き換えで はなく追加登録されます。現在のセーフレベルと proc を配列にして返します。

...です。

class Foo
def initialize
ObjectSpace
.define_finalizer(self) {
puts "foo"
}
end
end
Foo.new
GC.start


これは、渡された proc の self が obj を参照しつ
づけるため。そのオブジェクトが GC の対象になりません。

tempfile...
...}
end
def initialize
ObjectSpace
.define_finalizer(self, Bar.callback)
end
end
Bar.new
GC.start


proc の呼び出しで発生した大域脱出(exitや例外)は無視されます。
これは、スクリプトのメイン処理が GC の発生によって非同期に...
...しょう。

class Baz
def initialize
ObjectSpace
.define_finalizer self, eval(%q{
proc {
raise "baz" rescue puts $!
raise "baz2"
puts "baz3"
}
}, TOPLEVEL_BINDING)
end
end
Baz.new
GC.start


# => baz

@see spec/rubycmd...

ObjectSpace.#define_finalizer(obj, proc) -> Array (67.0)

obj が解放されるときに実行されるファイナライザ proc を 登録します。同じオブジェクトについて複数回呼ばれたときは置き換えで はなく追加登録されます。現在のセーフレベルと proc を配列にして返します。

...です。

class Foo
def initialize
ObjectSpace
.define_finalizer(self) {
puts "foo"
}
end
end
Foo.new
GC.start


これは、渡された proc の self が obj を参照しつ
づけるため。そのオブジェクトが GC の対象になりません。

tempfile...
...}
end
def initialize
ObjectSpace
.define_finalizer(self, Bar.callback)
end
end
Bar.new
GC.start


proc の呼び出しで発生した大域脱出(exitや例外)は無視されます。
これは、スクリプトのメイン処理が GC の発生によって非同期に...
...しょう。

class Baz
def initialize
ObjectSpace
.define_finalizer self, eval(%q{
proc {
raise "baz" rescue puts $!
raise "baz2"
puts "baz3"
}
}, TOPLEVEL_BINDING)
end
end
Baz.new
GC.start


# => baz

@see spec/rubycmd...