るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
60件ヒット [1-60件を表示] (0.014秒)

別のキーワード

  1. time rfc2822
  2. time iso8601
  3. time httpdate
  4. time parse
  5. time strptime

ライブラリ

キーワード

検索結果

Kernel#time(msg, width = 25) { ... } -> object (18102.0)

与えられたブロックの実行時間を計測して表示します。

与えられたブロックの実行時間を計測して表示します。

@param msg 表示するメッセージを指定します。

@param width 表示する幅を指定します。

@return ブロックの実行結果を返します。

Kernel#timeout(sec) {|i| .... } -> object (6101.0)

ブロックを sec 秒の期限付きで実行します。 ブロックの実行時間が制限を過ぎたときは例外 Timeout::Error が発生します。

...sec 秒の期限付きで実行します。
ブロックの実行時間が制限を過ぎたときは例外
Time
out::Error が発生します。

exception_class を指定した場合には Timeout::Error の代わりに
その例外が発生します。
ブロックパラメータ i は sec がは...
...時、発生させる例外を指定します.

=== 注意

time
out による割り込みは Thread によって実現されています。C 言語
レベルで実装され、Ruby のスレッドが割り込めない処理に対して
time
out は無力です。
そのような
ものは実用レベ...

Kernel#timeout(sec, exception_class = nil) {|i| .... } -> object (6101.0)

ブロックを sec 秒の期限付きで実行します。 ブロックの実行時間が制限を過ぎたときは例外 Timeout::Error が発生します。

...sec 秒の期限付きで実行します。
ブロックの実行時間が制限を過ぎたときは例外
Time
out::Error が発生します。

exception_class を指定した場合には Timeout::Error の代わりに
その例外が発生します。
ブロックパラメータ i は sec がは...
...時、発生させる例外を指定します.

=== 注意

time
out による割り込みは Thread によって実現されています。C 言語
レベルで実装され、Ruby のスレッドが割り込めない処理に対して
time
out は無力です。
そのような
ものは実用レベ...

Kernel#modified?(target, times) -> Time | nil (214.0)

target が times の全ての要素よりも新しい場合は target の更新時刻を返します。 そうでない場合は nil を返します。target が存在しない場合も nil を返します。

... times の全ての要素よりも新しい場合は target の更新時刻を返します。
そうでない場合は nil を返します。target が存在しない場合も nil を返します。

@param target 対象のファイル名を指定します。

@param times Time の配列か Time...

Kernel.#test(cmd, file) -> bool | Time | Integer | nil (120.0)

単体のファイルでファイルテストを行います。

...etgid ビットがセットされている
: ?k
ファイルに sticky ビットがセットされている
: ?M
ファイルの最終更新時刻を返す -> Time
: ?A
ファイルの最終アクセス時刻を返す -> Time
: ?C
ファイルの inode 変更時刻を返す -> Time...

絞り込み条件を変える

Kernel.#select(reads, writes = [], excepts = [], timeout = nil) -> [[IO]] | nil (101.0)

IO.select と同じです。

...IO.select と同じです。

@param reads IO.select 参照
@param writes IO.select 参照
@param excepts IO.select 参照
@param timeout IO.select 参照
@see IO.select...

Kernel.#format(format, *arg) -> String (13.0)

format 文字列を C 言語の sprintf と同じように解釈し、 引数をフォーマットした文字列を返します。

...を返します。

@param format フォーマット文字列です。
@param arg フォーマットされる引数です。
@see Kernel.#printf,Time#strftime,Date.strptime

==== sprintf フォーマット

Ruby の sprintf フォーマットは基本的に C 言語の sprintf(3)
のものと同じ...
...tf("%p", /e+/) #=> "/e+/"
//}


: d
: i

引数の数値を10進表現の整数として出力します。

引数が整数でなければ関数 Kernel.#Integer と同じ規則で整数に
変換されます。

//emlist{
p sprintf("%d", -1) #=> "-1"
p sprintf("%d", 3.1) #=> "3"
p sprintf(...
...}
状況によってフォーマットを変えたいが引数の順序を変えたくない場合に使
用します。
//emlist{
case ENV['LC_TIME']
when /^ja_JP/
fmt = "%1$d年%2$d月%3$d日"
else
fmt = "%2$02d/%03$2d/%1$02d"
end

p sprintf(fmt, 1, 4, 22) #=> "04/22/01"
//}
"...

Kernel.#sprintf(format, *arg) -> String (13.0)

format 文字列を C 言語の sprintf と同じように解釈し、 引数をフォーマットした文字列を返します。

...を返します。

@param format フォーマット文字列です。
@param arg フォーマットされる引数です。
@see Kernel.#printf,Time#strftime,Date.strptime

==== sprintf フォーマット

Ruby の sprintf フォーマットは基本的に C 言語の sprintf(3)
のものと同じ...
...tf("%p", /e+/) #=> "/e+/"
//}


: d
: i

引数の数値を10進表現の整数として出力します。

引数が整数でなければ関数 Kernel.#Integer と同じ規則で整数に
変換されます。

//emlist{
p sprintf("%d", -1) #=> "-1"
p sprintf("%d", 3.1) #=> "3"
p sprintf(...
...}
状況によってフォーマットを変えたいが引数の順序を変えたくない場合に使
用します。
//emlist{
case ENV['LC_TIME']
when /^ja_JP/
fmt = "%1$d年%2$d月%3$d日"
else
fmt = "%2$02d/%03$2d/%1$02d"
end

p sprintf(fmt, 1, 4, 22) #=> "04/22/01"
//}
"...

Kernel.#Float(arg) -> Float (7.0)

引数を浮動小数点数(Float)に変換した結果を返します。

...に発生します。

p Float(4) #=> 4.0
p Float(4_000) #=> 4000.0
p Float(9.88) #=> 9.88

p Float(Time.gm(1986)) #=> 504921600.0
p Float(Object.new) # can't convert Object into Float (TypeError)
p Float(nil) # can't convert nil into...

Kernel.#test(cmd, file1, file2) -> bool (5.0)

2ファイル間のファイルテストを行います。

2ファイル間のファイルテストを行います。

@param cmd 以下に示す数値リテラルか文字列です(文字列の場合はその先頭の文字だけをコマンドとみなします)。
@param file1 テストするファイルオブジェクトです。
@param file2 テストするファイルオブジェクトです。
@return 真偽値を返します。

以下は cmd として指定できる数値リテラルとその意味です。

: ?=
ファイル1とファイル2の最終更新時刻が等しい
: ?>
ファイル1の方がファイル2より最終更新時刻が新しい
: ?<
ファイル1の方がファイル2より最終更新時刻が古い
: ...

絞り込み条件を変える