るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
26件ヒット [1-26件を表示] (0.014秒)

別のキーワード

  1. kernel test
  2. shell test
  3. _builtin test
  4. rubygems/test_utilities tempio
  5. rubygems/test_utilities fetcher=

ライブラリ

キーワード

検索結果

Kernel.#test(cmd, file) -> bool | Time | Integer | nil (18130.0)

単体のファイルでファイルテストを行います。

...me
: ?A
ファイルの最終アクセス時刻を返す -> Time
: ?C
ファイルの inode 変更時刻を返す -> Time

//emlist[例][ruby]{
IO.write("testfile", "test")
test
("r", "testfile") # => true
test
("s", "testfile") # => 4
test
("M", "testfile") # => 2018-03-31 07:38:40 +0900
//}...

Kernel.#test(cmd, file1, file2) -> bool (18125.0)

2ファイル間のファイルテストを行います。

...ァイル1とファイル2が同一のファイルである

//emlist[例][ruby]{
IO.write("testfile1", "test1")
IO.write("testfile2", "test2")
%w(= < > -).each do |e|
result = test(e, "testfile1", "testfile2")
puts "#{e}: #{result}"
end
//}

# => =: true
# => <: false
# => >: false
# => -: fals...

Kernel.#warn(*message, uplevel: nil) -> nil (49.0)

message を 標準エラー出力 $stderr に出力します。 $VERBOSE フラグ が nil のときは何も出力しません。

..." # 何もしない
//}

//emlist[uplevel の例][ruby]{
def foo
warn("test message", uplevel: 0) # => test.rb:2: warning: test message
warn("test message", uplevel: 1) # => test.rb:6: warning: test message
warn("test message", uplevel: 2) # => test message
end
foo
//}

@see $stderr,$VERBOSE...

Kernel#create_makefile(target, srcprefix = nil) -> true (43.0)

@todo

...@todo

Kernel
#have_library などの各種検査の結果を元に、拡張ライブラリを
ビルドするための Makefile を生成します。

extconf.rb は普通このメソッドの呼び出しで終ります。

@param target ターゲットとなる拡張ライブラリの名前を指...
...例えば、'test/foo' を指定した場合、拡張ライブラリは
'test' ディレクトリにインストールされます。この拡張ライブ
ラリを Ruby スクリプトから使用するときは
"require 'test/foo'" とする必要...
...rb
test
/
foo.c

このようにします。

require 'mkmf'
create_makefile('test/foo', 'test')

このようにして作った Makefile で 'make install' すると拡張ライブラリは、
以下のパスにインストールされます。

/path/to/ruby/sitearchdir/test/...

Kernel#desc(description) -> String (7.0)

直後の Rake タスクの説明を登録します。

...説明を登録します。

@param description 直後のタスクの説明を指定します。

例:
desc "Run the Unit Tests"
task :test => [:build] do
runtests
end...

絞り込み条件を変える