るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
18件ヒット [1-18件を表示] (0.010秒)

別のキーワード

  1. _builtin raise
  2. kernel raise
  3. tk raise_window
  4. e2mmap raise
  5. exception2messagemapper raise

ライブラリ

検索結果

Kernel.#eval(expr, bind, fname = "(eval)", lineno = 1) -> object (18264.0)

文字列 expr を Ruby プログラムとして評価してその結果を返しま す。第2引数に Binding オブジェクトを与えた場合、 そのオブジェクトを生成したコンテキストで文字列を評価します。

...列を評価します。

expr の中のローカル変数の扱いはブロックの場合と同じです。すなわち、eval
実行前に補足されていた変数は eval 実行後にブロック外に持ち出せます。

fname と lineno が与えられた場合には、ファイル
fname...
...a = nil
eval
('a = RUBY_RELEASE_DATE')
p a #=> "2007-03-13"

eval
('def fuga;p 777 end')
fuga #=> 777

eval
('raise RuntimeError', binding, 'XXX.rb', 4)
#=> XXX.rb:4: RuntimeError (RuntimeError)
# from ..:9

@see Kernel.#binding,Module#module_eval,BasicObject#instance_eval,Objec...

Kernel.#eval(expr) -> object (18164.0)

文字列 expr を Ruby プログラムとして評価してその結果を返しま す。第2引数に Binding オブジェクトを与えた場合、 そのオブジェクトを生成したコンテキストで文字列を評価します。

...列を評価します。

expr の中のローカル変数の扱いはブロックの場合と同じです。すなわち、eval
実行前に補足されていた変数は eval 実行後にブロック外に持ち出せます。

fname と lineno が与えられた場合には、ファイル
fname...
...a = nil
eval
('a = RUBY_RELEASE_DATE')
p a #=> "2007-03-13"

eval
('def fuga;p 777 end')
fuga #=> 777

eval
('raise RuntimeError', binding, 'XXX.rb', 4)
#=> XXX.rb:4: RuntimeError (RuntimeError)
# from ..:9

@see Kernel.#binding,Module#module_eval,BasicObject#instance_eval,Objec...

Kernel.#require_relative(relative_feature) -> bool (13.0)

現在のファイルからの相対パスで require します。

...じです。

Kernel
.#eval などで文字列を評価した場合に、そこから
require_relative を呼出すと必ず失敗します。

@param relative_feature ファイル名の文字列です。
@raise LoadError ロードに失敗した場合に発生します。
@see Kernel.#require

=== r...
...ラリのローカル変数を
ロード元のスクリプトから直接取得することはできません。
このスコープの扱い方はKernel.#loadでも同様です。

---------- some.rb -----------
$a = 1
@a = 1
A = 1
a = 1
---------- end some.rb -------

require 'some'...