るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
54件ヒット [1-54件を表示] (0.016秒)
トップページ > モジュール:Kernel[x] > クエリ:message[x]

別のキーワード

  1. e2mmap def_e2message
  2. getoptlong error_message
  3. exception2messagemapper def_e2message
  4. mkmf message
  5. tkclass message

ライブラリ

キーワード

検索結果

Kernel#message(format, *arg) -> nil (18102.0)

Kernel.#printf と同じように標準出力にメッセージを出力します。 メッセージ出力後すぐに IO#flush します。

...
Kernel
.#printf と同じように標準出力にメッセージを出力します。
メッセージ出力後すぐに IO#flush します。

$VERBOSE が真のときは何もしません。

@param format フォーマット文字列です。

@param arg フォーマットされる引数です。...
...@see Kernel.#printf...

Kernel.#abort(message = $!.message) -> () (227.0)

Ruby プログラムをエラーメッセージ付きで終了します。終了ステータスは 1 固定です。

...Ruby プログラムをエラーメッセージ付きで終了します。終了ステータスは 1 固定です。

このメソッドと Kernel.#exit との違いは、プログラムの終了ステー
タスが 1 (正確にはCレベルの定数 EXIT_FAILURE の値)固定であることと、...
...を標準エラー出力 $stderr に出力することです。

引数 message を指定すると SystemExit クラスの
Exception#message message を設定し
て標準エラー出力に出力します。

@param message エラーメッセージ文字列です。

puts 'start'
begin
p...
...puts 'end2...'
end
puts 'end' #実行されない

#=> start
# start1...
# end1 with #<SystemExit: error1>
# start2...
# end2...
#終了ステータス:1
#(標準エラー出力)
#=> error1
# ..:12: RuntimeError (RuntimeError)

@see Kernel.#exit,Kernel.#exit!...

Kernel.#warn(*message) -> nil (136.0)

message を 標準エラー出力 $stderr に出力します。 $VERBOSE フラグ が nil のときは何も出力しません。

...
message
を 標準エラー出力 $stderr に出力します。 $VERBOSE
フラグ が nil のときは何も出力しません。

文字列以外のオブジェクトが引数として与えられた場合には、
to_s メソッドにより文字列に変換してから出力します。

...
...のメソッドは以下と同じです。
$stderr.puts(*message) if !$VERBOSE.nil? && !message.empty?
nil

@param message 出力するオブジェクトを任意個指定します。
@raise IOError 標準エラー出力が書き込み用にオープンされていなければ発生します。...

Kernel.#fail(error_type, message = nil, backtrace = caller(0)) -> () (123.0)

例外を発生させます。 発生した例外は変数 $! に格納されます。また例外が 発生した時のスタックトレースは変数 $@ に格納され ます。発生した例外は rescue 節で捕捉できます。

...scue
raise #=> `open': No such file or directory - "nonexist" (Errno::ENOENT)
end

引数を渡した場合は、例外メッセージ message を持った error_type の示す例外(省略時 RuntimeError)を
発生させます。

error_type として例外ではないクラスやオ...
...その際、exception メソッドに引数として変数 message を渡すことができます。

@param error_type 発生させる例外を例外クラスまたは例外クラスのインスタンスで指定します。
@param message 例外のメッセージとなる文字列です。
@param...
...backtrace 例外発生時のスタックトレースで、Kernel.#caller の戻り値と同じ
形式で指定しなければいけません。
@raise TypeError exception メソッドが例外オブジェクトを返さなかった場合に発生します。

例外の捕捉の例を示します...

Kernel.#fail(message) -> () (123.0)

例外を発生させます。 発生した例外は変数 $! に格納されます。また例外が 発生した時のスタックトレースは変数 $@ に格納され ます。発生した例外は rescue 節で捕捉できます。

...scue
raise #=> `open': No such file or directory - "nonexist" (Errno::ENOENT)
end

引数を渡した場合は、例外メッセージ message を持った error_type の示す例外(省略時 RuntimeError)を
発生させます。

error_type として例外ではないクラスやオ...
...その際、exception メソッドに引数として変数 message を渡すことができます。

@param error_type 発生させる例外を例外クラスまたは例外クラスのインスタンスで指定します。
@param message 例外のメッセージとなる文字列です。
@param...
...backtrace 例外発生時のスタックトレースで、Kernel.#caller の戻り値と同じ
形式で指定しなければいけません。
@raise TypeError exception メソッドが例外オブジェクトを返さなかった場合に発生します。

例外の捕捉の例を示します...

絞り込み条件を変える

Kernel.#raise(error_type, message = nil, backtrace = caller(0)) -> () (123.0)

例外を発生させます。 発生した例外は変数 $! に格納されます。また例外が 発生した時のスタックトレースは変数 $@ に格納され ます。発生した例外は rescue 節で捕捉できます。

...scue
raise #=> `open': No such file or directory - "nonexist" (Errno::ENOENT)
end

引数を渡した場合は、例外メッセージ message を持った error_type の示す例外(省略時 RuntimeError)を
発生させます。

error_type として例外ではないクラスやオ...
...その際、exception メソッドに引数として変数 message を渡すことができます。

@param error_type 発生させる例外を例外クラスまたは例外クラスのインスタンスで指定します。
@param message 例外のメッセージとなる文字列です。
@param...
...backtrace 例外発生時のスタックトレースで、Kernel.#caller の戻り値と同じ
形式で指定しなければいけません。
@raise TypeError exception メソッドが例外オブジェクトを返さなかった場合に発生します。

例外の捕捉の例を示します...

Kernel.#raise(message) -> () (123.0)

例外を発生させます。 発生した例外は変数 $! に格納されます。また例外が 発生した時のスタックトレースは変数 $@ に格納され ます。発生した例外は rescue 節で捕捉できます。

...scue
raise #=> `open': No such file or directory - "nonexist" (Errno::ENOENT)
end

引数を渡した場合は、例外メッセージ message を持った error_type の示す例外(省略時 RuntimeError)を
発生させます。

error_type として例外ではないクラスやオ...
...その際、exception メソッドに引数として変数 message を渡すことができます。

@param error_type 発生させる例外を例外クラスまたは例外クラスのインスタンスで指定します。
@param message 例外のメッセージとなる文字列です。
@param...
...backtrace 例外発生時のスタックトレースで、Kernel.#caller の戻り値と同じ
形式で指定しなければいけません。
@raise TypeError exception メソッドが例外オブジェクトを返さなかった場合に発生します。

例外の捕捉の例を示します...

Kernel.#fail -> () (23.0)

例外を発生させます。 発生した例外は変数 $! に格納されます。また例外が 発生した時のスタックトレースは変数 $@ に格納され ます。発生した例外は rescue 節で捕捉できます。

...scue
raise #=> `open': No such file or directory - "nonexist" (Errno::ENOENT)
end

引数を渡した場合は、例外メッセージ message を持った error_type の示す例外(省略時 RuntimeError)を
発生させます。

error_type として例外ではないクラスやオ...
...その際、exception メソッドに引数として変数 message を渡すことができます。

@param error_type 発生させる例外を例外クラスまたは例外クラスのインスタンスで指定します。
@param message 例外のメッセージとなる文字列です。
@param...
...backtrace 例外発生時のスタックトレースで、Kernel.#caller の戻り値と同じ
形式で指定しなければいけません。
@raise TypeError exception メソッドが例外オブジェクトを返さなかった場合に発生します。

例外の捕捉の例を示します...

Kernel.#raise -> () (23.0)

例外を発生させます。 発生した例外は変数 $! に格納されます。また例外が 発生した時のスタックトレースは変数 $@ に格納され ます。発生した例外は rescue 節で捕捉できます。

...scue
raise #=> `open': No such file or directory - "nonexist" (Errno::ENOENT)
end

引数を渡した場合は、例外メッセージ message を持った error_type の示す例外(省略時 RuntimeError)を
発生させます。

error_type として例外ではないクラスやオ...
...その際、exception メソッドに引数として変数 message を渡すことができます。

@param error_type 発生させる例外を例外クラスまたは例外クラスのインスタンスで指定します。
@param message 例外のメッセージとなる文字列です。
@param...
...backtrace 例外発生時のスタックトレースで、Kernel.#caller の戻り値と同じ
形式で指定しなければいけません。
@raise TypeError exception メソッドが例外オブジェクトを返さなかった場合に発生します。

例外の捕捉の例を示します...