るりまサーチ (Ruby 2.6.0)

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
5件ヒット [1-5件を表示] (0.023秒)

別のキーワード

  1. kernel caller
  2. _builtin caller
  3. kernel caller_locations
  4. _builtin caller_locations
  5. caller _builtin

ライブラリ

検索結果

Kernel.#caller_locations(range) -> [Thread::Backtrace::Location] | nil (54310.0)

現在のフレームを Thread::Backtrace::Location の配列で返します。引 数で指定した値が範囲外の場合は nil を返します。

...@param start 開始フレームの位置を数値で指定します。

@param length 取得するフレームの個数を指定します。

@param range 取得したいフレームの範囲を示す Range オブジェクトを指定します。

@see Thread::Backtrace::Location, Kernel.#caller...

Kernel.#caller_locations(start = 1, length = nil) -> [Thread::Backtrace::Location] | nil (54310.0)

現在のフレームを Thread::Backtrace::Location の配列で返します。引 数で指定した値が範囲外の場合は nil を返します。

...@param start 開始フレームの位置を数値で指定します。

@param length 取得するフレームの個数を指定します。

@param range 取得したいフレームの範囲を示す Range オブジェクトを指定します。

@see Thread::Backtrace::Location, Kernel.#caller...

Kernel.#caller(range) -> [String] | nil (22.0)

start 段上の呼び出し元の情報を $@ の形式のバックトレース(文字列の配列)として返します。

...します。

@param range 取得したいスタックの範囲を示す Range オブジェクトを指定します。

@see Kernel.#set_trace_func,Kernel.#raise,
Kernel
.#caller_locations

def foo
p caller(0)
p caller(1)
p caller(2)
p caller(3)
p caller(4)...

Kernel.#caller(start = 1) -> [String] | nil (22.0)

start 段上の呼び出し元の情報を $@ の形式のバックトレース(文字列の配列)として返します。

...します。

@param range 取得したいスタックの範囲を示す Range オブジェクトを指定します。

@see Kernel.#set_trace_func,Kernel.#raise,
Kernel
.#caller_locations

def foo
p caller(0)
p caller(1)
p caller(2)
p caller(3)
p caller(4)...

Kernel.#caller(start, length) -> [String] | nil (22.0)

start 段上の呼び出し元の情報を $@ の形式のバックトレース(文字列の配列)として返します。

...します。

@param range 取得したいスタックの範囲を示す Range オブジェクトを指定します。

@see Kernel.#set_trace_func,Kernel.#raise,
Kernel
.#caller_locations

def foo
p caller(0)
p caller(1)
p caller(2)
p caller(3)
p caller(4)...

絞り込み条件を変える