るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
54件ヒット [1-54件を表示] (0.077秒)
トップページ > モジュール:Kernel[x] > クエリ:Kernel#require[x] > クエリ:open[x] > 種類:モジュール関数[x]

別のキーワード

  1. each_line io#each
  2. each io#each
  3. read io#read
  4. each_line io#gets
  5. open io#seek

ライブラリ

キーワード

検索結果

Kernel.#require(feature) -> bool (39145.0)

Ruby ライブラリ feature をロードします。拡張子補完を行い、 同じファイルの複数回ロードはしません。

...(/prime/).size # => 0
require
"prime" # => true
$LOADED_FEATURES.grep(/prime/).size # => 1
require
"prime" # => false
begin
require
"invalid"
rescue LoadError => e
e.message # => "cannot load such file -- invalid"
end
//}

@see Kernel.#load,Kernel.#autoload,Kernel.#require_relative...

Kernel.#require_relative(relative_feature) -> bool (27167.0)

現在のファイルからの相対パスで require します。

...現在のファイルからの相対パスで require します。

require
File.expand_path(relative_feature, File.dirname(__FILE__))
とほぼ同じです。

Kernel
.#eval などで文字列を評価した場合に、そこから
require
_relative を呼出すと必ず失敗します。

@param r...
...elative_feature ファイル名の文字列です。
@raise LoadError ロードに失敗した場合に発生します。
@see Kernel.#require

=== require と load のスコープ

ローカル変数はファイル間では共有されません。ですので、
ロードしたライブラリのロ...
...接取得することはできません。
このスコープの扱い方はKernel.#loadでも同様です。

---------- some.rb -----------
$a = 1
@a = 1
A = 1
a = 1
---------- end some.rb -------

require
'some'
p $a #=> 1
p @a #=> 1
p A #=> 1
p a # undefined local variabl...

Kernel.#autoload(const_name, feature) -> nil (21064.0)

定数 const_name を最初に参照した時に feature を Kernel.#require するように設定します。

...eature を
Kernel
.#require するように設定します。

const_name には、 "::" 演算子を含めることはできません
(ネストした定数を指定する方法は後述)。

@param const_name 定数をString または Symbol で指定します。
@param feature require と同...
...'/tmp/foo'
p Bar #=> Bar

=== ネストした定義内の定数

const_name には、 "::" 演算子を含めることはできないので、 Kernel.#autoload
ではトップレベルの定数しか指定できません。

Module#autoload と組み合わせることで、任意のクラス...
...nil

これは以下のようにネストせずに定義したのと同じことです。

class Foo
end
class Bar
end
p Foo::Bar
#=> -:5: warning: toplevel constant Bar referenced by Foo::Bar
# Bar

@see Kernel.#autoload?,Module#autoload,Kernel.#require...

Kernel.#load(file, priv = false) -> true (21050.0)

Ruby プログラム file をロードして実行します。再ロード可能です。

...e Kernel.#require

=== require と load の違い

Kernel
.#require は同じファイルは一度だけしかロードしませんが、
Kernel
.#load は無条件にロードします。
また、require は拡張子.rb や .so を自動的に補完しますが、
load は行いません。
require
...

Kernel.#open(name, mode = 'r', perm = nil, options = {}) -> StringIO | Tempfile | IO (21026.0)

name が http:// や ftp:// で始まっている文字列なら URI のリソースを 取得した上で StringIO オブジェクトまたは Tempfile オブジェクトとして返します。 返されるオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

...します。
返されるオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

name に open メソッドが定義されている場合は、*rest を引数として渡し
name.open(*rest, &block) のように name の open メソッドが呼ばれます。

これ以...
...外の場合は、name はファイル名として扱われ、従来の
Kernel
.#open(name, *rest) が呼ばれます。

ブロックを与えた場合は上の場合と同様、name が http:// や ftp:// で
始まっている文字列なら URI のリソースを取得した上で StringIO オブ...
...引数のオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

@param name オープンしたいリソースを文字列で与えます。

@param mode モードを文字列で与えます。Kernel.#open と同じです。

@param perm open(2) の第 3 引数のよう...

絞り込み条件を変える

Kernel.#open(name, mode = 'r', perm = nil, options = {}) {|ouri| ...} -> object (21026.0)

name が http:// や ftp:// で始まっている文字列なら URI のリソースを 取得した上で StringIO オブジェクトまたは Tempfile オブジェクトとして返します。 返されるオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

...します。
返されるオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

name に open メソッドが定義されている場合は、*rest を引数として渡し
name.open(*rest, &block) のように name の open メソッドが呼ばれます。

これ以...
...外の場合は、name はファイル名として扱われ、従来の
Kernel
.#open(name, *rest) が呼ばれます。

ブロックを与えた場合は上の場合と同様、name が http:// や ftp:// で
始まっている文字列なら URI のリソースを取得した上で StringIO オブ...
...引数のオブジェクトは OpenURI::Meta モジュールで extend されています。

@param name オープンしたいリソースを文字列で与えます。

@param mode モードを文字列で与えます。Kernel.#open と同じです。

@param perm open(2) の第 3 引数のよう...

Kernel.#pp(*obj) -> object (21014.0)

指定されたオブジェクト obj を標準出力に見やすい形式(プリティプリント)で出力します。 obj それぞれを引数として PP.pp を呼ぶことと同等です。

...して PP.pp を呼ぶことと同等です。

初回呼び出し時に自動的に pp を require します。

@param obj 表示したいオブジェクトを指定します。

//emlist[例][ruby]{
require
'pp'

b = [1, 2, 3] * 4
a = [b, b]
a << a
pp a

#=> [[1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3],...

Kernel.#BigDecimal(s) -> BigDecimal (21008.0)

引数で指定した値を表す BigDecimal オブジェクトを生成します。

...が採用されます。最大有
効桁数は以下のような割り算を実行するとき等に意味を持ちます。
//emlist{
require
"bigdecimal"
BigDecimal("1") / BigDecimal("3") # => 0.3333333333 33E0
BigDecimal("1",10) / BigDecimal("3",10) # => 0.3333333333 33333333...

Kernel.#BigDecimal(s, exception: true) -> BigDecimal | nil (21008.0)

引数で指定した値を表す BigDecimal オブジェクトを生成します。

...が採用されます。最大有
効桁数は以下のような割り算を実行するとき等に意味を持ちます。
//emlist{
require
"bigdecimal"
BigDecimal("1") / BigDecimal("3") # => 0.3333333333 33E0
BigDecimal("1",10) / BigDecimal("3",10) # => 0.3333333333 33333333...

Kernel.#BigDecimal(s, n) -> BigDecimal (21008.0)

引数で指定した値を表す BigDecimal オブジェクトを生成します。

...が採用されます。最大有
効桁数は以下のような割り算を実行するとき等に意味を持ちます。
//emlist{
require
"bigdecimal"
BigDecimal("1") / BigDecimal("3") # => 0.3333333333 33E0
BigDecimal("1",10) / BigDecimal("3",10) # => 0.3333333333 33333333...

絞り込み条件を変える

Kernel.#BigDecimal(s, n, exception: true) -> BigDecimal | nil (21008.0)

引数で指定した値を表す BigDecimal オブジェクトを生成します。

...が採用されます。最大有
効桁数は以下のような割り算を実行するとき等に意味を持ちます。
//emlist{
require
"bigdecimal"
BigDecimal("1") / BigDecimal("3") # => 0.3333333333 33E0
BigDecimal("1",10) / BigDecimal("3",10) # => 0.3333333333 33333333...

Kernel.#pp(*obj) -> object (21008.0)

指定されたオブジェクト obj を標準出力に見やすい形式(プリティプリント)で出力します。 obj それぞれを引数として PP.pp を呼ぶことと同等です。

...引数として PP.pp を呼ぶことと同等です。


@param obj 表示したいオブジェクトを指定します。

//emlist[例][ruby]{
require
'pp'

b = [1, 2, 3] * 4
a = [b, b]
a << a
pp a

#=> [[1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3],
# [1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3, 1, 2, 3],
# [...]]...