るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
23件ヒット [1-23件を表示] (0.007秒)

別のキーワード

  1. benchmark report
  2. job report
  3. report new
  4. report item
  5. report list

ライブラリ

キーワード

検索結果

GC::Profiler.report(out = $stdout) -> nil (18102.0)

GC::Profiler.result の結果を out に出力します。

...
GC::Profiler
.result の結果を out に出力します。

@param out 結果の出力先を指定します。デフォルトは $stdout です。

@see GC::Profiler.result...

GC::Profiler.clear -> nil (13.0)

蓄積している GC のプロファイル情報をすべて削除します。

...ロファイル情報をすべて削除します。

例:
GC::Profiler
.enable
GC.start
GC.start
GC::Profiler
.report #=> 2 回分の GC のプロファイル情報出力する。
GC::Profiler
.clear
GC.start
GC::Profiler
.report #=> 1 回分の GC のプロファイル情報出力する...

GC::Profiler.raw_data -> [Hash, ...] | nil (7.0)

GC のプロファイル情報を GC の発生ごとに Hash の配列 (:GC_INVOKE_TIME が早いもの順)で返します。GC::Profiler が有効になっ ていない場合は nil を返します。

...発生ごとに Hash の配列
(:GC_INVOKE_TIME が早いもの順)で返します。GC::Profiler が有効になっ
ていない場合は nil を返します。

例:

GC::Profiler
.enable
GC.start
GC::Profiler
.raw_data
# => [
{
:GC_TIME=>1.3000000000000858e-05,
:GC_INVOKE_...
...IL を有効にして Ruby をビルドした場合、以下の
キーも参照できます。

* :GC_MARK_TIME
* :GC_SWEEP_TIME
* :ALLOCATE_INCREASE
* :ALLOCATE_LIMIT
* :HEAP_USE_SLOTS
* :HEAP_LIVE_OBJECTS
* :HEAP_FREE_OBJECTS
* :HAVE_FINALIZE

@see GC::Profiler.report, GC::Profiler.result...

GC::Profiler.result -> String (7.0)

GC のプロファイル情報をフォーマットし、文字列として返します。

...の発生ごとに集計します。
以下は、5 回 GC が発生した場合の実行例です。

$ ruby -e "GC::Profiler.enable; a = Array.new(100000){ 'aa' }; puts GC::Profiler.result"
GC 5 invokes.
Index Invoke Time(sec) Use Size(byte) Total Size(byte) Total Object...
...Time
Ruby が起動してから GC が起動するまでに経過した時間
: Use Size
ヒープ内での使用サイズ
: Total Size
ヒープ全体のサイズ
: Total Object
ヒープ内に存在するオブジェクトの個数
: GC Time
GC の処理時間

@see GC::Profiler.report...