るりまサーチ

最速Rubyリファレンスマニュアル検索!
100件ヒット [1-100件を表示] (0.031秒)

別のキーワード

  1. _builtin file?
  2. open file
  3. _builtin file
  4. file open
  5. file size

ライブラリ

キーワード

検索結果

File::Constants::TMPFILE -> Integer (9165.0)

名前なしの一時ファイルを作成します。 open(2) で O_TMPFILE が指定できる場合に使えます。 File.openで使用します。

...名前なしの一時ファイルを作成します。
open
(2) で O_TMPFILE が指定できる場合に使えます。
File.open
で使用します。...

File::Constants::BINARY -> Integer (3065.0)

ファイルをバイナリとして開きます。 open(2) で O_BINARYが指定できる場合に使えます。 File.openで使用します。

...ファイルをバイナリとして開きます。
open
(2) で O_BINARYが指定できる場合に使えます。
File.open
で使用します。...

File::Constants::DSYNC -> Integer (3065.0)

ファイルをデータ同期モードで開きます。 open(2) で O_DSYNC が指定できる場合に使えます。 File.openで使用します。

...ファイルをデータ同期モードで開きます。
open
(2) で O_DSYNC が指定できる場合に使えます。
File.open
で使用します。...

File::Constants::NOATIME -> Integer (3065.0)

ファイル読み込み時に atime を更新しません。 open(2) で O_ATIME が指定できる場合に使えます。 File.openで使用します。

...ファイル読み込み時に atime を更新しません。
open
(2) で O_ATIME が指定できる場合に使えます。
File.open
で使用します。

atime が更新されないのは確実ではないということに注意してください。
これは性能のためのオプションで...

File::Constants::NOFOLLOW -> Integer (3065.0)

ファイルがシンボリックリンクであった場合に 例外を発生させます。 open(2) で O_NOFOLLOW が指定できる場合に使えます。 File.openで使用します。

...ファイルがシンボリックリンクであった場合に
例外を発生させます。
open
(2) で O_NOFOLLOW が指定できる場合に使えます。
File.open
で使用します。...

絞り込み条件を変える

File::Constants::RSYNC -> Integer (3065.0)

ファイルを読み込み時同期モードで開きます。 open(2) で O_RSYNC が指定できる場合に使えます。 File.openで使用します。

...ファイルを読み込み時同期モードで開きます。
open
(2) で O_RSYNC が指定できる場合に使えます。
File.open
で使用します。...

File::Constants::SYNC -> Integer (3065.0)

ファイルを同期モードで開きます。 open(2) で O_SYNCが指定できる場合に使えます。 File.openで使用します。

...ファイルを同期モードで開きます。
open
(2) で O_SYNCが指定できる場合に使えます。
File.open
で使用します。...

File::Constants::APPEND -> Integer (3049.0)

追記モードでファイルを開くときに指定します。 File.openで使用します。

...追記モードでファイルを開くときに指定します。
File.open
で使用します。...

File::Constants::CREAT -> Integer (3049.0)

ファイルがなければ作成するよう指定します。 File.openで使用します。

...ファイルがなければ作成するよう指定します。
File.open
で使用します。...

File::Constants::EXCL -> Integer (3049.0)

CREATと併用し、もしファイルが既にある場合には失敗します。 File.openで使用します。

...CREATと併用し、もしファイルが既にある場合には失敗します。
File.open
で使用します。...

絞り込み条件を変える

File::Constants::NOCTTY -> Integer (3049.0)

自身がTTY制御しないようにTTYを開きます。 File.openで使用します。

...自身がTTY制御しないようにTTYを開きます。
File.open
で使用します。...

File::Constants::NONBLOCK -> Integer (3049.0)

ファイルが利用可能じゃなくてもブロックしません。 File.openで使用します。

...ファイルが利用可能じゃなくてもブロックしません。
File.open
で使用します。...

File::Constants::RDONLY -> Integer (3049.0)

読み込みのみのモードでファイルを開くときに指定します。 File.openで使用します。

...読み込みのみのモードでファイルを開くときに指定します。
File.open
で使用します。...

File::Constants::RDWR -> Integer (3049.0)

読み書き両方のモードでファイルを開くときに指定します。 File.openで使用します。

...読み書き両方のモードでファイルを開くときに指定します。
File.open
で使用します。...

File::Constants::SHARE_DELETE -> Integer (3049.0)

ファイルを開いたままの状態でも削除できるように指定して開きます。 O_SHARE_DELETE が指定できる場合に使えます。 File.openで使用します。

...ルを開いたままの状態でも削除できるように指定して開きます。
O_SHARE_DELETE が指定できる場合に使えます。
File.open
で使用します。

2.3.0 現在はファイルをバイナリとして開いた場合のみ有効です。...

絞り込み条件を変える

File::Constants::TRUNC -> Integer (3049.0)

もしファイルが存在するなら、中身を抹消してサイズをゼロにします。 File.openで使用します。

...もしファイルが存在するなら、中身を抹消してサイズをゼロにします。
File.open
で使用します。...

File::Constants::WRONLY -> Integer (3049.0)

書き込みのみのモードでファイルを開くときに指定します。 File.openで使用します。

...書き込みのみのモードでファイルを開くときに指定します。
File.open
で使用します。...

File::Constants::DIRECT -> Integer (3043.0)

このファイルに対する I/O のキャッシュの効果を最小化しようとする。

...われる。 File::Constants::DIRECT フラグ自身はデー
タを同期で転送しようとはするが、 File::Constants::SYNC のようにデータと必要なメタデー
タの転送が保証されるわけではない。 同期 I/O を保証するためには、
File::Constants
::DIRECT に...
...加えて File::Constants::SYNC を使用しなければならない。

File.open
で使用します。...